フリーランスブック

MENU

やっぱり気になる?フリーランスの自宅デスク、見せてもらいました!

desk3
他のフリーランスが普段仕事や作業をしている自宅デスク、どうなってるのか気になりませんか?
そこで今回のフリーランスブックでは、4名のフリーランスさんにお願いして自宅の仕事用デスクをこっそり見せて頂きました!気になる「他人のデスク」を見ちゃいましょう。

やしまさんのデスク

desk3
現在私は小説を執筆する傍らwebライターとして活動しております。
フリーの在宅ワーカーは自分のペースで仕事をすることができるので、子供がちいさくとも時間を見つけて働くことができるのが利点です。ちなみに私も現在子育ての真っ最中、子供は今年ようやく幼稚園の年少になりました。
在宅で仕事をしていると、私の場合一番の敵はなんといっても『自分』になります。
もともと完全なインドア派なため、自宅にいる時が一番忙しいのじゃないかというくらい、家にいると本当に誘惑が多いのです。
動画配信サイトで気になっている海外連続ドラマや映画、漫画や小説、スマホゲームなど気がつけばあっというまに時間が過ぎ去ってしまいます。
desk2
そんなわけで仕事用のデスク周りは余分な誘惑をすべて排除した大変シンプルな状態になっています。
在宅だと家事などの生活をする時間と仕事の時間とがどうしても曖昧になってしまうのですが、このデスクに座ると「さあ、仕事をするぞ!」ぴりっと気持ちが締まります。
子供が産まれる前までは二階の私室で作業をしていたのですが、今は一階のダイニングテーブルにPCを持ち込み仕事をしています。
どうしても子供の相手をするちょっとした隙に仕事を進めていかなければならないので、一階と二階を行き来するだけでも意外と難になるのです。
少々行儀が悪いことは自覚しているのですが、今だけと割り切りしばらくはこのまま過ごす予定です。


Papanさんのデスク

desk
基本的には仕事はカフェなどの外で行うことが多いです。妻も子供もいるので、落ち着いて仕事をするには外に出るのが一番です。
クライアントさんとの打ち合わせや取材もカフェが多いので、一日に数件のカフェをはしごすることも。ただ、仕事が溜まってしまった時だけは、自宅のデスクで仕事をしています。
大したこだわりはありませんが、シンプルで収納の無い机を好んで使用しています。引き出しなどと便利なものがあると、大事なモノをどこにしまったか直ぐ分からなくなってしまいます。ですので、すべてを机の上で管理できるようにしています。

デスクに置いてある、仕事で使うアイテムをメインに紹介していきます。
まずはデジカメです。主に取材などで写真を撮る必要があるときに使用しています。スマホでパシャというのもアリなんですが、スマホのカメラでクライアントさんの顔写真などを撮るのも失礼にあたる様に感じるのは私だけ?!
メインで使っているノートパソコン。ラメラメなBODYがかなり気に入ってます。「存在感が凄いな」みたいな。カフェで仕事をする時もかなり目立ってます(笑)。OSはWindows10で、最近、実装4,00GBにメモリを増やしたので、古いパソコンですがまだまだ現役です。ノマドワークで一番大事なのは、自分のテンション?このパソコンが無ければ、テンションが上がりません。
机右にあるのは、iPadproです。Word、Excelをインストールしているので、ノートパソコン替わりとしても使用しています。正直、かなり“使えます”!!“one drive”や“i cloud”でファイルも保存・共有が出来るので、メインのノートパソコンと上手に使い分けています。クライアントさんとの打ち合わせでは、重宝しています。正直、簡単な仕事ならタブレットだけでも問題ないかもしれません。
iPadproの下にあるのが、タブレット専用のキーボードです。Bluetoothで簡単接続なので、かなりスマートに使用することができます。とても軽いので、タブレットとセットでも片手で簡単に持ち運べるのが嬉しいです。

これが、私のデスクとお仕事道具です。


CHIHIROさんのデスク

DSC_7056
本当はL字デスクが欲しかったのですが、スペースの都合で幅180cm×奥行74cm×高さ73cmのワークテーブルを利用しています。折りたたみ式(持ち運び用取っ手付き)で、折りたたんだ時の厚み8cmというスリムさと5200円という値段が魅力でした。

幅180cmは作業スペースを広くとるためにこだわったサイズです。タワー型PC本体、31.5型モニター、ノートPCを置いた上、さらに参考資料や本が置けます。

奥行74cmは、マイクロソフト社のエルゴノミックキーボード&アームレストを置くこと&キーボードを片付けなくても手帳やノートを広げるスペースが確保できるという点で譲れませんでした。

モニターは31.5型を使用。ブラウザ・文章作成ソフト・画像編集ソフトなど、複数のソフトを立ち上げて作業をすることから、広いモニターを使っています。

banner

テーブルの設置場所はリビングです。子供達が宿題をしたり、遊んでいる横で仕事ができるのがメリットです。育児中の母親にとって重要なポイントだと思います。

ただ、家族がリビングに集う休日は仕事に集中できないのが難点です。さらに仕事中はデスク周りが資料や本で溢れているので、原稿締切直前はとても自宅にお客様を呼べる環境ではありません。私としては80%くらいの満足度のデスク周りです。


cozyさんのデスク

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e8%87%aa%e5%ae%85%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%9b
私のデスクはシックな色合いで、いつも落ち着いて仕事ができます。何よりL字型をした、比較的ゆったりしたサイズが自慢です。しかし置いているものといえばWindowsのノートパソコン、マウス、電気スタンド、文房具入れ、予備のMacbook、プリンターだけです。フォルダはデスクの下、ブックスタンドは脇という配置です。
インターネットは無線ですし、ノートパソコンの電源も延長コードを使って、ぐるっとデスクの後ろ側のコンセントに繋ぐようにしています。デスクの上も周囲も、ゴチャゴチャしないように心がけています。資料で山積み!という人のデスクをたまに見ますが、自分はああいう環境だと、とても仕事ができません(資料を必要とする仕事が少ないというのもありますが)。シンプルすぎる感は否めないので、空いたスペースに小さな観葉植物やアロマ製品を置けば、もっといい環境になるかもしれませんね。
%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e8%87%aa%e5%ae%85%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%9b
実のところ、冬になるとこの仕事部屋はいささか寒いので、ノートパソコンを電源アダプターごと持ってこたつのある和室に移動してしまいます。そんなときはろくに使っていないデスクに対し、申し訳なく思ったりもします。


デスクにもそれぞれの個性が現れるようで、楽しいですね。
なんだか私も、今すぐデスクの整理整頓を始めたくなっちゃいました…。