mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

バックカントリーで遭難救助されたら自己負担額はいくらなの?

投稿日:2016年2月5日

未踏の地で遊ぶ楽しみ

f27b67e99f1191cb67c5e1514caab280_m
バックカンントリースノーボード(スキー)とは、商業的に整えられたゲレンデではなく、自然のままに雪がつもった山の斜面を滑って遊ぶスポーツです。
誰も滑っていないパウダースノーを堪能できるのは大きな魅力です。

その一方で、バックカントリースノーボード(スキー)には大きな危険も伴います。
・遭難する危険性がある
・雪崩に遭遇する可能性がある
・ゲレンデのようにパトロールはきてくれない

万一、バックカントリーで遭難した場合、救助費用はいくらかかるのでしょうか。

コース外事故は全額自己負担!?

2e6d626fe581e3b81c12ecf0addded71_m
長野県の野沢温泉村では、コース外での事故、つまりバックカントリーを目的とした人の事故が相次ぎ、コース外にでて遭難した場合、全額自己負担という条例を制定しました。今日本全国で、長野県の野沢温泉村のような厳しい措置が主流になってきています。

救助にかかる費用(賠償金額)は、捜索にかかった時間、捜索に関わった人の数などにより変わります。山岳遭難保険を提供している日本費用補償少額短期保険株式会社によると、補償対応金額は300万円までとなっています。

さて、実際には保険の補償額300万円に収まるものでしょうか?

救助のお見積り

3c5ef560df66b039008181011cfe3d96_m

捜索隊の人件費

全国によってばらつきがありますが、1人1日5万円くらいが相場です。
今回は、10人で1日捜索した前提で計算します。
ほかにも食費・交通費・装備・保険などがかかるので、全体の金額の2割増しくらいで考え、捜索隊の人件費は60万円ほどになります。

ヘリコプターの費用

民間のヘリコプターを捜索や救助のために飛ばした場合、1時間100万円くらいといわれています。捜索にヘリをつかうというよりも、救助につかう場面が多いと仮定して、飛行時間は3時間ほどと考えます。したがって300万円です。

車両の費用

バックカントリーの事故が相次いでいる富山市のスキー場では、救助にかかる費用を請求することが明記され、そこには高額の機材費用が公表されています。それによると、
・雪上車 1時間 5万円
・スノーモービル 1時間 3万円
となっています。
仮に1台ずつ必要だとして、24時間捜索したとすれば、192万円です。

明細を出すと、少し見積もりが変わってきました。
合計それぞれ費用をまとめるとこんな感じになりました。

・捜索隊の人件費 60万円
・ヘリコプターの費用 300万円
・車両の費用 192万円  計552万円

危険な箇所での滑走は止めましょう

b7c7a7fcc5e9d04e8b127561be599c64_m
今回の見積もりでは、保険に入っていても補いきれない金額がでてきました。
お金だけの問題でなく、バックカントリーで命を落とす人は毎年何人もいるのです。
また、雪山での救助は、捜索隊にも危険が伴います。
あなたの危険が、周りの人の危険もつくっていることを認識して、安全に楽しみましょう。

関連記事

YouTube
あのSMAPがYoutuberになったら?
top1
アプリのバックエンドサービス(BaaS等)のまとめ
フリーランス
「フリーランスの島」奄美大島への移住費用は?
44b80aa451a357ee7f3b4c16b65f3649_s
ディズニーランドに最も安くいく方法
クレジットカード
フリーランスにおすすめ・お得なクレジットカード
馬主
馬主って儲かるの?収支の見積りを出してみた
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス