mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

トロント留学にかかった費用と向こうでのお財布事情

投稿日:2016年2月12日

トロントへの留学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大学に入学し3年目、2013年4月〜2014年2月までの約10ヶ月間、トロント(カナダ)へ留学したときの話です。
留学先としてトロントを選んだのには、大きく2つしか理由はありませんでした。その理由は、

1.ワーホリビザ(就労ビザ)がある
2.アメリカに地理的に近い

まず、留学をする上で絶対に外せなかった条件は、「ワーホリビザを発行している国」であることでした。机に向かってガリガリ勉強するだけの留学は御免だと思っていたので、「現地での仕事を通して学べることがきっとある!」と信じ、留学先で半年間は働くことを前提条件としていました。
ワーホリ制度のある英語圏の国は、ポーランド、ポルトガル、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランドが候補として挙げられます。
そこにアメリカに地理的に近いという2つ目の条件を加えると、「もうこれはカナダしかない!」となったわけです。笑
ちなみに何故アメリカに近い方がよかったかと言うと、アメリカが好きだからです。笑

留学にかかった費用

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s
僕の留学は2013年4月〜2014年の2月までの10ヶ月でした。4月〜9月までの6ヶ月は学校に通い、8月〜2月までは働いていました。
まず、留学に際しかかった費用は以下のとおりです。

・渡航費(往復) 約20万円
・ビザ申請費 約1万5000円
・各種保険 約10万円
・語学学校(6ヶ月) 約120万

合計 約150万円

渡航費

いわゆる飛行機のチケット代ですが、経由便、直行便、オープンチケットなど、様々な条件によって料金の幅はありますが、僕の場合、おおよそ往復で20万円でした。

ビザ申請費

これはワーホリビザを発行する場合の料金です。オンラインで申請しますが、英語ばかりで、ちゃんと申請できているのかなんとも不安になりました…。

各種保険

留学中の保険費用です。

語学学校

語学学校の授業費に加え、ホームステイ滞在費(朝・夕食事付き)が含まれます。

トロントでの生活費

語学学校に通う生活を終えた後は、シェアハウスに住んでいました。その頃の1ヶ月の生活費はこんな感じでした。

・家賃(光熱費、Wi-Fi通信費含む) $535
・スマホ通信料 $30
・食費 $15/日 × 30日 = $450
・コインランドリー代 $30
・1ヶ月の市営地下鉄・バスのパス $133

合計 $1,148

カナダの物価は、イメージだとそんなに高くない(むしろ安そう?)ですが、意外と日本とあまり変わりませんでした。
例えば、
・マクドナルドのセット $8〜
・スタバのコーヒー $2〜
・ラーメン $10〜

こんな感じです。概して、めちゃめちゃ高い!と思ったことは少なかったです。
ただし、日本食は高かったです…。ラーメンもそんなに美味しくないくせに$10以上するのは辛かったですね。笑

一方、トロントではカフェのコーヒーが安く、コーヒー好きとしてはありがたかったです。スタバのフラペチーノが全サイズ300円くらいになるキャンペーンをやっていたり、SECOND CUP(日本で言うドトールのようなカフェ)では「Every second cup is on us!(2杯目はタダだぜ!)」という、1杯買うごとに次回はタダになるという最高なキャンペーンもたまにありました。
IMG_5248

↑「Every second cup is on us!のキャンペーンカード」

トロントでの収入

20110325-Guu-Sakabar-birthdayEDIT-lead
僕は当初の予定通り、後半の6ヶ月は働いていました。どこで?Japanese居酒屋で。
最初は、カナディアンの経営するカフェで働きたかったのですが、なかなか雇ってもらえず初めは渋々このGuu Sakabarで働くこととなりました。
ところがこれが大正解。店は毎日大盛況のトロント1の人気店。その分給料もよかったです。

【1ヶ月の収入】・給料 $1,500
・チップ$1,000
・ストリートライブのチップ $100
・ハウスクリーニング代 $130

合計 $2,730

給料

時給はtaxを差し引いて約$8と低めでしたが、多い時は週6日働いていましたので事足りていました。

チップ

これが大きいです。チップの計算は店によって違いますが、僕の場合、毎日手渡しで$40〜$100もらっていました。
財布の中には常にチップでもらったお金が入っていたので、給料は振り込まれてそのまま貯金という感じでしたね。

ストリートライブのチップ

僕はギターを弾くので、休日には街に出てライブをしてました。時給に換算すると約$10と、結構もらえました。チップをもらえたことももちろん嬉しかったのですが、何より多くの人が声を掛けてくれたり、リアクションをしてくれたりしたことが嬉しかったですねぇ。

ハウスクリーニング代

自分の借りていた家の掃除を週一回していました。多国籍の人が住むシェアハウスなので、キッチンやバストイレの汚れには悩みましたが、それでもハウスメイトが綺麗になったバスルームを見て喜んでくれた時には嬉しかったです。

まとめ

当たり前ではありますが、環境の違いに悩むことも多かったですが、僕はトロント生活を満喫することが出来ました。
語学留学で日本人が経営する職場で働くことは、端から見たらあまり良いとは思えないかもしれませんが、熱い仲間たちと働いた日々は最高の思い出です。

お金の面で言うと、やはり語学学校や現地の大学に通うとなると、お金はかかります。しかし、ワーホリビザをとって現地で仕事をするのであれば、「渡航費」+「仕事が見つかるまでの生活費」だけの準備でやっていけます!

そして最後に、やっぱりチップは最高!
(もちろん自分も払わなければいけませんが)

プロフィール

970883_285243478283290_1179905080_n

白木雄大
愛知県立大学 外国語学部 英米学科 所属 2011年4月〜2016年3月
株式会社Misocaインターン 2015年5月〜

関連記事

無人島
無人島を貸し切って大自然を楽しむのにかかる費用はおいくら?
db203cfb7b9ba345b18c20778910ffd1_s
お父さんが育休をとったら、家計はどうなるの?
将棋
[趣味の見積]将棋にかかる費用っておいくら?
6LBIAW42GB
ラスベガスで掴むアメリカン・ドリームの価格はいくら?
南の島
南の島に一軒家を建てたらいくら掛かるの?
logo-design
ロゴデザインの見積り料金まとめ【2015年】
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス