フリーランスブック

MENU

【正直寂しい】一人ぼっちのフリーランス、孤独との付き合い方

フリーランス 孤独とのつきあい方

特定の会社に所属せず、自宅やコワーキングスペース、事務所などを借りてマイペースに仕事ができるのがフリーランスの強みであり、
それに憧れて独立をする人も多いと思います。

ただ、業種にもよると思いますが、フリーランスは基本的に毎日一人で過ごしている時間が多くなりがち。
最初は、のびのび過ごせて開放的なのですが、徐々に寂しさを感じるようにもなることからは逃れられません。

特に年末、皆が忘年会で忙しい中、自分は飲み会の予定が一つもなかったり。
彼女や彼氏がいない場合には、バレンタインや誕生日もほそぼそと一日を過ごしたり。
春休みにお花見や、夏休みに社員旅行や懇親会の予定がなかったり。

自分が望んで、自ら始めたひとりぼっちの仕事。でも、たまに恐ろしいほどの孤独感が襲ってきます。あれほど嫌だったミーティングや休憩時間がとても懐かしくなるのです。

とはいえそんな孤独感も1人で解消しなければならないのがフリーランス。今回は、ちょっとしたことであったかい気持ちになれる、孤独解消法をご紹介したいと思います。

フリーランスの孤独を紛らわせる方法

仕事を請け負ったお客さん、クライアントさんと会う

フリーランスで仕事をしていると、受発注もすべてウェブ上で完結することも多く、一度も面識のないまま進んでいくということがあります。それでも仕事が問題なく進んでいればいいのですが、ある程度受発注が増え、継続的に取引を行なうようになったのであれば、実際に会って話をすることも大切だと思います。それはウェブ上だと、クライアントの要望に対して対応可能か、不可能というやり取りしかできませんが、実際に会って、お互いのことを話す内にアイデアや、新しい仕事が生まれてくることが多いからです。また、実際に会って話をするとクライアントに与える印象も大きくなりますので、今後の受注などにも良い影響があるでしょう。

ネットのオフ会に参加してみる

自分の趣味があれば、積極的にネット上でそれらの活動を行なっているグループに参加することをおすすめします。それらのグループに参加すると、オフ会などが開催されており、オフ会に参加することで実際に会うことができ、関係もよりつよくなります。同じ趣味の仲間なので、話題も多く、リアルな友達になれる人たちも多いでしょう。また、オフ会はいろんな年代の人が参加しており、盛り上がらないということはほとんどないです。実際に私はオフ会で出会った人たちとその場でLINEの交換をして、いまでも頻繁にやり取りや、実際に行き来する関係になっています。フリーランスで仕事をし、周りも結婚などをしているので、普段の生活で新しい友達をつくることは難しくなってきており、このような機会は自分で積極的に作っていくことが大切だと感じています。

近所の八百屋さん、商店街に出掛けてみる

孤独感を癒すためには、やはり人との関わりが一番効果的です。コンビニや洋服屋さんのような事務的な接客をされるところはなるべく避け、できれば近所の八百屋さんや商店街へ出向きましょう。きっと元気をもらうことができるはず。フルーツを買って陽のあたるベンチにでも座って食べるのも良い気分転換になります。

孤独を感じたら自分からきっかけを探しに行けばよい

フリーランスという職業柄、人に会わないで済まそうと思えばいくらでもそうできます。が、その環境が辛い、孤独を感じるという人は、自分で人と出会えるような環境に変えていくこともできます。特に、仕事や趣味などがあれば、実際に会っても自然と親密な話ができますし、関係構築も簡単です。フリーランスで孤独を感じているのであれば、そうして交友関係を広げていくことをおすすめします。

むしろ孤独や1人の時間を楽しむ

1人=寂しいと考える人もいますが、1人で行動することのメリットは想像以上に大きいものです。まずは仕事について。会社では、同僚と相談したり上司の許可を待ってから仕事を実行しなければなりません。また、人間関係の悩みもつきものです。しかし、フリーランスは自分の仕事については周囲を気にせず自分の裁量で取り組むことができます。他にも、ショッピングや旅行は好きな時間に好きな場所へ行くことが可能です。会社員の場合や誰かと一緒の時はそうはいきませんよね。1人でいるということは、「孤独」という側面もありますが、自分のことは自分で決められるという嬉しいメリットもあるのです。

