フリーランスブック

MENU

結婚をきっかけに仕事の効率を見直すように…パートナーのための、フリーランスの思いやり時短術

pexels-photo-349494
自分1人で好きなだけ仕事をするフリーランス。結婚して、パートナーと一緒に暮らすようになったら、ワークスタイルも変わるものでしょうか。

Sayaさんは、結婚してから仕事の仕方がすっかり変わったと言います。夫婦の時間を作れるよう、時間を意識して効率的に仕事をするようになったそう。


まずは旦那さんのために夜の時間をあけるように

結婚してから変わったことは、基本的に旦那さんがいるとき、作業をなるべくしないようになったことです。これまでは、時間さえあれば作業をしていました。土日祝日も関係なかったですし、休みだからこそフリーランスの仕事ができるといったところもありました。テレビを見ながらでもライターの作業やメールの返信などをやっていて、それでかなり稼げた時期もありました。でも、結婚してからはそうしたがむしゃらにやるのは旦那さんにストレスを与えるようなので、極力仕事している作業は見せません。作業スペースはリビングなので、必然的に晩ごはんの時間はやらないようになりました。土日も一日は外に出かけたりすることが増えたので、作業日数も減ったと思います。

作業はしない分、夜は旦那さんの一緒に食事をしたりおしゃべりしたりめいいっぱいコミュニケーションをとるようにしています。今は子どもがいないので、旦那さんが大きな子どもといった感じ。それでも、そうした時間で英気を養って頑張って仕事をしてきてくれるので、目をつぶっているところがあります。もちろん食事も基本しっかり手作りで、専業主婦風にこなしています。

家事全般は多少の時間がかかるように

基本的に、見た目は専業主婦で家事全般は自分がしています。よく結婚するとやることが増えるという人がいますが、これまで一人暮らしをずっとしてきているので、家事の手間は思ったほどには変わっていません。
もちろん、一人分のところが二人分になっているので、多少に時間はかかっています。でも、洗濯などは洗濯機がやってくれるから干す量が二人分になったくらい。食事については多少食費を計算するようにはなりました。しかし食材ロスも減るので、沢山作る手間が増えたくらいかなと思います。専業主婦風なので、旦那さんも時々は洗い物をしてくれます。そういうときはとにかく、「ありがとう」と言って甘えます。心の中では、洗い方とか気になることもありますが、一人のときは全部自分がしなければいけなかったので、やってくれるだけありがたいって思うようにしています。その間にちょっとした仕事もできるので、細かい事は目をつむるようにもなったのは変化かなって思います。

スマホでかなりの時間短縮&作業の効率化が進む

単純に夜の時間を作業に当てられなくなったため、仕事上での時短はかなり意識するようになりました。メールなどのやりとりは、基本的にスマホで対応し、出かけている先で片付けることも。チャットワークなどのアプリも入れて、すばやく対応できるようにしています。
また、いままではこまめに休憩をしたりしながら仕事をすることが多かったのですが、旦那さんが帰ってくるまでにやりきらないと!と思い、作業を日中はひたすらやるようになりました。
仕事も単発の仕事を息抜きにやることが多かったのですが、そうしたものは極力避けて高単価なものに絞り込むように。作業に時間がかけられない分、質の高い仕事だけに厳選して短時間でもいままでと同じくらい稼げるような工夫をしています。正直、日記記事などの10円単位の仕事も大好きなのですが、今は背に腹は変えられないので我慢している感じです。

banner

「どうしても」なときは、カフェにエスケープ

それでも、フリーランスも締め切りを抱えているので、たまには残業的な作業をこなさなければいけません。旦那さん優先とはいえ、こちらの仕事も減っては困るのでそうしたときはカフェにエスケープします。いわゆるサードプレイスと呼ばれるものでしょうか。
幸いにして近所にスタバがあるので、大好きなラテでも飲みながら作業を一気に仕上げることが多いです。なるべく旦那さんが遅く帰ってくる日などにやりますが、帰ってくる日は彼の好物であるグラタンを用意して、メモを残しておきます。今のところ二人だけですし、彼も一人時間が必要な人間なので、今のところはこれでうまくいっています。

子どもができた時のために実績作り

あと、とにかく今後子どもができたとき、仕事を探す手間なども削っていかないと仕事が続けられないと思っているので、実績を作るために仕事をしている感じです。なるべく継続案件を引き受けるようにしていますし、プロフィールなどもこまめに変更しています。理解あるクライアントさんだと、そうした女性のライフスタイルの変化も意識してくれるので、忙しいときは一時的に仕事を休めたりします。とにかく、クライアントさんとのコミュニケーションは第一という感じです。
最悪の場合、子育て期間中に仕事ができなくなる可能性もあるので、DINKS期間に貯めるだけ貯めておこうと思って仕事をしています。それに、子育て中は家の外に出られなくなることもあるため、今のうちに必要と思えるパソコンなどを買い替えて置いたり、スマホなども新しくしたりと環境を整えることも意識しています。とにかく、結婚して将来のことを考えて行動するようになったことが一番の変化かなと思います。

─Sayaさん(33歳・女性)


結婚をきっかけに、テキパキと効率的に仕事をこなせるようになったSayaさん。仕事も家庭も充実されているようで、羨ましいですね。