フリーランスブック

MENU

結局、フリーランスの事業用口座ってどこを選べばいいの?

フリーランスのための銀行口座

「経理さん」もいないフリーランスは、おカネのあれこれも全て自分でこなさなければなりません。事業に集中したいのに、億劫ですよね。
そんなフリーランスは、仕事専用の銀行口座が必須になってきます。では、何故別の口座が必要なのか?口座を開くとしたら、どこがお薦めなのか?この記事では、そんな「事業用口座」に関する疑問のアレコレをすっきり解消します。


フリーランス用口座が必要な3つの理由

ずばり大事なのは、フリーランス用の口座とそれ以外のプライベート用口座を分けることです。
その理由としては主に3点あります。

  1. 財政の状況を把握しやすくするため
  2. 会計管理を容易にするため
  3. 税務調査に対処するため

要するに公私混同をしないためにも、口座を分け、生活費とフリーランス活動に関する費用を分けて管理するということです。

財政の状況を把握しやすくするため

月間ないし年間の売上計画を立てていくなかで、まずは事業による収益がどのくらいか、などを把握していかなければいけないため、いわゆる収入の部分を明確にしていきます。公私混同をしている通帳ですと、様々なクライアントから入金を受けた場合、とても分かりづらく、どこまでは会社の経費なのか、どこからが生活費にあてるべき部分なのかが直感的にわかりません。フリーランス用の口座を開設することによって、明確に公私を分け、通帳=収入という状態にすることが可能となります。

会計管理を容易にするため

個人事業主として開業するとき、複式簿記の記帳をするのにあたり、取引を明確にすることが求められます。そのため、プライベート用の口座と事業用の口座を分ける必要が大いに有りなのです。

税務調査に対処するため

これが事業を続けるにあたって一番大事な要素となります。税金の問題は、多くの事業主を悩ませており、特に税務調査などでは、様々な証拠書類を提出する必要があります。そんな調査を受けているときに、通帳(それ以外でもですが)が公私混同していたら、印象が最悪になってしまいます。日頃の管理はそういった所に現れますし、税務官も人間ですので、ずさんな管理をしている事業者を怪しみ、プライベートの支出まで公開しなければならない、なんてことにもなりかねません。納税に関してミスをしなければいのですが、ミスをする人ほど管理がずさんで、公私混同している所感があります。


さて、実際にどの口座を使うのが良いのか、どのような観点から口座を開設するのが有益なのか、説明していきましょう。

フリーランスになって一番気になることは資金繰りです。締日や支払日などがクライアントによりバラバラですので、きちんと入金されているか、などの心配が尽きることがありません。そこまで神経質になることはないと考えますが、万が一入金遅れなどが発生してしまうと、さらに通帳記帳をATMに行くことでしかできないとなると、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。そこでお薦めしたいのがネットバンクです。

駈け出しフリーランス初心者が作っておくべき銀行口座4選

全国のセブン-イレブンATMが無料で利用可能!セブン銀行

ネットバンクにもイオン銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行など沢山ありますが、まずご紹介したいのはセブン銀行です。

セブン銀行とはその名の通り、セブンイレブンを運営するセブンアンドアイホールディングスが運営しているネット銀行で、通帳は存在せず、すべてスマホやパソコン上の架空の通帳で取引を記帳します。セブン銀行のATMは全国のセブンイレブンに設置してあり、7時~19時までは引き出し手数料が無料。セブンイレブンは全国津々浦々どこにでもあるコンビニですし、ATM設置台数も23,000台と、かなり多いことがわかります。加えてセブン銀行の機能として優秀なのは、24時間残高照会や、振り込みをすることができるということです。一番助かるのは、残高照会や取引履歴などをスマートフォンでいつでも確認できるという点にあります。

屋号入りのビジネス用口座で信頼度up!楽天銀行

楽天銀行は、格安手数料がうりのネットバンクの中で、個人用銀行口座に屋号を付けることができる数少ない銀行の内の1つです。屋号付きの銀行口座を利用することで、遊びや片手間ではなくビジネスをしているんだという気持ちを相手側に伝えることができ信頼を得られるほか、自分自身のモチベーションupにも繋がります。対外的にも対内的にも意味のある屋号入りの銀行口座は、フリーランス行を行う人にとって必須口座といえます。

