請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

Misocaで請求書を作成

【三つ折り】請求書・書類の折り方と封筒への入れ方

請求書など、お客様にお送りする書類の折り方にルールがあることをご存知ですか?

相手方に失礼にならないように、請求書の正しい折り方、封筒への入れ方をマスターしましょう。

最近では、請求書を作成して、郵送までしてくれるサービス「Misoca」もよく使われます!封入や投函の面倒な人はぜひ試してみましょう!

正しい折り方

横書き請求書の折り方

縦型(長形3号)の和封筒に入れる場合は、A4用紙を3つ折りにするのが一般的です。B5用紙を長形4号に入れる場合も同様です。

請求書は一般的に横書きです。その場合「請求書」の文字が一番上に来るように折ります。

横書き請求書の折り方

縦書きの送付状の折り方

送付状(縦書)に請求書と手紙を入れる場合、下の図の「拝啓」の部分を右上とします。請求書と送付状を両方入れるときは、送付状を上にして折り込みます。

手紙を折る時派、まずは下から1/3を折りあげ、最後に「拝啓」が書かれた部分を折って完了です。

意外と上下適当に折っていたという方も多いはず。このように折ると広げた時に、請求書なら、「請求書」、手紙の書き出しの「拝啓」が上になり、相手が手紙を読みやすくなります。

縦書き送付状の折り方

正しい封筒への入れ方

封筒への入れ方にもちょっとしたルールがあります。それは便箋の上端が右になるようにいれるということです。

下の図のオレンジ色の印が、「請求書」や手紙の書き出し「拝啓」に当たるところです。手紙を入れる時は、封筒の裏側を表にして、ここを「右」と覚えておきましょう。

横書き請求書の入れ方

まとめ

手紙の折り方も封筒への入れ方も書き出し(手紙なら「拝啓」・請求書なら「請求」にあたるところ)を「上」にする。

請求書や納品書、見積書でいえば、「請求書」「見積書」などのタイトルに当たる部分を上にします。

ここが請求書の折り方のポイントです。ぜひ参考にしてみてください。

Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。
項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。

請求書作成サービス「Misoca」
見積り項目チェックリスト「ミツモリスト」
フリーランスブック

カテゴリから選ぶ