請求書の金額の書き方は、「円」「¥」どちらで書くべき?

請求書の金額の書き方は、「円」「¥」どちらで書くべき?

請求書の金額は「円」か「¥」どちらで書くべきなの?

どちらでも問題ありません。

そもそも請求書には決まった書式がありません。
一般的には「¥」の方が多いような気がしますが、請求書の金額につけるのは、「¥」でも「円」でもどちらでもいいと思われます。

¥と円で書き方を使い分けよう

「¥」の場合 → ¥12,345-

金額の後ろに、伸ばし棒「―」を付けます。

「円」の場合 → 金12,345円也

円で書く場合は、金額の後ろに、「也」と書き添えておきます。

注意すべき点は?

ただし、どちらにしても気をつけてほしい点は、下記のように挙げられます。

  • 3桁ごとに『,(カンマ)』を用いる
  • 金額は、付け足しや書きかえができないように注意すること

現在では、請求書を手書きする会社は少ないかもしれませんが、どの書類に関しても、不正を防ぐために『金額の前後には空白を入れないようにする』等、金額の書き方については注意をした方がいいと思われます。

Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。