フリーランスブック

MENU

フリーランスで働く人たちにとっての札幌

sapporo

ここでは、札幌で働くフリーランスの方と働こうとしている方に役立つ情報を紹介します。主な活動領域と仕事を進める上での注意点、最後に札幌市内で便利なコワーキングスペースや各種支援に関する情報をお届けいたします。

札幌で人気のフリーランスはどんな仕事?

一般に、フリーランスで働いている人が多い業種といえば、Web業界やデザイン業界です。他にも、カメラマンやライターといった職業もフリーで働いている人が多いです。札幌では、Webに関するお仕事(HTML、CSS、構築、コーディング、WEBデザインなど)が多いと言われています。
具体的な数字は出ていませんが、そういった技術を活かしている人の求人やお仕事が多いことからそう捉えられています。また、もともと北海道出身だった方が、東京や大阪で何年か仕事をしたのちに、仕事のつながりを持ったまま、札幌を拠点にフリーで仕事をしているケースも多いのです(UターンやIターン)。
「仕事のつながりを持ったまま」という点がポイントで、慣れ親しんだ札幌に拠点を設けつつ、クライアントとはメールやスカイプで商談を進めているのです。思い切って、札幌に戻るくらいですので、技術力やビジネス構築力でも力のある方が多いようです。

かつてライブドアで活躍されていたBLUB株式会社の阿部さんは札幌と東京を行ったり来たりしてビジネスを進めています。

フリーランスで働く際は、こういう点に注意したい!

フリーランスで仕事をする際はさまざまなことに注意が必要です。特に、受注額が低くなりすぎないようにしなければなりません。受注額は仕事の質と相場によって決まります。相場とは、一言でいえば居住地域の物価水準です。
全国物価指数によると、札幌は東京や大阪同様に全国的には物価水準が高い地域ですが、それでも東京と比べて10%近い差があります。場合によっては、それよりも安い金額が提示されることになります。ですが、成果物の質が落ちてしまっては、元も子もありません。
札幌で働いていてフリーになるのなら、自身の技術力の維持向上をより強く意識していただきたいと思います。コワーキングスペース等を利用しての情報交換もおすすめです。

札幌ならではフリーランス支援

札幌は、大都市です。ほかの地方都市にはないフリーランス支援に繋がるプログラムがあります。
1つは、札幌と北海道に特化しているクラウドファンディングです。クラウドファンディングは、Webを通じた新たな資金調達手段であり、お仕事を直接に確保できる手段ではありません。ただ、クラウドファンディングに出品・支援を要請している事業等の内容は、普通ではなかなか知りえないモノです。人と人の繋がりやビジネスの機会を広げるチャンスになるはずです。
一方、札幌のコワーキングスペースでお薦めなのは、「ドリノキ」です。スペースとしての特徴は、簡易オフィスとしてのブースエリアを契約できることです。上で紹介している阿部さんのBLUB株式会社もここにありました。オフィスを設けたらコワーキングスペースへの足が遠のくといった方をよく聞きます。惜しいことです。オフィスを持つほど成長したからこそ、より多くのビジネスチャンスのために、スペースを活用できないでしょうか。「ドリノキ」では、そのまま簡易オフィスを持つことができるので、その点おススメです。