mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

プロコーチの見積書の書き方

プロコーチイメージ

見積項目表

見積項目 項目説明
セッション料
セッション料 セッションにかかる費用。1回1時間、月2回程度。
セッション企画料 セッションの事前準備にかかる費用(アセスメントシートを読み込み、事前に戦略等を立てる費用)。
各種ツール提供料 コーチからクライアントに提出する資料等の費用。
セッションレポート料 会社(上司)に提出するレポートの作成費用。
見積項目 項目説明
メール相談料 契約期間中は、原則として無料。
交通費 セッション会場までの交通費(実費)。
会場費 セッション会場費用(会場が会社の場合は不要)。

見積書サービス「Misoca」は、項目に入力していくだけで1分で見積書が作成できるサービスです。メール送信、PDFダウンロードなど豊富な機能もご利用いただけます。

フリーランス中小事業者に大人気の見積書サービスです。

見積書作成のポイントは?

  • 事前の打合せをしっかり行う

    コーチングは目に見えず、効果が出るまでにある程度の時間を要するものなので、見積書作成前の打合せ段階で、コーチングとは何か、どのように行うのか、どのような効果が表れるのか等について、クライアント(or窓口担当者様)としっかりと確認を取っておきます。

  • 見積項目・金額設定について

    私の場合は、「セッション料」の中に、「セッション企画料」や「セッションレポート料」等を含めることがほとんどです。セッションすることが目的ではなく、クライアントとの対話を通じて、彼らに行動変容を起こさせ、自己の成長を手に入れてもらうことがコーチのミッションです。そのため、メール相談も契約期間中は無料で受けています。ただし、見積書を作成する際には、あらかじめ企画料等を念頭において金額設定を行います。

  • 項目説明を詳細にする

    前述の通り、サービス内容が「目に見えない」商品ですので、クライアントにしっかりとコーチングの約束事や効果を説明できなければいけません。見積書等には、できるだけわかりやすく、これらに関する説明を添えるようにしています。

  • 備考欄を活用する

    私の場合は、別途取り交わす書面に記載していますが、キャンセルに関する規定や、支払い方法・期日等についても詳細に記載する必要があります。そうすることで、無用なトラブルを未然に防ぐことができます。

『監修者のご紹介』

プロコーチ大石様

コーチングオフィス エン

代表・ビジネスコーチ 大石 典史 様

2010年9月にプロコーチ資格を取得。 4年半の週末起業を経て、2015年4月にビジネスコーチとして独立。 ビジネスパーソンやプロコーチ予備軍を対象としたパーソナルコーチングで実績を積み、現在は母校でもある銀座コーチングスクール(GCS)の副代表、名古屋校代表を務める。 豊富なビジネス経験に基づくコーチングには定評があり、「安心感・安定感は抜群」と、多くのビジネスパーソンやプロコーチから支持を得ている。


見積書作成サービス「Misoca」

mitsumolistについて

1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス