フリーランスブック

MENU

記事ライターのフリーランスを徹底解説!

記事ライター
年収 約 300 万円
※モデル年収算出にあたっては、過去5年間の統計資料と実際のインタビュー(アンケート含む)取材を参考にして独自に算出しております。

記事ライターの現役フリーランスの言葉

  • 「自分の記事が載ってる雑誌を書店で見ると嬉しくなる」
  • 「自分が調べて記事にした情報が人の役に立つのはやりがいを感じる」
  • 「憧れの著名人の記事が書けるなんて最高にハッピー」
※事前に集計したアンケート内容を基にしております。

記事ライターってどんな仕事をしているの?

出版社や編集プロダクションの依頼を受け、雑誌や書籍の記事を作成します。仕事を請ける際は、出版社から「こんな記事を書いてほしい」と指示がありますので、それにそって文章を書いていきます。誤字脱字がなく、わかりやすくて読みやすい文章を書くことが何より大切。フリーランスの記事ライターの腕の見せどころです。
仕事によっては、有名人や実業家へインタビューを行なって文章にまとめる取材記事を書くこともあります。また、最近は雑誌や書籍だけでなく、Webサイトの記事を書く仕事が増えています。

記事ライターの仕事につくきっかけ

大手出版社や編集プロダクションで働き、記事の書き方や文章のルールを学んでから独立するのが一般的。会社員時代はいろんなジャンルの記事を書いていたが、働いているうちに書きたいテーマがみつかり、それがきっかけで独立した……なんて人もいます。珍しいところでは、雑誌の読者コーナーに投稿を重ねていたら「記事を書いてみませんか」とスカウトされた、なんて。
昨今は、人気ブロガーになったことがきっかけで出版社から声がかかり、フリーランスの記事ライターに転向する人もいます。また、クラウドソーシングでの仕事発生率が高いというのも、この記事ライターの仕事の特徴です。もっとも、能力次第で単価も著しく変化しますので、記事を書く力を向上させる努力が必要になります。

成功の秘訣

成功の秘訣は、得意な分野を持つこと。「○○について書かせたら誰にも負けない!」そんな分野を持つことです。例えば、車に詳しい記事ライターには、やはり車雑誌や書籍の仕事がやってきます。音楽に詳しい記事ライターなら、やはり音楽関係の記事を任されることが多いものです。
「これについて語らせたら右に出る者なし!」「このジャンルなら、私、得意!」そう宣言できる分野を持っていると、フリーランスとして活躍の場を広げていくことができるでしょう。特に、需要があるのに書き手がいない、そんな専門性の高いジャンルに詳しいと有利です。

記事ライターのフリーランスとして働く人たちの生の声

フリーランスで記事ライターをする喜びは、やはりなんと言っても自分の書いた文章が記事になって雑誌に載ること。「自分の記事が載ってる雑誌を書店で見ると嬉しくなる」
「自分が調べて記事にした情報が人の役に立つのはやりがいを感じる」そんな声がフリーランスの現場からは聞こえてきます。

また、仕事によっては芸能人や実業家などにインタビューができることもあります。
「憧れの著名人の記事が書けるなんて最高にハッピー」そんな声も……。

会社員と異なり、働くペースや時間帯を自分で決められるのもフリーランスならではの魅力です。

求人情報の見方

いったん出版社や編集プロダクションで働き、ノウハウを身につけてからフリーランスを目指す場合は「編集職(編集アシスタント)」「雑誌制作スタッフ(制作アシスタント)」などの求人をあたってみるのがよいでしょう。
会社勤めをせず、すぐにフリーランスで働いてみたい!という場合は、まずはWebサイトの募集をあたってみるのがおすすめ。人気求人ポータルサイトでは、Webサイトの記事を書いてくれるフリーランスのライターを募集していることがあります。まずはWebの記事から始めてスキルを磨いていってはいかがでしょうか。