フリーランスブック

MENU

YouTuberのフリーランスを徹底解説!

youtube
年収 約 750 万円
※モデル年収算出にあたっては、過去5年間の統計資料と実際のインタビュー(アンケート含む)取材を参考にして独自に算出しております。

YouTuberの現役フリーランスの言葉

  • 「好きなコトして、生活をしているわけですからね、なんの不満もないです、不安はあるけど」
  • 「思いもかけない人から動画制作の依頼が来てびっくりした」
  • 「ターゲットはずばり世界中」
※事前に集計したアンケート内容を基にしております。

YouTuberってどんな仕事をしているの?

フリーランスのYouTuberは、自分で制作した動画をYouTubeにアップロードしています。
資格も学歴も問われない誰でも就ける職業ですが、生計を立てられるほどの収益を得るのは相当の工夫と努力が必要です。そもそもこの仕事は、方法も人によって異なり、動画公開の頻度もまた違います。公開本数にノルマを課してそれにそった撮影、編集を行なう人もいます。
多くのYouTuberは撮影と編集を自宅で行ない、それは概ね一日で終わります。一方で、自身の公開した動画が多くの人に支持されPV数が著しく増えてYouTuberとして認知されるようになると、ベンダーが用意した六本木にあるスタジオでの撮影や編集ができるようになります。
動画を制作するときは独りよがりの作品ではなく、視聴者が楽しめるかどうかの視点に気をつけなくてはなりません。

YouTuberの仕事につくきっかけ

フリーランスのYouTuberとしてやっていこうと決心するときは、やはり人とは違うことをやっていきたいと思う人が多いようです。
一度しかない人生は思いっきり楽しみたい、と考える人が多いのも特徴と言えるかもしれません。
しかし、すぐに収入に結びつく職業ではない上に、成功するかどうかわからないので決心するのに大いに悩む人も少なくありません。が、もともと表現することが大好きで、世の中の流行に敏感だと自覚があり、そして面白いことが好きな人は、YouTuberに向いていると言って差し支えありません。
まず始めてみること。そして、視聴者の反応を注視しながら、どういう動画がウケるのか自分で見つけ出していくことです。そして、諦めない気持ちを持ち続けることです。

成功の秘訣

成功の秘訣は、多くの成功したYouTuberが共通して語っていることがあります。
誰もやらないことをやる。そして、それにどれだけの視聴者を集められるか。この2点だけです。
こつこつがんばって動画を作り続けている、というだけではダメです。視聴者が増えないのは、必ず原因があります。
例えば、他の人気YouTuberとコラボレーションした動画をアップロードしてみる。それが人気を呼んで、自身の知名度を上げることができるかもしれません。そういうことからも、まったく1人だけで仕事をするのではなく、日頃から他のYouTuberとの交流を心掛けることも大切です。交流会のようなイベントが頻繁に開催されていますので積極的に参加するといいでしょう。
もう一つ、大事なこと。有名YouTuberは寄せられたコメントに必ず返信をしています。自分のファンを大事にすることを忘れないでください。「面白くない」というコメントに対しても、真摯に答えること。心を折ることなく次に進むこと。

YouTuberのフリーランスとして働く人たちの生の声

「好きなコトして、生活をしているわけですからね、なんの不満もないです、不安はあるけど」

毎日動画をアップロードしているフリーランスのYouTuberの場合、プライベートな時間がないほど動画に時間を費やしている人もいます。しかし、好きなことをしているのでストレスは感じず、毎日が充実して楽しいと言います。

「思いもかけない人から動画制作の依頼が来てびっくりした」

そして、YouTuberになってよかったと思うのは、ほかの職業に就いていたとしたら出会えなかったような人とたくさん出会えたことだとも言っています。広がった人脈からさらに良い作品が生まれるということにワクワクするのだ、と。

「ターゲットはずばり世界中」

あるYouTuberは、小さいスクリーンの奥に世界中の何億という人が見ているかもしれないので、どこからチャンスが生まれるか解らないところに興奮するのだと熱く語っていました。

求人情報の見方

フリーランスとしてのYouTuberは、1人で起業し、動画による広告収入を得ます。この動画で企業の目を引くことができれば、タイアップ依頼が発生することがあります。
最近では、YouTuber専門の人材エージェントや、広告主とYouTuberを結びつけるプラットフォームができています。エージェントに登録すれば、さまざまなサポートがあるので、動画制作に集中することができるというメリットがあります。あるエージェントは、有名YouTuberが経営を兼任していることで話題になりました。YouTuberを目指す人も応募可能となっているようです。著名Youtuberが所属しているエージェントなど、興味がある方は検索してみてください。サイトからエントリーも可能です。