mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

ガラス修理の見積書の書き方

cb67e403fdf3ef2e445627949ca80a10_m

見積項目表

見積項目 項目説明
基本料金 施工枚数や規模に関係なく、1現場あたりにかかる基本料金(出張料金)。割れた既存ガラスなどの残材処分費も含める場合が多い。
ガラス代 使用するガラス本体の価格。例:単板ガラス、網入りガラス、ペアガラス、防犯ガラスなど、各々のガラスの代金。
施工費 ガラスを1枚交換する場合の施工費。(ガラスの大きさによって変動)
見積項目(オプション) 項目説明
追加作業員 一定の施工条件を上回る場合に必要な施工補助としての作業者の人件費。
高所作業費 ガラスの下端が地面から概ね1800㎜以上の施工環境 (脚立、スライダー梯子等が必要な現場) にある場合に別途必要な費用。
重量施工費 ガラス本体重量が一定条件以上の場合にかかる費用。(施工階数によって変動)
夜間料金 夜間の作業の場合、発生する費用。(20時から早朝8時まで)
コーキング施工費 施工仕上げがコーキング施工(シリコン施工)の場合発生する費用。1mあたりで換算。
特別作業料金 通常の施工方法以外に特殊な作業が必要となる場合にかかる費用。(例:既存がパテ仕上げ、養生が必要、異形ガラスカット等の別途料金)
部材費 ガラス以外で別途取り寄せする部材がある場合にかかる費用。(例:戸車、クレセント錠等)

見積書サービス「Misoca」は、項目に入力していくだけで1分で見積書が作成できるサービスです。メール送信、PDFダウンロードなど豊富な機能もご利用いただけます。

フリーランス中小事業者に大人気の見積書サービスです。

見積書作成のポイントは?

  • 見積項目に間違いがないか、十分に確認する

    ガラスは厚み、透明か型板(ザラザラ)か、網入りガラス、強化ガラス・耐火ガラス、防犯ガラス、ペアガラス(この中にもさらに断熱仕様のペアガラス、防犯ペア、防火ペアなどあり)、数えきれないくらいの種類があります。価格もまったく違ってきますので、現地調査をしっかりと行い、見積項目としてもガラス種類を間違えないよう確認します。

  • 事前ヒアリング時に、料金に影響する条件を確認する

    ガラス種類とその厚さによってガラスの重量が変わるため、施工費も変動します。ガラスの重量は何kgか、搬入経路は確保できているか、一人で施工出来る内容か、複数人数が必要か、特殊な道具は必要ないかなど、事前のヒアリング時に細かく確認します。(※確認項目はチェックリストを参照ください。)

  • 見積書の備考欄を活用し、金額以外の注意点も記載する

    特殊サイズのガラスや特殊加工のガラス商品は、メーカーや加工工場での製作を経由して納品されますので、納期までに時間がかかることが一般的です。特に、現状ガラスが割れている現場の場合は、納品までの期間どのようにするか(仮工事or養生orそのまま等)にも関係してくるため、納期の見当がついている場合はその旨を表示、付いていない場合はそれまでの処置について一言書き添えます。

  • お客様のニーズに合うガラスを提案する

    前述の通り、一口に窓ガラスと言ってもかなり多くの種類が存在します。そのためお客様のニーズをしっかりと把握し、その機能を備えるガラスを提案することで、お客様にベストな選択をしていただくことが可能になります。過去の経験として、一箇所のガラス交換に対し、何十枚もの見積書を作成した案件が過去にありました。このようなことを防ぐためにも、ある意味その選択肢を減らすことも大切だと考えております。

  • 早急な見積書作成の要望に応えられる体制を整える

    リマド・ステーションは地元に密着した「ガラスや窓まわりのトラブルの緊急サービス」を手がけておりますが、その性格上緊急の対応を求められることがほとんどです。現にガラスが割れて雨風が入ってくる、割れたままでは防犯上心配、ガラス破片が散乱し危険、ドアが開かなくて出入りができない・・・といった「今スグ」の対応が必須です。そのため極力早く見積もりをご提出し、その金額でお客様に了解をいただき、必要な部材を取り揃えた上で施工に向かう必要があります。従って、特殊な部品や工事内容のような、都度の見積もり作業が必要でない限りは、過去の豊富な施工実績をデータベース化したり、メーカーとの折衝によりガラス仕入価格を決めることで、同じ工事内容であれば日本全国どこでも同じ金額で工事依頼をお受けできるようにシステムを整え、均一化された価格設定で素早く対応することをこのサービスの主軸としています。

  • お客様に安心してもらえる、クリアな見積書を作成する

    ガラス工事の作業現場を目にしたことがある人は少ないと思います。大工工事や道路工事のように、日常生活の中でよく見かけるような類の工事ではありません。ただでさえイメージが湧きにくいガラス工事ですので、項目をひとくくりにせず、なるべく分かりやすく「部材本体、施工費、基本料金」に分けて明示することはもちろん、必要であれば別添として説明書きを加えることも大切です。 また、見積もり提出の際には、提示した見積もりとは関係ない項目が知らない間に勝手に付け加えられ、支払い金額が上がっていくようなことはないことを必ずご説明するようにしています。(この説明をすると、ほとんどの人が安心してくださる様子がよく分かります。つまり、一番心配している部分だとも言えます。)

『監修者のご紹介』

top_img03

愛知県一宮市に本社を構えるガラス施工会社。ガラスのみならず、アルミのフロント加工、サッシの交換など、窓まわりの施工をトータルで引き受ける。ホームページ上ではわかりやすい料金表示、Q&A、施工事例(写真付き)を設置し、お客様の安心を第一として考える。


見積書作成サービス「Misoca」

mitsumolistについて

1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス