mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

目指せノーベル賞!博士号取得にかかる費用はおいくら?

投稿日:2016年2月25日

学位

足の裏の米粒を取る

ここでいう「足の裏の米粒」というのは博士号のこと。
博士号の取得は「足の裏の米粒を取る」と言われます。
「取らないと気持ち悪いけど、取っても食えない」という意味です。

でも、取得すると名刺に「Dr.」という他ではつけることのできない肩書をつけることができる素敵な学位。そんな博士号を取得するために必要な費用を算出してみましょう。

必要な資金

学位
せっかくなので、日本最高の大学である東京大学で博士号を取得するケースを想定します。

前提条件
・計算は修士を取得してからのお金とする。
・一人暮らしをしている。

大雑把に分けて必要な費用は、以下の通り。

・入学費
・学費
・生活費
・その他(学会参加費用、論文製本費用)

入学費と学費

博士号を取得するには、大学に4年間。修士課程に2年間。
そして、博士課程に3年間行くことになります。
今回計算するのは、最後の3年間にかかるお金。
東京大学のホームページによると、

・博士課程の入学費 282,000円
・学費(年間)   520,800円

3年間通学するとして、合計1,844,400円

生活費

絶対にかかってしまうのが生活費です。
東大調べによると、単身者の生活費は月平均で143,340円ということなので、
150,000円とします。
3年間で、合計5,400,000円。

学会参加費用

研究室によって方針が異なりますが、博士課程の学生は学会発表なるものを行います。
学会発表の交通費は大学から出ないとして考えてみましょう。

学会の参加費はいろんな項目で分類されていますが、学生ということでかなりの割引があります。
日本で最も大きいといわれる学会、日本化学会の場合はこんな感じ。

・非会員   24,000円
・一般会員  12,000円
・学生会員  3,500円

学生にやさしいのが学会の特徴です。

日本化学会の場合、年会と呼ばれる学会発表の場が年に1回あるので、3年間欠かさず出たとして3回。
通常、会期が3日間ほどあり、泊りで聴講もするため、その宿泊費などもかかります。
平均すると交通費も含めて5万円ほど。
ただし3年に一度ぐらいのペースで首都圏で行われるので、3回参加しても12万円ほど見積もれば十分でしょう。
国内学会参加費用 合計120,000円

一度ぐらいは国際会議に出席しておきたいものです。
化学関連というと、今年はPacificchem 2015という国際会議が開かれました。
環太平洋圏の化学会が協賛で行う国際会議で、今年はハワイで行われました。
参加費は学生で250ドル。一般会員は825ドルだから随分割り引いてくれていますね。

・渡航費 往復 150,000円
・宿泊費 1泊 20,000円 × 5日 = 100,000円
・参加費 28,000円
                                                                                              合計 278,000円

国内外合わせた学会参加費用は、合計620,000円

論文製本費用

修了間近で、ホッとしてはいけません。
意外とバカにならないのが、論文の製本にかかる費用です。
製本部数は人によってばらつきがありますが、最低1冊は製本したものを提出しなければなりません。だいたい10部くらいが相場です。製本は業者に依頼します。

・論文製本費用(コピー代含)1冊 5,000円 × 10部 = 50,000円

まとめ

学位
合計金額は、7,792,400円になりました。

博士課程終了後の進路は、人それぞれですが、アカデミックポストについて稼げるようになる人は稀有です。
就職するにも、全てストレートに進学しても27歳の新卒を採用して育てようと考える企業は少なく、博士課程修了者の就職難が問題(オーバードクター問題)になっているほどです。
しっかりとその後の進路を見据えて、博士課程に進むことをお勧めします。

あとがき

この記事はあくまで、筆者の経験に基づいたものなので、所属する大学や研究室によって状況は変わります。
本記事では、支出をメインに書きましたので触れませんでしたが、博士課程に進んでいる人の収入源として、日本学術振興会特別研究員(いわゆる学振)、奨学金、TA(ティーチングアシスタント)、RA(リサーチアシスタント)など様々あります。

本記事を通して伝えたかったもう1つのこと。
それは、「博士課程を終了した後のキャリアには、実は様々な可能性がある」
ということです。
でもそれに気づかず、アカデミックポストの可能性にかけて、
優秀なのにあまり良いとは言えない労働環境・待遇で働いている人はたくさんいます。

「博士課程=大学に残るキャリア」だけではない。
もっと外に目を向ければ可能性が広がっている。
ということも、あわせてお伝えしたいと思います。

関連記事

nail
サロンに行かなくても自宅でできる!セルフジェルネイルの費用はおいくら?
logo-design
ロゴデザインの見積り料金まとめ【2015年】
名称未設定
副業で年収800万も夢じゃない? 芸能人にも人気の駐車場経営
地方移住
最大5億円支給!地方移住するならここをチェック!
wedding1
結婚式の司会者の見積り料金まとめ
スマホ
スマホの通信料ってみんないくら使ってる? お得な料金プランまとめ
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス