フリーランスブック

MENU

ジャーナリストのフリーランスを徹底解説!

ジャーナリスト
年収 約 300 万円
※モデル年収算出にあたっては、過去5年間の統計資料と実際のインタビュー(アンケート含む)取材を参考にして独自に算出しております。

ジャーナリストの現役フリーランスの言葉

  • 「言葉の力を信じ抜く」
  • 「正しいことは正しい、間違っていることは間違っている」
  • 「社会に自分の声を届けること、そして少しでも暮らしやすい社会に」
※事前に集計したアンケート内容を基にしております。

ジャーナリストってどんな仕事をしているの?

フリーランスのジャーナリストとは、新聞社や雑誌社、メディアなどの報道機関で取り上げられるニュースを追いながら、個人の見解や考えを執筆する職業。
時に、自らの主張や見解を独自の鋭い目線から世に送り出すため、メディア出演することもあります。ジャーナリストとひとことで言っても、その領域は幅広く、さまざまなジャンルが存在します。政治経済、スポーツ、芸能などの分野がよく知られ、身近な存在です。得意とする分野に突き進み、深い知識とマナーを蓄えることで、社会に役立ち、なおかつ自分自身の財産とすることができる職業です。

ジャーナリストの仕事につくきっかけ

フリーランスで働くジャーナリストの多くは、その専門分野に情熱を注ぎ、独自の目線で表現したいと考えたことがこの仕事につくきっかけになっています。
「物事に対して掘り下げていく精神」、「執筆活動や・メディア出演を通して世に考えを送り出す責任感」、「決められた枠以外での柔軟な対応」などを持ち合わせた、その道のエキスパートたちが揃う職業です。素人目線ではなく的確に、そして厳しく考えを述べなくてはいけません。新聞社、報道機関の記者と違う鋭い感性を最大限に活かすことが求められます。
知識や感性を磨きたい方がジャーナリストとして活躍の場を広げています。

成功の秘訣

成功の秘訣は、「批判を受け止める姿勢」ではないでしょうか。編集者、読者の双方から批判されることもあります。手厳しい批判や意見は、そのジャーナリストをたくましく成長させる特効薬でもあります。十人いれば十通りの考えがあるように、たくさんの批判はこの仕事に付きものです。あたりまえ。同意だけではなく、物事を判断するためには批判もしっかり聞き、今後の参考にすることが大切です。
「失敗は成功のもと」とよく言います。失敗から成功を生み出すには、自らの間違っていたことや足りないことをしっかりと考えてから次の行動を起こさなければいけません。

ジャーナリストのフリーランスとして働く人たちの生の声

「言葉の力を信じ抜く」
「正しいことは正しい,間違っていることは間違っている」

社会に情報をしっかり伝えることがフリージャーナリストの使命。自ら執筆した文章、メディアでコメンテーターとして出演した時の言葉の力をたくさんの人々に評価してもらえるやりがいのある仕事だというのが、多くの人たちの共通意見です。チームの力で成功を手にする会社員とは違い、個人で黙々と仕事をしている時間が長いのですが、1人きりで完結できることばかりではありません。新聞社にせよ雑誌社にせよ、その担当者とのコミュニケーションができてこそ、発表の機会が生まれます。

「社会に自分の声を届けること、そして少しでも暮らしやすい社会に」
社会との接点を意識せず、ジャーナリストの使命を果たすことはできません。

求人情報の見方

多くの人がフリーランスで活躍しています。 一般企業とは違い、簡単には求人情報に出会うこともありません。新聞社や出版社・雑誌社、報道機関に自らを売り込み、どんなジャンルが得意なのかを知ってもらう営業をすれば、ジャーナリストとして前進できます。この仕事に必要な資格はなく、どんな人でもジャーナリストとして活躍できるチャンスがあります。とは言え、簡単に誰もがジャーナリストになれるわけではありません。
どの学校を卒業すれば良いとか,資格を取得してなることができるといった職業ではなく、自分の腕一本で勝負できる仕事です。いろいろな境遇のいろいろな立場の人たちに出会い,自分の興味あるテーマと関わりながら仕事を続けることから、自身の可能性が開けていきます。