mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

弁理士(商標)の見積書の書き方

c8ed7b0e158a97d8443d5b863ae2fed32-1024x438

見積項目表

見積項目 項目説明
商標調査費用
調査料 商標調査にかかる費用。
商標出願費用
出願手数料 商標出願の際にかかる手数料。
印紙代 特許庁に出願手続きをする際に必要な印紙代。
商標登録費用
成功報酬 商標登録が完了した際に支払われる費用。
印紙代 特許庁に商標登録をする際に必要な印紙代。
商標更新費用
申請手数料 更新時の際にかかる手数料。
印紙代 特許庁に登録更新手続きをする際に必要な印紙代。
その他
各種変更料 名義変更など各種変更にかかる料金。
顧問料 顧問契約した際の費用(月額)
相談料 相談の際にかかる費用(時間制)

見積書サービス「Misoca」は、項目に入力していくだけで1分で見積書が作成できるサービスです。メール送信、PDFダウンロードなど豊富な機能もご利用いただけます。

フリーランス中小事業者に大人気の見積書サービスです。

見積書作成のポイントは?

  • 見積項目について

    項目数をあまり増やさず、シンプルにすること。 それから、専門用語を極力使わないようにしています。 そのため、弊所では「商標見本代」「電子申請手数料」「諸経費」等を見積書に記載しておりませんが、場合によっては分けて記載しておくのもよいでしょう。

  • 見積書の書き方について

    出願後、審査が通れば登録となります。最初の見積書に「出願」の費用だけでなく、「登録する場合にかかる費用」も必ず記載しています。
    これにより、商標の出願から登録までの全体の費用感をお知らせできるので、クライアント様に安心してお任せいただけるよう心がけています。
    また、商標については10年で登録することが多いため、見積書には通常、10年のケースを想定して金額を記載しますが、欄外に5年のケースも記載して、クライアント様が選べるようにしています。

  • 商標調査・出願・登録費用について

    商品・役務の区分数によって金額が変動します。 ヒアリングの段階で、クライアント様より内容を詳しくお伺いし、おおよその区分数は見当がつきますが、 必ず持ち帰って確認し、正しい区分の数で見積書を提出するようにしています。
    弊所では、別途料金をいただくことはありませんが、 指定商品・指定役務の選択によっては検討料が発生する場合があります。

  • 拒絶理由応答について

    この項目は、拒絶理由が通知された際に応答する場合に発生する費用です。この項目は、場合により発生することのある費用として見積書の欄外に記載しています。
    請求の内訳としては、意見書作成費用、手続補正書作成費用、タイプ代、電子化手数料があります。
    ここでの意見書作成費用等は、定額あるいは商品・役務の区分の数によって金額が決まってきます。

弁理士 宮下

弁理士事務所 ラブラドール

代表 宮下 桂輔 様 

山崎製パン株式会社で10年以上知的財産業務を担当した後、「愛着のあるブランドが使えなくなる」ということが起こらないよう、 中小企業・個人事業主への商標制度の真の普及が必要と考え、弁理士事務所ラブラドールを開設。
60,000件以上の商標に関わった経験と、 企業の現場視点の経験を活かした商標に関する提案力で、クライアント企業からの信頼を勝ち得ている。


見積書作成サービス「Misoca」

mitsumolistについて

1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス