請求書サービスMisoca

monkeytunerecords様 | 導入事例

monkeytunerecords スミダカズミチ様

書式がしっかりしているので、信用度が上がります

デザイナー/イラストレーター

monkeytunerecords_logo

monkeytunerecords スミダカズミチ様

導入目的 事務的な作業を簡単に行いたかったので。
導入する前の課題 一旦、紙で作った見積もりや請求書などを、PDFに変換したり送付するため、レスポンスが遅くなりがちでした。
導入の効果 ウェブで直接PDFに変換でき、先様にもメールやLINEですぐ送れるため、実務作業に集中できるようになった。

今回は、大阪でバンドマンやアーティストに特化したデザインを行われている、「monkeytunerecords」のスミダカズミチ様にお話を伺いました。

まずはmonkeytunerecordsについて教えてください

2011年に自身のDJイベントフライヤーを作ったのがきっかけで、バンドマンや音楽イベントのフライヤー・ロゴ・グッズのデザインを始めた、大阪を拠点に活動中のフリーランスのデザイナー“monkeytunerecords”です。

今まで関わった案件として、日本初のロックDJイベント“LONDON NITE”の35周年のフライヤーデザインを始め、インディーズバンドさんのロゴやフライヤーデザイン、カスタムカーショップ等の広告など手がけてます。

また、2014年よりロック好きな男性をターゲットに、イラストやグラフィックを用いたTシャツの販売を開始しました。

Misocaをどのように使っていますか?

Misocaは、HPなどをご覧になった方からの見積もり、請求書、納品書を発行するのに利用しています。

以前は、お問い合わせいただいてから計算し、メールで送るか、プリントアウトしたものを発送していたため、処理が遅れて大変でしたが、Misocaを利用してからは、作成した書類をPDFに変換し、メールやLINEですぐ送れるようになりました。

お客様にお送りする書類の書式がしっかりしていることもあり、内容の信用度も上がり、受注につながっていると思います。

いまMisocaの導入を検討している人に一言お願いします

自分のように、デザインとかクリエイティブなことを個人でやってると、事務的(金銭的)な作業って煩わしかったりするのですが、Misocaを使っていれば、きっちり管理もできるし、何より書式がしっかりしているので、信用度が上がります。

事業概要

名称:
monkeytunerecords
ホームページ:
http://www.monkeytunerecords.wix.com/graphic
所在地:
大阪府大阪市
事業内容:
バンドマンやアーティストに特化したデザイン業務
請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