株式会社中日ドラゴンズ様

2015年5月11日 プロ野球団運営

社内のクラウド化を推進するにあたり、簡単なMisocaから導入しました

株式会社中日ドラゴンズ 取締役・管理本部長 一藤様

今回はMisocaの地元名古屋から「株式会社中日ドラゴンズ 新規ウィンドウで開く」の一藤様にお話を伺いました。

Misocaを導入した目的を教えてください

業務の効率化や各種データのセキュリティなどを勘案し、社内システムのクラウド化を推進し始めました。
しかしながら、既存の業務の流れを一度に変更することは難しいため、クラウド導入のきっかけとしてMisocaを選びました。
現在では請求書の作成から会計ソフトへのデータ流し込みまでを一連の作業として行えます。

Misoca導入前の請求業務の課題は何でしたか

社内の請求業務を迅速化したいというのが一番でした。
これまでは各営業担当者の情報を一カ所にまとめてから請求を起こしていたため、どうしても時間差が発生していました。
Misocaを利用することで各営業担当者の情報から瞬時に請求書が作成できるようになりました。
また、債権管理も行えるためとても便利に活用しています。

Misocaの導入を検討している人に一言お願いします

必須業務の請求書発行において「クラウドって何よ?」という説明を必要としないMisocaから導入しいくことはお勧めです。

バックオフィスの運用に余分なエネルギーを取られずに、より多くのリソースをファンの皆様(お客様)に注ぎ込むことが出来るようになります。

最後に今期の目標を教えてください

チーム(中日ドラゴンズ)としては、もちろん優勝することです。
球団としては、ファンに喜んでもらえるようなサービスを展開していくことです。

ありがとうございました!期待しています!(注:豊吉はもちろんドラゴンズファンです。)

Misocaを無料でお試し

株式会社中日ドラゴンズ様について

社名 株式会社中日ドラゴンズ
運営サイト 中日ドラゴンズ公式ウェブサイト 新規ウィンドウで開く