mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

日本徒歩縦断にはいくらかかる!?

投稿日:2016年2月18日

「日本徒歩縦断」に出かけたい!

0D9BF61E08
全国をゆっくり歩いて回り、その土地の空気や人に触れたり、美味しいものを食べてみたい。毎日仕事に追われているとついついそんなことを夢想してしまいます。もし実現できれば貴重な人生経験になるはずです。そこで実際に日本を徒歩で縦断したら、いったいどれくらいの費用がかかるのかを見積もってみました。

「日本徒歩縦断」には何日かかるのか?

費用を計算するにあたって、まずは前提となる旅程を決めておきましょう。スタート地点は北海道最北端・宗谷岬とし、ゴール地点を九州最南端・佐多岬とします。
ルートは宗谷岬から北海道を南下し、函館で青森行きのフェリーへ。そこからは日本海側を新潟、富山、石川と下り、京都で瀬戸内側へ方向を変えます。下関でフェリーに乗り、九州へ。熊本の島原湾側を歩いて宗谷岬を目指します。
このルートの総距離はフェリーを含む2584km。1日に20km歩くとして約130日で佐多岬に到着する計算です。時期としては6月から歩き始めて10月にゴールする想定がいいでしょう。暑さは命には直結しませんが、寒さは命の危険を伴うからです。
これをもとに以下で衣・食・住それぞれの費用を見積もってみましょう。

「衣」に必要な費用はいくらくらい?

まずは「衣」。荷物の重さは文字どおり命取りになるので、できるだけ荷物は少なくしていきたいところです。そこで以下の荷物を想定しました。

・Tシャツ(ドライ素材):2着
・下着(ドライ素材):2着
・靴下(ドライ素材):2足
・ボトムス(ドライ素材):1本
・帽子(ドライ素材):1つ

ドライ素材のものを選ぶのは、洗濯してもすぐに乾くからです。夜に洗って一晩干せば、次の日には着られます。費用がかさむのが難点ですが、一定のペースで疲れをためずに歩くための出費です。これらの購入費用を市場の相場を基準に計算すると以下のようになります。

・Tシャツ(ドライ素材):3,000円×2着
・下着(ドライ素材):1,000円×2着
・靴下(ドライ素材):2,000円×2足
・ボトムス(ドライ素材):6,000円×1本
・帽子(ドライ素材):3,000円×1つ

これらに加えて、雨天時にも歩けるように高機能の雨具を用意する必要があります。必要な機能は「防水透湿機能」と「軽量性」。かなり高額にはなりますが、安物を買うと後悔することになります。ここでは上下で4万円を費用として計上します。

また荷物の持ち運びには登山用の本格的なバックパックを採用しましょう。登山用のバックパックは、長時間背負っても疲れを感じにくい設計がされています。安価なものよりも高価なものの方がその恩恵を受けられるため、ここでは5万円を想定しておきます。

すると、「衣」にかかる費用は以下のようになります。

3,000円×2着+1,000円×2着+2,000円×2足+6,000円×1本+3,000円×1つ+4万円+5万円=11万1,000円

「食」に必要な費用はいくらくらい?

次に「食」にかかる費用を見積もってみましょう。1食を500円と計算すると以下のような計算式になります。
0UTZ00FWC6

・1食500円
・1日の食費:500円×3食=1,500円
・130日間の食費:1,500円×130日=19万5,000円

コンビニやファーストフードで済ませることもできますが、自炊の手段を持っていないとお店が見つからない時に危険です。自炊も考慮した装備を整えておきましょう。これにはキャンプ用の小さなガスバーナーとガスボンベ、そして調理用のスタッキング機能付き鍋(クッカーと言います)が必要です。

・ガスバーナー:5,000円程度
・ガスボンベ:1個200円程度
・クッカー:5000円程度

ガスバーナーとクッカーは一度買えばおそらく130日間は買い替えが必要ありません。しかしガスボンベは4日に1回は交換が必要でしょう(使い方によって変わります)。したがってガスボンベの費用は以下のようになります。

130日間÷4日間×200円=6,500円

すると「食」にかかる費用は次のようになります。

19万5,000円+5,000円+5,000円+6,500円=21万1,500円

「住」に必要な費用はいくらくらい?

W91LT38QSI
最後に「住」です。ここでは毎日ホテルに泊まった場合と、自分でテントを張って生活する場合とを考えてみましょう。
毎日ホテルに泊まった場合、かなりの出費を覚悟する必要があります。ビジネスホテルの1泊あたりの料金は1,000円から6,000円程度が相場です。平均として1泊3,500円とすると、129泊した場合の宿泊費は45万1500円となります。

3,500円×129泊=45万1,500円

対して自分でテントを張って生活した場合に必要な費用は以下のとおり。

・テント購入代金:4万円程度
・テントの中に敷くエアマット購入代金:8,000円程度
・寝袋購入代金:3万円程度
・軽量性とコンパクト性の高い枕購入代金:3,000円程度

4万円+8,000円+3万円+3,000円=8万1,000円

ホテルで生活した場合の5分の1以下で済みます。「普段はテントで泊まり、疲れがたまったりテントを張る場所がないときはホテル」というスタイルが一番現実的でしょう。そこで旅程の4分の1程度をホテル泊、残りをテント泊として費用を見積ります。

3,500円×30泊+8万1,000円=18万6,000円

これが「住」にかかる費用です。

「日本徒歩縦断」にかかる費用は約51万円!

T320J64GN4
衣食住すべての費用を合計すると、「日本徒歩縦断」には50万8,500円かかることになります。もちろん様々なアクシンデントが想定されるので、これ以上の出費も必要かもしれません。あるいは幸運に恵まれて出費が少なくなる可能性もあります。そうしたアクシンデントや幸運も、130日間の旅の醍醐味と言えるでしょう。51万円なら体力と時間さえあれば気軽に挑戦できる金額と言えます。ぜひ一度挑戦したいものですね。

関連記事

地方移住
最大5億円支給!地方移住するならここをチェック!
東京ドーム
プロ野球選手気分が味わえる!ドーム球場を貸しきったらおいくら?
確定申告
フリーランスの確定申告は税理士に依頼しよう
プロポーズ
絶対相手が感動するスケールの大きいプロポーズっていくらかかるの?
ハワイ
上京して3年目の典型的な会社員が、月収を2倍にしてハワイに移住するまで。移住してから。
44b80aa451a357ee7f3b4c16b65f3649_s
ディズニーランドに最も安くいく方法
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス