mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

起業するなら知っておきたい3つの助成金・補助金制度と注意点

投稿日:2016年2月25日

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

「起業」を実現するために助成金を活用しよう!

自分で会社を経営し、自分の思い通りに働きたい。会社勤めをしていると誰もが一度は抱く「起業」の夢。もしその夢を実行に移そうと決断したなら、知っておきたいのが起業家に対する資金支援を行ってくれる助成金や補助金制度です。

ここでは3つの制度を紹介するとともに、制度を利用する時の注意点についても解説します。夢のための第一歩をここで踏み出しましょう。

創業・第二創業促進補助金

スクリーンショット 2016-02-25 11.35.47
http://sogyo-hojo.jp/26th-hosei/
独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)が実施している補助金事業。新たに創業する人には補助率3分の2で100万円以上200万円以内の資金補助をしてくれる制度です。

「第二創業」の場合はこれに加えて既存事業廃止に伴う費用を800万円補助してくれます。申請する内容によって補助の可否が決められるため、平成26年度は応募総数2984件に対し、採択総数は1669件となっています。

地域中小企業応援ファンド【スタート・アップ応援型】

スクリーンショット 2016-02-25 11.35.52
http://www.smrj.go.jp/keiei/chikipg/fund/035669.html
同じく中小機構が実施している補助金事業です。地域コミュニティへの貢献度が高い新事業や、地域の特産品などを生かした新規事業開拓のための資金補助を行ってくれます。

対象は中小企業にとどまらず、ベンチャー企業も含まれるので、地域の特色を生かしたビジネスモデルを考えている人は注目しておくべき制度と言えるでしょう。

具体的な補助金額は各地域のファンドによって異なりますが、例えば「おおさか地域創造ファンド 豊能地域支援事業」については最大1000万円の補助を行っています。

ものづくり・商業・サービス革新補助金

スクリーンショット 2016-02-25 11.35.57
https://www.mirasapo.jp/subsidy/22968.html
中小企業庁が実施している補助金事業で、事業化が見込める革新的なサービス・製品の開発等にかかる費用を補助してくれる制度です。補助金額は最大500万円から3000万円で、補助率は3分の2となっています。

IoTなどの最新の技術を使って生産性向上を目指す設備投資に対しては最大で3000万円、小規模なサービス・製品の開発等に関しては最大500万円が上限です。

助成金・補助金利用時の注意点

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s
助成金と補助金は返済の必要がありません。その代わり、各制度の実施機関(中小機構や中小企業庁、そのほか自治体など)が定める条件を満たしていなければ支援を受けることはできません。

また実際に補助金や助成金を受け取った後にも、そのお金が本当に当該事業に生かされているかを報告する書類等の提出が必要です。制度利用時にはそれらの事務コスト等も考慮した上で、利用するか否かを考えるようにしましょう。

賢く活用して賢く起業!

注意しなければいけないことはあるにせよ、助成金・補助金制度は起業家にとって頼もしい味方です。賢く活用すればスタート直後の事業を加速させることもできます。

ここで紹介したもの以外にも助成金・補助金制度は無数にあるため、これから立ち上げる自分の会社にとってプラスになる制度は積極的に活用していきましょう!

関連記事

フィギュアスケート
子どもをオリンピック選手に育て上げるのにかかる費用は?フィギュアスケート編
独立
フリーランスとして成功するために最も大切なこと
クレジットカード
フリーランスにおすすめ・お得なクレジットカード
cameraman
出張カメラマンの見積り料金まとめ【2015年】
学位
目指せノーベル賞!博士号取得にかかる費用はおいくら?
rakuten2
楽天ショップの制作料金と制作会社4選
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス