請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

Misocaで請求書を作成

請求書の保管・保存期間

今回は請求書の保管と整理方法期間をご説明致します。

請求書の保管の意味

そもそもなぜ請求書はなぜ保管が必要なんでしょう?
それは請求書が「請求したという事実を書面に残す重要な書類」だからです。
請求書の保存は、トラブルを回避する役割もありますが、控除を受けるために必要なものでもあります。

請求書の保管・保存期間

法人か個人か、また様々な法律によって変わります。
今回は「一般的にこの期間保存しておいたら安心」という期間をご紹介いたします。

結論から申し上げますと、

「7年間保管しておいたら安心。10年保存したらベスト」です。

法人の場合は請求書などの書類の保管期間は7年です。
個人事業主は青色申告、白色申告にかかわらず5年間となります。しかし、消費税の課税事業者の場合には7年間と定められていますので7年間保存しておくのが良いでしょう。

では10年という数字はどこから出てきたかというと、商法や会社法では10年間保存することになっています。
大変複雑ですが、請求書はそれほど重要な書類です。永久に保管するつもりで管理しましょう。

Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。
項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。

請求書作成サービス「Misoca」
見積り項目チェックリスト「ミツモリスト」
フリーランスブック

カテゴリから選ぶ