フリーランスブック

MENU

フリーランス独立前の『リアル貯金額』暴露大会!300万円、30万円、そして0円も?!

フリーランス独立前の貯金額

フリーランスとは収入が不安定になるというリスクを抱えています。いざという時に食いつなげるよう、独立前にある程度の貯金をしておくのが必須だというアドバイスを、フリーランス検討中の方ならよく聞いたことがあると思います。

でも、実際にどれくらいの貯金額が必要なのでしょうか?先輩フリーランスさんたちはどれくらいのお金を貯めてから出発したんだろう?
そんなちょっと答えづらい質問の答えを、3人のフリーランスさんが暴露してくださいました。それぞれ全く異なる貯金額から出発した3人ならではの、ユニークなアドバイスを是非お読み下さい。


私の場合は300万円!

私の場合、サラリーマン時代に300万円の貯金を作ってから独立をしました。
独身でしたのでまだ良かったですが、実際300万円の貯金を作るのは楽ではありませんでした。

独身だとお金が貯まりやすいと良く言われますが、実際そうだとは思いません。
独身故に周囲も遠慮せずに色々な誘いをしてきますし、誘惑も多いです。ちょっとキャバクラなどで夜遊びしようものなら、一晩で510万使ってしまう事もあります。せっかくのボーナスがひと月で無くなってしまったなんてこともザラです。

なので、フリーランスを目指す方には、覚悟を決めて誘惑に打ち勝ち、何とか300万円以上の貯金だけは作ってから退職するようにしてもらいたいと思います。

でも300万円でも結構危ない

私の場合はお陰様で独立時に結構太いクライアントさんが付いてくれていたので、月の売上げの目標額の半分は確保できる状態での船出でした。
なので、「入金が全くない」という精神的にかなり厳しい状況に追い込まれる事はなかったのですが、それでも目標額には達していないわけですから、貯金を切り崩して経費や生活費を捻出させる事になります。
サラリーマン時代に貯金が300万もあれば、「おお、結構心強いぜ」という感じにもなったでしょうが、いつ収入がゼロになるかわからないフリーランスにとって、300万円というお金は決して心強さを与えてくれる金額ではありません。

100円均一にちょっと行けば事務用品で2,000円が飛びますし、お客さんとのちょっとの付き合いで2万円が飛んでいきます。意外とかかるのが交通費で、私の場合月に3万円位が近隣への移動だけで消えていきます。

300万円あった貯金はみるみる減っていきます。
それが「頑張るぞ」という良いプレッシャーになるのですが、焦って安い割に合わない仕事を受けてしまう事も結構ありました。
300万円あれば独立して何とかやってはいけますが、常に不安との戦い、安眠ができない夜が続くという覚悟ははじめからしておいた方が良いかと思います。

理想は800

私が感じた独立時の理想貯金額は800万円以上だと思います。

2年仕事が全く入ってこないという事はまずあり得ませんので、経費と切り詰めた生活費で1400万として2年戦える軍資金があれば、不安で眠れず戦略を練る冷静さを失うという事はなくなると思います。

ただし、あくまでも理想額。
サラリーマン時代に800万円貯めるのは至難の業だと思いますので、あくまでも理想金額です。
私も「800あれば、不安で脂寝汗をかきながら眠れぬ夜を過ごすことはなかったなあ」と改めて思います。

─矢崎武一朗さん(41歳・男性)


矢崎さんからは、300万円でも不安がつきまとうという自身の経験から、理想として800万円は用意しておくべき、とアドバイスいただきましたが、実はもっともっと低い貯金額で独立されたフリーランスの方もいらっしゃいます。これからお話いただくお二人は、30万円と、なんと0円の状態での船出を経験されたようです。


私は30万円で独立しました

私がフリーランスとして独立する時にためていた貯金は、なんとたったの「30万円」です。
今になって考えても、正直かなり少ない貯金だったなと思います。
その当時はこれから独立してやる仕事で、すぐ稼げると思っておりました。
30万円あれば1ヶ月は生きられるので、十分だろうと思い、
前職の会社のボーナスが出た翌月に会社を辞めました。

