入金額が請求額より少ないのですが・・・

入金額が請求額より少ないのですが・・・

振り込まれた金額が、請求した額よりも少ない?
まず、実際の請求額と、振り込まれた金額との差額を明らかにし、該当する値引きなどの取引がなかったか、また源泉徴収額の差し引きではないかを確認しましょう。

  • 請求書の作成は「Misoca」がおすすめです。たった1分で作成可能!回収保証などの便利なサービスもあります!ぜひお試しください。

社内での確認をしましょう

その取引先の担当者に値引き等の契約をしていないか、支払金額について取引先と話をしていないか確認をしてください。

取引先と確認をとりましょう

結果、経理側とのコミュニケーション不足によるミスがこちら側にある場合には、正しい請求書の送付を知らせ、前請求書の破棄をお願いすると良いでしょう。

またこちら側にミスがない場合は、取引先経理担当に請求額と入金額が合わないことを知らせ、その理由・対応など話し合い、不足分の処理をどうするかを相談しましょう。

(1)後日、入金してもらう。
(2)次月以降に残高分を再請求する。

上記、いずれかの方法があると思いますが、取引先と継続的に取引が発生している場合は(2)を選択することをオススメします。

予め源泉徴収額が差し引かれている場合もあります

自分がフリーランスの立場で取引を行なった場合、先方側で予め源泉徴収額を差し引いた金額が振り込まれる事があります。その場合は、請求金額より少ない金額での入金となります。

Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。