フリーランスブック

MENU

iPadがサブディスプレイになる『Duet Display』でフリーランス仕事が捗る!『Pro』でApple Pencilも使えるよ

Wordと画面共有したSafariを同時に閲覧できる。動作を統一できるためバラバラで使うより便利。
ノマド作業も多いフリーランスに必見のアプリとして評判の『Duet Display』。iPadがPCにUSBで接続するだけでセカンドモニタとして使えてしまうという便利なアプリです。USB接続のため遅延もなく、使い心地はいたって快適。フリーランスにとってマスト・アプリと言えるかもしれません。

イラスト制作を行うフリーランスのrasakasaさんは、DuetでPhotoshopのウィンドウをiPadに表示させてイラスト制作を行っているようです。iPadはタッチパネルだから、タッチ操作でPhotoshopが直感的に使えてしまうわけですね。その使い心地を訊いてみました。


iPad Proを購入したことをきっかけに、イラストや絵を描いてみようかなと思った人は多いのではないでしょうか。また、描くことを目的とされて購入された方も多いと思います。しかし、iPadのアプリにはやはり有料であれ無料であれ限界があるようで、塗りがイマイチ、エフェクトがイマイチと感じることも多々あります。

そこでiPadにパソコンの画面を共有してPhotoshopをiPadで使えば良いのではないかと考えました。ペンタブみたいな使い方をしてしまおうということです。それで見つけたのが、Duet Displayというアプリ。

このアプリはパソコンとiPadをLightningケーブルでつなぎ、画面共有する仕組み。他の画面共有アプリには無線接続もあるようですが、動作に遅延があるようです。このアプリは、元アップルのエンジニアチームが開発しているので遅延はほぼありません。ちなみにパソコンはMacのみならずWindowsでも可能です。
もちろん、iPad Proを接続すればApple Pencilによる操作も可能です。そのため、Photoshopでの操作が捗ります。ただ、ここまでの高性能を備えているため、価格は1,200円とアプリにしては高額。しかし、このアプリのすごさに慣れてしまうと安いと思うくらいだと思います。ちなみに、iPhoneにも一応インストールはできますが、動作は安定しませんし、画面も小さいのであまりメリットはありません。

Duet Displayのはじめかた

使い方は簡単です。まずiPadにアプリをインストールします。それだけでは使えません。パソコンの方にも『Duet Display』を導入しなければなりません。公式サイトからダウンロードしてインストールする必要があります。
ここまで環境を整えたら、iPadをパソコンに接続してiPad側で『Duet Display』を起動するだけ。すると自動で画面共有が行われます。

導入したての頃は、使い勝手を理解するためにいろいろなことを試しました。その中でも、Microsoft WordとSafariを同時に共有して見ることができるのはとても便利でした。記事の作成や、レポートの作成の時も参考サイトを見ながらWordも操作できますからね。確かに、今のパソコンであれば一つの画面に二つのソフトの画面を映し出すというのはできます。しかし、画面が細く、操作が少し面倒になるのも事実。ウインドウが小さくなるぶん、表示される箇所も限られますし、そのために拡大やページの移動をしなければなりませんからね。
また、わざわざ画面共有をしなくてもパソコンではWord、iPadではSafariを使えばいいと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、使ってみればわかるのですが、動作が一つのマウスで統一できるのは意外と大きいメリットです。バラバラで使うと、iPadで表示中のSafariの別のページを見たいとなった時、一回キーボードから手を離し、iPadを操作しなければなりません。『Duet Display』を使えば、マウスもキーボードもパソコンのものに統一されますから、いちいちキーボードから手を離さずに済みます。この動作自体は大したことはないかもしれませんが、一つのレポートや記事を仕上げるとなると時間を大きく削減できます。

Wordと画面共有したSafariを同時に閲覧できる。動作を統一できるためバラバラで使うより便利。

Wordと画面共有したSafariを同時に閲覧できる。動作を統一できるためバラバラで使うより便利。

iPadでPC版Photoshopを操作してみる

では、Photoshopと『Duet Display』を同時に起動して、画面共有で果たしてどれほど使い物になるのかを試してみたいと思います。起動すると、確かにiPadでPhoto Shopが起動しています。
duet-2
iPhoneが発売されてからというもの、スタイラスペンに頼らず指で直感的に操作できるということが重視されてきました。そのため、iPad Proが発売されるまでの間は、純正のスタイラスペンというものはありませんでした。しかし、やはり絵やイラストを描くとなると指では限界がありました。多くのサードパーティ製のタッチペンが売られていることがそれを顕著に表していると思います。細かなものを描いたりするには指では限界がありますからね。iPad Proと同時にApple Pencilが発売されたことで様々な意見がありましたが、絵を描く人にとっては最高のツールになります。

Apple Pencilにも対応

しかし、この『Duet Display』は純正アプリではありません。つまり、その性能を『Duet Display』では発揮できませんでした。例えば筆圧感知や、傾き感知。これらの機能がうまく活用できないのであれば、わざわざApple Pencilを購入しなくても、サードパーティ製のタッチペンで済んでしまいます。Apple Pencilはペンの割に1万円以上するという高級品。買ったのに、その性能を発揮できないというのは悲しくて仕方ありません。
しかし、さすが『Duet Display』というべきでしょうか。元アップルのエンジニアチームが作っているだけはあります。実はApple Pencilにもすでに対応しています。ただ、そのままでは使えません。

Duet Display ProでApple Pencilを試してみる

iPad側で『Duet Display』を起動すると上部に「Pro」と書かれているマークがありますよね。
duet-3
実はこの『Duet Display』にも『Duet Display Pro』というものが存在します。これはApp Storeで購入するのではなく、先ほどの画面の「Pro」をタップしアップグレード課金するという方式。年間1,200円の追課金になります。つまりこのアプリの性能をフルで使うとなると1,200円ではなく2,400円以上する高級アプリということになりますね。しかし、機能が魅力的なので試さずにはいられません。もし、あまり使わない機能であれば1年で課金をやめてしまおうという気持ちで1,200円追課金してみました。

課金すると同時になんとApple Pencilの筆圧感知、傾き感知が有効になっています。課金するまでは、iPadで描いたイラストを画面共有したPhotoshopで手直しをするという感じでしたが、課金した後は全て画面共有したPhotoshopで済んでしまいます。課金する前とした後の比較がこちらです。
duet-5

左はProで筆圧感知をオンにしたもの

左はProで筆圧感知をオンにしたもの

このように、筆圧に応じてペンの太さや濃淡が変わるようになっています。課金しなければ、筆圧に関係なく、普通の直線が描かれるだけです。もちろん、この機能はオンオフで切り替えられます。上の赤丸内をオンにすると濃淡が、黄丸内をオンにすると太さが筆圧によって変わるようになります。オフにするときも同様のところをもう一度押すだけです。

banner
このようにとても優れているアプリ。正直、頻繁に使わない人にとって『Pro』の2,400円以上という価格は手が出しづらいかもしれません。しかし、絵を本気で描きたい人やお仕事にされている方にはとても心強いアプリとなること間違いなしです。今回はPhotoshopやWordなどを使って画面共有をしてみましたが、他のアプリやソフトだとますます効率を上げることができるのかもしれません。

─rasakasaさん(21歳・男)


編集スタッフの私も、Duet Displayの愛用者。作業が多い日は、カフェでもPCとiPadを並べて『二窓』で効率よく作業しています。作業効率も飛躍的にアップするのでおススメですよ。