貯金額について悪かったこと

素直に、もっと貯めておけばもっとラクだったなと思います。
30万円で確かに1ヶ月は何も心配なく生きられました。
しかし、独立してすぐに余裕のある生活ができるわけもなく、1年近くかなりギリギリの生活をしておりました。
それこそ家賃や光熱費の支払いにすら頭を抱える程、ギリギリでした。

フリーランスになると、出費が大きく変わる

会社員時代と独立後で、お金の出費がかなり変わりました。
具体的に言うと、独立後の方が出費は多くなりました。
なぜなら、それまでは会社員として働いていたので、仕事に関わるお金は全て会社の経費でした。
しかし独立後は仕事に関わるお金も、当然ながら全て自分の財布から出ていきます。
接待や交際費・交通費、PCのような大きなものを準備するお金から、
ペンや紙などのちょっとした道具まで、基本的には全て自分の財布から払います。
独立前の出費よりも、独立後のほうが個人的なお金の出費は明らかに増えました。

独立してからは24時間自分で時間を管理できるため、
会社員時代よりも自分の余暇に使える時間は増えました。
しかしながら上記の様に独立後は普通に生きていくだけでも出費が増えます。
独立当初はあまりそれを考えておらず、
収入は会社員時代とまだあまり変わらないにも関わらず、余暇の分だけ遊びも増えて更に出費が増えたため、一瞬で金欠に陥りました。
無駄遣いしてはならない、節約しなくてはならないとわかってはいたものの、この金銭感覚に慣れるにはかなり苦労しました。

貯金額について良かったこと

この貯金額で良かったことを挙げると、「必死になれた」ということです。
上記のように独立当初はかなりお金の面で苦労をしました。
固定給が入る会社員と違って、「自分で結果をだして稼がなければ死ぬ」ということを本当に認識出来ました。
その為独立以前よりももっと真剣に、貪欲に、集中して仕事に取り組む事が出来ました。
それまでの無駄なこだわりも捨てることができ、言い訳をして避けていたものにもまっすぐ挑戦出来ました。
その時の経験が大きく自分を成長させたことは言うまでもありません。

30万円で独立してみた結果

貯金はあればあるほど良いのは間違いありません。
しかし、無いからと言って独立できないわけではありません。
どんな状況にせよ、腹を決めて行動したら必ず得られるものがあります。

─Super.Hさん(26歳・男性)


私はゼロ円、丸裸での船出でした

「ゼロ」
これは何の数字だと思いますか?

これは当時の学生時代の私の貯金額でした。
アルバイトはしていましたが、遊びお金欲しさばかりで、フリーとして仕事へ使おうと思うお金なんて1円もありません。
学生時代の専門は「遺伝子」。今、仕事として受けている「音楽」なんてした事はありません。
ですのでそういう意味では貯金額だけではなく、「金」「智慧」「人脈」さえ無く、全く丸裸の状態でスタート致しました。

そんな私は今、音楽の作曲を言うフリーランスとして10年生き抜く事が出来ました。
そう、すべてがゼロでも結果を出す事が出来るんです。
そんな経験を踏まえて少しでもフリーランスを目指す方のお役に立てればと思っております

フリーランスという人生RPG

フリーランスはサラリーマン時代に様々な経験過程を得て独立していくのが一般的なイメージではないでしょうか。

全ての必要経費の元手である退職金という「金」
今までの知識、ノウハウから生み出された「智慧」
会社時代に出会い地道に培ってきた「人脈」

これらを武器に”装備”して自分自身が全責任を持って冒険へと旅立つ・・・
しかし、私のフリーランスへの道はそんな甘ったるいものではありませんでした
少しわかりやすくする為に、フリーランスという道のりをロールプレイングゲーム(RPG)に見立ててみようと思います

お金がなければ何もできません。ここでのお金は「必要経費購入の為のお金」だと思っていただけたらと思います
当時の私、機材を買うお金がなければ、どんな機材が必要なのかわかりません。作曲なんて問題外でした。

・・・こほん!さて、今だからこそ聞けますがっ(笑)
作曲に必要な機材はなんだと思いますか?

