見積書の宛名は「御中」「様」「殿」どれを使えばいいですか?

見積書の宛名は「御中」「様」「殿」どれを使えばいいですか?

見積書に限らず、どのような書類を送付する場合であっても「御中」「様」「殿」の使い方は決まり事があります。

「御中」「様」「殿」の使い方

見積書のような書類の敬称は、次のように使い分けましょう。

「御中」の使い方

社名や団体名、部署名に使います。
【例】 ◯◯ 株式会社 御中  株式会社 △△ 総務部 御中

「様」の使い方

個人名宛に使います。
【例】 ◯◯ △△ 様

「殿」の使い方

個人名、特に目下の相手の場合に使います。

よくある間違い

会社名に「御中」を付けて、個人名にも「様」をつけてしまう

社名+個人名のときに、〇〇 株式会社 御中 △△ □□ 様
会社名に御中をつけ、さらに個人名に様を書いていることを見かけますが、これは間違い
〇〇 株式会社 △△ □□ 様としましょう。

取引先のお客様に、「殿」をつけてしまう

社名+役職名+個人名のときに、〇〇 株式会社 代表取締役 △△ □□ 殿
これもよく見かけますが、「殿」は主に目下の人、部下、生徒などに付ける敬称です。
間違っても、取引先のお客様の名前や上司には「殿」をつけないことです。

また、個人名に「御中」を付ける、会社名に「様」を付けるのも間違いですので、気をつけましょう。

Misocaでは初めての見積書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。