フリーランスブック

MENU

フリーランスは許可保育園申請が通りにくいなんて嘘?3人のフリーランスママの体験談とアドバイス

フリーランスと保育園

少し前に「保育園落ちた」という記事がネットで話題になったのを覚えていますか?
現在、保育園に子どもを預けるだけでも一苦労。複雑な申請・審査を通過しなければ、子どもは保育園に通えないのです。そんな中、企業勤めに比べてどうしても社会信用にムラが出てしまうフリーランスという立場は、審査時に不利になってしまうのではないか、と不安になっていませんか?

ご安心ください。今回は、実際にフリーランスの立場から保育園申請を無事クリアした3人のママさんフリーランスの実際のエピソードとアドバイスをご紹介いたします。全て実話ですので、是非参考になさってください。

フリーランスの方が有利なことも! 認可保育園申請は書類作成と条件熟読がポイント

申請書類を熟読すると見えてくる「得」

私が住む自治体は「基礎指数」をみると居宅外労働も居宅内労働も同じでした。在宅ワークのフリーランスだから点数が引かれるということはないんです。
点数は「労働時間」がポイントでした。月160時間以上が一番高い点数です。こうなるとフリーランスは「自分で労働時間を決められる」ので強いですよね。
フリーランスとして仕事をしていることが証明できれば「基礎指数:11点」がもらえます。会社に書類を作ってもらって証明する、という手間が要りません。
求職中の基礎指数が5点であることを考えると、断然、フリーランスとして居宅内労働している方が有利です。

会社に書類作成を依頼する手間がない。子どもの急な発熱やケガにもすぐ対応できる。仕事を自分で選べる。こうしたフリーランスのメリットを考えると「基礎指数で差が付かない場合」はフリーランスが得と感じられますね。

書類を完璧に揃えよう

フリーランスのメリットが大きい、といっても役所には「確かな書類」を提出しなければなりません。この「確かな書類」がクセモノなんです。

必要とされる書類は自治体によって様々で「コレさえあれば大丈夫!」というものがありません。そして「自作書類のみでは不可」のケースが多くあります。私が提出した書類は次のようなものです。

  • 税務署に提出した個人事業開始届(税務署の受付印付、屋号と仕事内容を明記したもの)のコピー
  • 就労証明書:自作(屋号名の角印、代表者印を押したもの)
  • 自作した仕事用HP(住所・連絡先・営業時間・実績などを掲載しているHP)をプリントアウトしたもの
  • 発注確認書(クライアントが作成した私宛の仕事依頼書。市役所に提出することについてクライアントに許可を得たもの)

フリーランスの活動をし始めて一年以内に保育園の申請をしなければならなかったので確定申告書を準備することはできませんでした。

どんな書類を準備して提出するのか迷いましたが、ビジネス用のHPや屋号名の角印・代表者印も法人ではないけれど作成し、「複数の書類で確かに自分が仕事をしている」ということを証明したつもりです。

審査結果が出るまでドキドキでしたが「保育標準時間利用認定」がもらえました。短時間保育ではなくフルタイムで預けられる許可です。おかげさまで、昼間、静かに仕事に打ち込むことができています。

フリーランスでも大きな「加点」

今は「基礎指数:11点」でも調整指数(いわゆる「加点」)が無ければ認可はほぼ不可能ですよね。

私はフリーランスに転身する前、フルタイムの会社員で、長女と次女を認可外に預けて働いていました。
認可外に通いながら認可途中入園の申し込みをして転園の機会を待ち続けていましたが、長女は認可に入れないまま卒園しました。次女も待機の期間が1年以上ありました。
この分が「加点」されたためか、次女は4月に認可の年少クラスへ転園できました(娘が通う認可の年少クラスには娘が入園した時点で2人の待機児童がいました)。

当然、運も必要ですが「加点」が入園を大きく左右すると思います。認可に預けたいなら「フリーランスでも認可外に預ける」というのが欠かせないことなのかもしれません。

自治体によりますが、フリーランス(居宅内労働)だから保活が不利になる訳ではありません。まず、申請書類を熟読してみましょう。そして加点は大きなポイントです。認可外保育園もできるだけ確保して、得られる加点は全てもらえるようにしましょう。気後れせず、保活、頑張りましょう!

─SAYUさん


フリーランスでも申請が無事通った!そのポイントとは?

保育園の申請時は「求職中」と書いた

私はフリーランスのライターとして働き始めて2年ほどになりますが、今年の4月から2歳の息子を保育園に通わせています。
申請時にはフリーランスだと勤務証明をどうしたらよいのかわからず、「求職中」として申請しました。
主人は在職中、主人の実家は近所に住んでいますが高齢で育児が難しい、私の実家は遠方という状況でした。

フルタイムで働いていても保育園が決まるのは難しいと言われている激戦区でした。
受からないと思っていた保育園の申請が通ったと2月に連絡があった時は本当にびっくりしました。
「求職中」という区分なので、6月末までに就業先を見つけて就業証明を出すことが条件でした。

申請が通ったと思われる理由

私は3歳になったら息子を幼稚園に入れようと思っていたこともあり、2歳児までしか預からない小規模の保育園を希望しました。
そこの保育園は0歳、1歳、2歳を全部合わせても19名分の預かりしかない保育園です。
フルタイムで働いている人などは就学前の4歳児5歳児になった時のことも考えて、行事が充実している大規模な保育園への入所を希望する人が多いと思います。
そのための小規模保育園の人気がなく、申請が通ったと思います。

申請区分を「自宅での就業」に切り替える

外で働こうかとも迷ったのですが、6月までに必ず見つけるという縛りができると良い就職活動ができなそうな気がしました。
「自宅で就業している」という区分への切り替え方法を区役所に尋ねると、確定申告時の書類の写しの提出でよいということでした。
こんなこともあろうかと、ちょうど2月の時期に前年の微々たる収入(50万円ほど)の確定申告を行っていたのでその書類の写しを出しました。
他にも勤務時間を書く書類があり、フリーランスでの自宅就業のために自分で勤務時間などを記入しました。
確定申告で収入があることの公的な証明はできているので、勤務時間は自己申告で良いとのことでした。

実際の保育園生活

2歳児までの小規模保育園なので、他に預けている母親もパート勤務の人が多いのか、16時のお迎えの人が多いです。
私も夕方は息子と遊べるように毎日16時にはお迎えに行っています。
保育園に行くと洗濯物が増えて大変ですが、息子は小規模の保育園で手厚く面倒を見てもらい、毎日楽しそうに保育園に通っています。
自宅での仕事とはいえ、息子を見ながらの仕事は難しいので保育園に息子を預けることができて本当に助かっています。
フリーランスで時間の融通は利くので、子供の病気で保育園を休んでも誰に断ることもなく、その日の仕事をせずに看病に専念できるのがフリーランスの強みと思います。

─mayuさん


とりあえず求職中扱いで申請した

私には現在、4歳になる子どもがいます。子どもが3歳になるまでは、自分のそばで育てたいと思い、3歳になるまで毎日子どもと一緒に過ごしていました。しかし次第に子どもの元気の良さについていけなくなり、私も自分の時間がほしいと思うようになりました。そしてちょうど、保育園や幼稚園の申し込みが始まる頃に妊娠発覚。私は、園児を長い時間見てもらえる保育園に子どもを預けることに決めました。

さて、保育園は基本的に親が仕事をしている場合に子どもを預けることができます(それ以外の目的で預けることもできますが)。保育園の申請をするときに困ったのが、「何の仕事をするか」です。私は、1人目の子どものとき、つわりがかなりひどかったので、これから外で仕事をすると職場の人に迷惑がかかるのではないかと不安に思っていました。そして何か家でできる仕事はないのか探していた時に、このフリーランスの仕事を見つけたのです。

フリーランスの仕事で2つの仕事の提案が承諾された後に、保育園への申し込みをしに行きました。まだそれらの仕事に取り掛かっていなかったのですが、とりあえず4月からこのような仕事をするということで、2つの仕事内容のコピーも持参して保育園の受付に行きました。私が住んでいる地域は田舎なので、今までフリーランスの仕事という前例はなかったようです。受付の方も戸惑いながら、「まだ仕事に取り掛かっていないようだから、とりあえず4月からの3か月は求職中扱いにして保育園にみてもらい、本格的に仕事が始まったらまた就業のための申し込みをしに来てください。」と言われました。

フリーランスの初仕事が決まってから就業申請を行った

そして、私の子どもは4月から保育園に通うことができました。まだ入園時では、私は求職中扱いだったので、2つのフリーランスの仕事を初めてからすぐ就業のための保育園の申請をしに行きました。
その際、本当にその仕事をしているのか確認するために、仕事内容、払われる金額(仮)、実際に仕事で書いた記事、依頼主とのやりとりがわかるものをコピーして持参するように言われました。会社で働いていれば、会社の代表からの署名などをもらってすぐに申請できるのですが、フリーランスは自営、または個人事業主という立場の仕事なので、申請時に求められた持ち物が厳しかったように感じます。そして何日か結果を待ったところ、無事に就業のための保育園への申請が認められました。

私の地域にはいくつかの保育園がありますが、田舎なのでどの保育園も子どもが定員まで満たしていないこともあるため、お給料が少ないフリーランスの仕事も認められたのだと思います。妊娠中でも、自分の体に無理なく家で仕事をすることができるので、私はフリーランスの仕事をすることができて良かったと思っています。

─mintさん


フリーランスだからといって、必ずしも申請で不利になることはないようですね。ご安心頂けたでしょうか。
とはいえ、フリーランスだからこそ書類の用意などをしっかり行う必要があります。抑えたいポイントはしっかり抑えて、無事申請が通ることをお祈りしています。