「パソコン」これは必須です。
「作曲ソフト」これも必須です。
「鍵盤」これはお金が無く買えません。
「オーディオインターフェース」「モニター」この時点で何が何だか。

考えた末、「パソコン」は「大学の推奨パソコン」、全くパワーの無いモノを持っていました。
「作曲ソフト」もインターネットで無料で流れていたソフトを手に入れました。

とりあえず、そのRPGゲームで最も安い、最弱の武器を取り揃えるしかありませんでした。

智慧

武器という、必要機材はひとまず装備しました、次は武器の使い方です。
当然、使い方を知りません。
力の弱い非力な魔法使いが重たい剣を扱おうとするようなものです。
ただ、私はある意味、そんな無謀な事に挑んだのかもしれません。

勉強する事に決めた私は、実力をつける事に決めました。
ピアノを習い始めたのもこの時期だったと思います。
ドレミの指の置き方から開始しました、両手が一緒に動きます。
指に力が入って思う様に手が動かない。楽譜が読めません。
作曲理論がわかっても、パソコンでの操作の仕方がわかりません。
課題は沢山有りました。
そんな修行をしながら、ゆっくりですがレベルを上げていきました

そして、これが大切だったのですが、学ぶだけには止まらず、自分の実力レベルに応じた戦いの場所を見つけて探しました。
私の場合は、自主的に作曲を投稿している様なサイトでした。
そこで学んだ知識を「智慧」として変える努力をしながら、スキルレベルを磨いていきました。

人脈

フリーとして前進する準備段階は整いました、この土台があった上で先の「自身の課題」への挑戦、そして好きな事をしたい時にできない環境が嫌だった私は何よりも「仲間集め」この二つを行いました。
一人では将来的に出現する巨大な敵には到底敵いません。

仲間を見つけ話し、いろいろな情報共有する。
お勧めの武器の話も教えてくれます。
お仕事も頂く事も増えてきます。
「あれが、安くて使いやすいよ!」
「ここの操作はこうするといいよ!」
「こんな音楽欲しいんだけど、どうかな?」

仲間がいて今の自分がいる事を一年一年過ぎる度に身に染みてきます

受くるは易し、持つは難し

今の目標が何かと言われたら願望は尽きないです。
もちろんまだまだなのですが、ある程度の機材も整え、ある程度のクライアントの要求にも応えられるようにしてきました

しかし、周りが変わっても、一つだけ普遍的に決めている事があります。
「どんなに辛くても続ける事」
これは自分のためだけでは無く、今まで出会ってきた方々と
そして辞められた方々への恩返しの使命だと思っています

自分が色々な方から育てて頂いた様に、もっと自分自身に力をつけていく事がこれから出会う全ての人も含めて、その使命を全う出来るのであれば心から嬉しい事だと考えています。

これが、貯金額ゼロの「遺伝子研究者」が「フリーランス作曲家」へと転職した物語でした。


ここに登場いただいた先輩フリーランスさんたちがおっしゃっているように、もちろん貯金額は大いに越したことはありません。軍資金があればあるだけ、余裕を持った行動ができますし、何より精神的な安心感が得られます。
一方で、数十万円はおろかゼロ円から出発してなんとかやりくりされているフリーランスの方もいらっしゃいます。
しかし、フリーランスを経験している編集スタッフの私からアドバイスするとすれば、やはり少ない貯金額での出発は苦労が多いのでオススメいたしません。少なくとも、半年間はたとえ収入が途絶えたとしても生きていけるだけのお金は準備しておきましょう。(半年では足りない、1年分は必要だ、という意見もあるでしょう。)
私の場合、貯金額は満足のいくものではありませんでしたが、在職中から独立後のための人脈形成を心がけ、最低限の収入が得られる仕事が独立の瞬間から入ってくることを確信した上で退職しました。とはいえ、慎重になりすぎて独立のタイミングを先延ばしにしてしまうのも考えもの。『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』を心がけ、大胆かつ慎重に独立を考えてみましょう。