フリーランスブック

MENU

フリーランスにオススメ!本当に使えるiPadアプリ2選

pexels-photo-196649
iPad使ってますか?
映画を観たり雑誌やコミックを読んだりと、エンタメを楽しむためにも活躍するiPadですが、仕事の効率化やライフハックにも大活躍。今回は、フリーランスの方にもオススメな「本当に使えるiPadアプリ」を愛好家に紹介していただきました。

マインドマップで頭の中を整理!「SimpleMind+」

日々の仕事の中で、頭でいろいろ考えているけれど、なかなか具体的な内容にならない、という事はありませんか?
頭だけで考えていると、1つ1つの内容のつながりがわかり難いので、そのような事になってしまうんだと思います。
「マインドマップ」って聞いた事ありますか?
自分の頭の中にある考えやアイデアを視覚化する思考・発想法の事です。
この「マインドマップ」を使うと、考えやアイデアが整理され、新たな発想が生まれたり記憶力が高まると言われています。
このため、自分だけでなく、チームでブレインストーミングする際にも活用されています。

SimpleMind+の使い方

「SimpleMind+」は、この「マインドマップ」が作成できるアプリです。
具体的な使い方をご説明します。
まず最初にセントラルイメージという考えるテーマを画面の真ん中に描きます。
次にセントラルイメージに関連するキーワードをブランチ(枝)として作成し、つなげます。
ブランチは、セントラルイメージの右側に表示される「+」ボタンから作成できます。
このようにして、全体にまんべんなくブランチを広げていくことで、
自分の頭の中が整理でき、広げたキーワードから新たな発想が生まれてきます。

この作業、紙に描く場合、ブランチの位置変更やキーワードの描き変えが大変面倒になるのですが、
アプリの場合、自分の思い通りに追加・削除し、つながりが整理できるので非常に便利です。
特にブランチの操作がなめらかで、直感的に操作できるため、気持ち良く作業できます。
明るい色でカラフルに仕上げたり、チャート形式に仕上げたり、
描けるスタイルも10種類以上用意されていますので、自分の気分に合わせて作業できます。

このアプリ、無料版でも「マインドマップ」を作成できる機能が十分備わっていますが、
完全版(有料)にアップグレードすると、これらの他にも魅力的な機能が使えるようになります。
例えば、作成したデータをDropboxやGoogleDriveなどのクラウドストレージサービスに同期できたり、
メールを送る際、PDFやPNG、アウトラインテキストの形式で出力できるようになります。
離れたブランチとブランチを線でつないだり、写真やURLをメモで残せるようにもなりますので、
「マインドマップ」の作成に慣れてくると、非常に重宝すると思います。

アプリを使う事で、時間や場所を気にせず、自分の思いつくままにアイデアを書き出し、
視覚化して整理することで、何が重要であるか、そこから何が生み出せるか見えてくると思います。
興味のある方はこのアプリで試しに「マインドマップ」を作成してみてはいかがでしょうか?


写真のプライバシー保護に最適!「Photo消しゴム」

写真などの画像データをSNSへ投稿する際、プライバシー情報はどのように保護していますか?
プライバシー情報とは、その人の顔だけでなく、その場所を特定する文字情報や製品情報だったりします。
プライバシー情報が写真に写ってしまっているため、投稿を諦めたり、
わざわざパソコンに取り込んで写真を編集している、なんて事になっていませんか?
今回ご紹介する「Photo消しゴム」は、このようなプライバシー情報が写った写真を
編集・保護したい時に、とても便利なアプリです。

Photo消しゴムの使い方

このアプリの使い方はいたってシンプルです。
アプリを起動すると、丁寧に「ここからスタート!」と、カメラ撮影or写真ライブラリを選択するよう誘導してくれます。
写真を選択するとTwitterやFacebookなど、SNSの適正サイズにリサイズできるように予めサイズが用意されているため、
後で写真サイズを変更するとか、変更したサイズで内容を確認するなどの手間が省けます。
リサイズした後は、写真に写っているプライバシーに関わる部分を指でなぞって編集するだけです。

banner

編集方法は「ぼかし」と「着色ぼかし」の2種類あります。
「ぼかし」は、その名の通り写真を背景色でぼかしていく事ができます。
「着色ぼかし」は最初に触った箇所の色でぼかす事ができるので、目立った汚れなどを消す事に利用できます。
最大20倍にズームできるので、細かなところまで編集したり、編集した結果を確認する事もできます。
また、間違って編集してしまっても「拭き取り」機能で簡単に元の写真の状態に戻せるところが便利です。
ちょっと間違っただけで、最初からやり直しになったら残念ですからね。大事なポイントです。

編集作業が終われば、編集後の写真をライブラリに保存する事ができますが、
そのままTwitterやFacebookなどのSNSに投稿する事もできます。
この時、データに保存されているExif(イグジフ)情報という撮影場所や撮影日時についても、
きちんと削除してくれる機能があるため安心です。(Exif情報は削除する項目まで細かく選べます)

写真などの画像編集系アプリは数多くありますが、
無料アプリの場合、広告がうるさくて使えなかったりするんですが、このアプリはそれがありません。
編集機能も、「ぼかし」「Exif情報削除」「SNS投稿」など、必要機能に限定されているため、
非常にわかりやすく、操作を間違う事もありません。
写真のプライバシー保護などの画像編集は、日常のちょっとした作業になりますが、
このようなちょっとした作業を楽にしてくれるアプリは是非インストールしておきたいところです。


─協力:pheasantさん