請求書の送付状を英語で書きたい!

請求書の送付状を英語で書きたい!

日本では請求書類を送付する際、「送付状」を同封する習慣があります。

これはアメリカをはじめとする海外でも同じです。

英語では送付状のことをカバーレター(Cover Letters)といいます。

アメリカ式のカバーレターの場合、基本的には左寄せで書きます。
これはタイプライターを使っていたころの慣習のようです。

また自社名・住所などの情報は中央上部に配置されることが多いようです。

英語の送付状 事例紹介

請求書送付用の簡単なカバーレターを使って、英語での送付状の内容を確認しておきましょう。

英語の送付状

こちらのサンプルをもとに、英語の送付状に書き記す内容をチェックしましょう。

  • 日付:August 31 yyyy

    送付日を記入しましょう。

    英語で日付を書く場合は、月→日→年の順で書きます。月は、例のようにAugustやJuneなど英単語で書き、日付と区別します。

  • 担当者名:Mr.Anata Smith

    「Mr.Mrs.」などは「様」にあたります。

  • 担当者部署:General Affair Department
  • 取引先社名:ZWXWV UTSR Inc.

    ここから本文にはいります。

  • 担当者名:Dear Mr.Smith

    「Dear」=「拝啓」になります。

  • 本文内容

    本文を記入します。

    (事例の訳文)
    御社よりの6月30日付のご注文、大変ありがとうございます。
    弊社よりの請求書を同封いたしておりますので、ご査収ください。
    早めのご入金をいただけますと有難く存じます。

  • 締めの言葉:sincerely yours,

    「sincerely yours,」=「敬具」になります。

  • 送付者氏名:Taro Jibun
  • 同封書類内容:Enclosures:INVOICE #0001

    同封した書類名・番号を記入しましょう。”Enclosure”は、「同封物」「封入物」という意味です。

英語の送付状を必要とするシーンが多いお仕事をしていらっしゃるなら、カバーレターを作成して保存しておきたいですね。

Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。