私はあまり寂しいと思うことはないのですが、たまに孤独感を感じたら自宅近くショッピングモールに行ってウィンドウショッピングを楽しむ、カフェで読書をする等してリフレッシュするようにしています。沢山の人がいる場所に行くことで孤独感が紛れて、気持ちが少しずつ前を向いてくることに気づきます。

女性フリーランスは『自分磨き』の時間にしてしまう

せっかくの『1人の時間』を前向きに捉え、(特に女性は)『自分磨き』の時間にしてしまうのも手です。
具体的には、マニキュアやつけまつげ、髪の毛を巻いてみたり1人ファッションショーをしてみたり。これが結構楽しいのです。その時の気分に合わせた音楽を少し大きめにかけて、飲み物を用意したら準備は完了。何も考えず、音楽を楽しみながら自分をキレイにしていく。女性なら誰でも好きなことではないでしょうか?
マニキュアを塗ったことがない人もぜひ挑戦してみて下さい。パソコンのキーボードにかかる手が見える度にテンションが上がります。そして、自分のお気に入りの服を着て、鏡の前で格好つけてみる。本当に楽しいですよ。ちょっと恥ずかしいわ…と思うかもしれませんが、実は女性の多くがやっているんです。孤独感も解消され、気分転換にもなり、女性としてのモチベーションも上がること間違いなしです!

孤独を感じないための工夫

常駐型の案件に応募する

1人も気楽だけれど、やっぱり他の人との交流も持ちたいという場合は常駐型の案件に応募するのも良いでしょう。常駐型の場合は、顧客先に出向くことになるので孤独感に苛まれるということはありません。また、IT関連の会社の場合は社員同士で勉強会等が開催されていることもあるので可能であれば参加してみるのも良いかもしれません。

私もフリーランスになりたての頃は、短期で常駐型の案件を請け負ったことが何回かあります。現在は在宅ワークがメインですが、当時の同僚とは現在もつながりがあって情報交換等をしています。人数はそんなに多くありませんが、たまに連絡が取れる同業の仲間がいることは心強いと感じています。

家族や友人との関係を大切にする

仕事の孤独感は仕事仲間を作ることで軽減されますが、プライベートの孤独感の解消には家族や友人との交流が大切です。特に、家族は長年支え合ってきた関係ですから、いざという時に心強い味方となってくれるでしょう。

私は、月に1度は家族を誘って外食に行くようにしています。また、実家に帰った時は家事の手伝い等を通してコミュニケーションを図ります。友人の場合は度々会うことは難しいですが、相手の状況に配慮しつつ、たまにメールや電話で連絡を取り合っています。月に数回のことですが、気を使わない相手と話すことでリラックスできて、孤独感など忘れてしまいます。

孤独な環境を作らないよう努力する

逆に、どこまで一人でできるのかを楽しんで、自分のブログなどに体験記として記事を書きませんか?
フリーランスで働いている人は、基本的に面白いことが好きで、発信することも好きな人が多いと思います。
忘年会がないのならば、忘年会に参加させてくれる会社を探してみましょう。
フリーランス忘年会を企画してみるのも良いでしょう。

バレンタインには、あなたが男でも女でも、0から1万円の予算でチョコレートを作ってみましょう。
誕生日には、あらゆるお店の誕生日特典を受け取りに1日中街を駆け回ってみましょう。
お花見や写真旅行、海やBBQも一人で楽しめるのか?
一人で楽しむ方法はないのか?
研究して実践してみましょう。

そうこうしているうちに、予定も溢れて、寂しいと感じている暇もなくなると思います。
とにかく、うじうじ悩んだり、諦めて家にこもるのではなく、何かをしに外に出ることが、孤独を感じたときの対処方法。

話題の観光地や、お店なども、一人だからこそ、混んでいる時でもすんなり入れることもあります。
フットワークも軽く、好きな時間に出かけて、好きな時間に帰ることができます。

一緒に出掛けられる人がいなくて、一人でいることを、孤独で寂しいと悲観的に受け取るのではなく、今日も自由に何でもできると楽観的にとらえることが、孤独に押しつぶされない一番の方法です!

まとめ
フリーランスはのびのびと自分のペースで仕事ができます。周りの人に気を使う事もなく、とんでもない失敗でもしない限りはメールなどの連絡方法のみで済ませ、誰かに会う事もありません。ですが、孤独感に襲われた際の解消法はしっかり知っておかないと完全にひとりぼっちになってしまいますので、いつでもその時の気分にあった解消法をいくつか引き出しにしまっておきましょう!