Misocaで納品書を作成

納品書の収入印紙は必要?

納品書の収入印紙は不要

納品書に収入印紙は必要ありません。

収入印紙は、取引によって利益が発生した場合に印紙税を納税するために貼ります。
いちばん身近なケースは領収書ですね。

「納品書兼領収書」の場合や、納品書に「領収書済み」「代済み」といった代金の受け取りを証明する文言があれば領収書の扱いになり、収入印紙を貼る必要があります。

収入印紙が必要な書類や、印紙税額、貼り方などは、以下のページをご覧ください。

収入印紙ってなに?

領収書の収入印紙が不要なケース

実は領収書をPDFファイルにしてメールで送付する場合には、収入印紙が必要ないことをご存知でしょうか。
コミットメントライン契約に関して作成する文書に対する印紙税の取扱い

その場合は、メール添付ができるPDF形式の領収書を無料作成できる「Misoca(ミソカ)」がオススメです。請求書や見積書も自動で作成できる無料のWebサービスです。ぜひお試しください。
「Misoca(ミソカ)」で領収書や請求書を作成してみる

ただし、改めて先方へ持参するなどの方法により文書を交付する場合には収入印紙は必要です。

請求書作成サービス「Misoca」
見積り項目チェックリスト「ミツモリスト」
フリーランスブック

カテゴリから選ぶ