また、楽天銀行は同行宛の振込手数料が常に無料であるだけでなく、利用頻度によって会員ランクが上がり、ATM入出金手数料や他行振込手数料がランクに応じた回数分無料になります。1回の手数料支払金額は高くありませんが、塵も積もれば山となりますので、ATM利用手数料や振込手数料が少しでも無料になるのは嬉しい限りです。楽天銀行で個人ビジネス口座を開設することで「かんたん決済サービス」「大量振込機能」を利用することも可能になります。

そして、楽天銀行の各種サービスを利用することで楽天ポイントをゲットすることもできます。提携先も豊富な楽天ポイントは、ミスドやツルハ、ガソリン代等にも使用することができるので、フリーランスの傍ら細かい買い物にポイントを使用できるという点もメリットの1つです。楽天ヘビーユーザーのみならず、今まで楽天をそれほど使っていなかった方にも自信を持っておすすめできるサービスです。

さらに、楽天証券とマネーブリッジを組んでおけば、楽天普通預金の金利が5倍になるというサービスも行われています。他行の定期預金以上の金利にもかかわらず、出し入れ自由な普通預金に預け入れておけるため、フリーランスの売上を楽天普通預金口座に寝かしておくだけでも、一般の銀行を利用するより有利な金利で資産運用ができてしまうというスキームが出来上がります。

圧倒的使いやすさ!住信SBIネット銀行

楽天銀行にも引けを取らない使いやすさが魅力のネットバンクが住信SBIネット銀行です。こちらも会員のランクによりATM利用手数料や振込手数料が無料になります。残念ながら口座名に屋号を入れることができないものの、同じ口座内で複数の名前の口座に分けることができるため資金管理の把握にとても役立ちます。他行宛振込手数料は、同業他社と比べても圧倒的に安いため、振込手数料の節約にも一役買ってくれます。楽天銀行と住信SBIネット銀行それぞれの振込手数料無料回数がなくなった時に、住信SBIネット銀行で振込を行う様に使い分けるというテクニックも。

また、ATMの入出金や振込等に関して、無料でメール通知サービスを受けることができるため、不正な出金等に対する対策も万全です。ポイントサービスが導入されたことにより、利用頻度やサービスが増えればポイントとして特典を得られることも見逃せない魅力のひとつ。

さらに、住信SBIネット銀行にも楽天銀行の様なサービスがあり、SBI証券と連携を組み、ハイブリッド預金のサービスを受けることで、出し入れ自由な資金が高金利で運用されるというスキームを組むことができます。ただし、楽天銀行と違いハイブリッド預金からお金を引き出すには、パソコンやスマホ等で住信SBIネット銀行に振り替えるという手続きが必要になります。

banner

抜群の安定性!皆が持っている!?ゆうちょ銀行

最後はネットバンクとは異なりますが、ゆうちょ銀行もオススメ。ゆうちょ銀行は、銀行の中で唯一、屋号のみを口座名にすることができます。他の屋号口座開設可能の銀行では「屋号+代表者名」の口座名となる場合に比べて、屋号のみの銀行口座を利用していることで、より一層会社らしい雰囲気が出てきますね。郵便局のATMを利用すれば入出金手数料が無料であり、ゆうちょダイレクトを利用すれば月5回まで振込手数料が無料になることもおすすめポイントです。日本国内どの地域にも郵便局があるため、ATMを利用する頻度が多い人には特に重宝します。
ゆうちょ銀行のATMは硬貨が使えるのもポイント。他のネット銀行が紙幣のみの取り扱いであるため、行き場のなかった硬貨は全てゆうちょ銀行に預け入れて千円単位にするために利用する、という方法もあります。

ゆうちょ銀行で屋号口座を開設する場合には、総合口座ではなく振替口座の開設となります。この振替口座では、通帳を作ることができず、入出金の明細は定期的に送られてくる証明書で確認を行うことになるため、確認が遅れてしまうというデメリットがあります。しかし、ゆうちょダイレクトを利用すればリアルタイムで入出金の確認を行うことができるようになります。


今回ご紹介した銀行は、各種手数料の安さと利便性の良さを主眼においています。従って、安さよりもセキュリティーを重視したいという方や、窓口や通帳がないと不安という方には、メガバンクや地方銀行・信金等を利用する方が良いということも考えられます。自らのスタイルに適合した銀行選びを実践してみてください。
また、各行の機能や特徴についての詳細・最新情報は、公式Webサイトや窓口にてご確認いただきますようお願い致します。