フリーランスブック

MENU

もしも英語ができたなら…逃した魚はデカかった?フリーランスの苦い失注エピソード

austin-neill-168427
もしも英語が話せたら…。
今回は、「英会話」というスキルが無かったがために、仕事のチャンスを逃してしまった苦い実体験エピソードをご紹介しましょう。

私は(まだまだ駆け出しですが)翻訳者として仕事をしています。翻訳会社から仕事をもらっていますが、クラウドソーシングのwebサイトからも受注しています。
いくつかの日本のサイトに登録していますが、海外の同様のサイトにも登録してみました。
もっとも、どんな案件があるのか覗いてみるだけのつもりで、まだ積極的にそのサイトを使うつもりはありませんでした。

翻訳についてのよくある誤解

ここで、翻訳者という職業について、よくある誤解を解いておきたいと思います。
まず、翻訳の仕事の対象は、小説などの書籍だけではありません。実際は、ビジネスメールや製品の取扱説明書、技術資料などの、産業翻訳と呼ばれる分野の方が圧倒的に大きいのです。
そして、翻訳する内容はしばしば専門的であるため、単に外国語に精通していれば訳せるものではありません。裁判の判決文や学術論文は、日本語ネイティブが日本語で読んでも難しいことを考えれば、納得していただけるかと思います。
逆にいえば、専門分野の知識があり、対応する外国語の表現を知っていれば、翻訳の仕事はできるのです。
ですから、翻訳者であっても、外国人と英語でやり取りするのは苦手、ということは珍しくありません。

banner

突然の連絡

本題に戻ります。その海外サイトでは、依頼する側から「こういう案件がありますがどうですか」と、持ちかけることができます。そして英国のベンチャー企業が、私のプロフィールを見て、コンタクトを求めてきました。
登録したばかりだったので驚きましたが、駆け出し翻訳者としては願ってもない話ですが、残念ながら直近のスケジュールは既に埋まっていたため、お断りしました。
「他に期限に余裕のある案件もあります」ということだったので、「やりたいです!」と飛びつき、私の実力を判断するための翻訳サンプルを送るなど、サイトのチャット機能を使って英語でやり取りしました。
その流れの中で、先方が電話番号を示し、「電話してほしい」と言ってきました。

英語を話せない翻訳者

私は化学分野の技術文献が専門で、ビジネス交渉の経験はあまりありません。それまでのやり取りは表現を調べながら対応しましたが、音声での会話となるとお手上げです。特にリスニングは苦手です。相手の発言を誤解してトラブルになりかねないと思い、「リスニングとスピーキングは苦手なので」とお断りしました。
結局そのまま、英国ベンチャー企業との連絡は途絶えてしまいました。

もしも英会話ができたなら

やり取りの中で他の翻訳者の訳を受け取ったのですが、明らかな誤訳が少なからず含まれていました。また、電話での会話を求めてきたのは、先方も私に興味を持ったからだと思います。
英会話ができたなら、この会社の仕事を取れたのではないか、と思っています。

─大沢みなみさん(30歳・男性)


翻訳者にとっての英会話能力だけでなく、「このスキルがあればもっと仕事の幅が広がるのに…」というもの、あなたにもありますか?自分自身のためにも、日々新たな能力を磨くべく精進したいものですね。