フリーランスブック

MENU

年収100万の零細フリーランスでも某クレジットカードの審査に通過した話

フリーランスとクレジットカード

フリーランスとして独立する際のアドバイスとして、「会社員勤めのうちにクレジットカードを作っておけ!」というものがあります。クレジットカードとはその名の通り「信用」の上になり立っているので、いつ収入が途絶えてもおかしくないフリーランスはなかなか審査が通りにくいという現実があるからです。
でも、本当にフリーランスだとクレジットカードが作れなくなってしまうのでしょうか?
今回は、開業届けも出していないあるフリーランスの方が、『楽天カード』の審査申し込みを行なってみた際の実体験をご紹介します。


もともと、クレジットカードの作成はできないだろう、とあきらめていた

ここ2年間、私はフリーランスとして活動していますが、フリーランスと宣言することはおこがましいくらい程度の低い実績しかありません。というのも、クラウドソーシングのライティング作業やタスク作業を中心に活動しており、年収は100万円前後しかないのです。過去の貯蓄を切り崩しながら生活をしておりますので、金銭面では特別問題ないのですが、ある点について問題意識を抱いていました。

それはクレジットカードの作成はできないだろう、とあきらめていたことです。

なぜならクレジットカードの申し込みは、安定した収入を得ていることが前提ですし、事業所名を入力しなければなりません。自営業を営んでいるケースでは、社名や屋号の入力が必要になってきます。しかし、私はクラウドソーシングのライティング作業やタスク作業しかしていないのですから、社名はもちろん屋号など取得しているはずがありません。
ということで、私はクレジットカードの作成はあきらめていました。

もちろん日常生活を営むうえでは、クレジットカードは必須というわけではありません。しかし、近頃流行りの格安SIMの契約をどうしてもしたいと、ある日考えました。スマートフォンに拘りのない私は、少しでも出費を抑えるために格安SIMに変更したいと考えることは、当たり前のことでした。ただ、格安SIMの契約はクレジットカードの所持が前提のため、まずはクレジットカードの作成をしなければならなかったのです。

狙うなら、「楽天カード」だって!?

インターネットでクレジットカードについて調べてみたところ、楽天カードは審査に通りやすい旨の記述が溢れていました。ただし、情報の中には信憑性の非常に低いところも少なくなく、心底信じることはできませんでした。またフリーランスでも作成できた等の記述はありましたが、屋号を取得している自営業者ばかりで、私のような超零細フリーランスが審査に通ったといった内容は一切なく、結局役に立ちませんでした。

いろいろ吹っ切れた私は、クレジットカードの審査に申し込みするだけであれば別に無料だから構わないと考え、審査落ちを覚悟したうえで楽天カードの審査に申し込みしました。

楽天カードの審査申し込みは、楽天カードの公式サイト申し込みフォームより申し込みをしました。最初に入力した項目は個人情報になり、氏名年齢住所や固定電話の有無、それから世帯人数や居住年数に加え他社からの借入状況などを入力しました。
私の場合、固定電話あり、世帯人数は2人、居住年数は10年、他社からの借入状況は0件でした。
次に楽天カードのキャッシング枠は10万円に設定しました。基本的にキャッシング枠は0円にする方が審査に通りやすいことは事前に知っていましたが、私のような超零細フリーランスがどこまで認められるのだろうという好奇心もあり、10万円に設定しました。もちろんキャッシング枠が不要な方は、0円に設定しておくべきでしょう。またお支払い方法の入力が求められましたので、私は自動リボ払いに申し込みしました。

ここまでの入力は問題なくスムーズに進みましたが、この先がついに職業に関する入力画面になりました。
本人収入の有無、税込年収、勤務先名、勤務先所在地、勤務先電話番号、勤続年数、職種、職業、業種、貯蓄額、世帯収入、運転免許証の有無の入力項目でした。
虚偽の情報を入力することは後々面倒事に繋がりかねませんので、私はすべて正直に入力していきました。しかし、問題は勤務先名などを、どのように入力すべきか悩みました。何度もしつこいようですが、私は自営業の届けも屋号も所持していないのです。
そこで、勤務先名は本名、勤務先所在地は自宅の住所、勤務先電話番号は自宅の電話番号、勤続年数は2年、職種はその他を選択、職業はその他を選択、業種はその他を選択、貯蓄額は正直に30万円、世帯収入はもう一人の収入を合わせ200万円と入力、そして運転免許証はあり、このように入力していきました。
その後は規約等々に同意する旨が表示され、同意したうえで申し込みは終わりました。

申し込み翌日に、審査担当から電話、職業を「WEBライター」と返答すると

翌日午後15時頃、楽天カードの審査担当者より自宅に電話がありました。
第一に申し込みの旨を聞かれ、本人かどうか尋ねられました。そして心配していた職業欄がその他になっている意味を尋ねられましたので、WEBライターと答えました。また屋号の有無も聞かれましたが、正直に屋号はないことを伝えますと、このたびは申し込みありがとうございましたといった旨を言われ、電話での質疑応答は終わりました。ちなみに収入証明書などの提出は必要か尋ねたところ、不要だということでした。

そして、約1時間後、楽天カードの審査状況を確認できるサイトに申し込み後に画面に表示されたIDを入力したところ、審査に通過していることが判明しました。
さらに1週間後には自宅に楽天カードが到着し、ショッピング枠30万円、キャッシング枠10万円が付与されており、感動したことは言うまでもありません。

結果的に、私は無事に格安SIMを契約できましたし、日頃のショッピングでもクレジットカードを使え便利になったうえにポイントまで付与してくれています。楽天カードに申し込みをして本当に良かったと心底思っています。


言うまでもなく、カード申請時の審査については、その会社によってさまざまです。今回のエピソードに登場した「楽天カード」も細かな規定などが存在しますので、一概に「通りやすい」と申し上げることはできませんが…、「楽天カード」はフリーランスのような条件であっても、他社にくらべて比較的寛容と言えるのかもしれません。あくまでもいち個人の体験談として、カード会社選びの参考として頂ければと思います。