Misocaで請求書を作成

請求書の宛名の書き方

今回は請求書の書類上に記載する、取引先の会社(個人)の宛名の書き方を説明します。
封筒の宛名の書き方はこちらの記事をご覧ください

※請求書をスグ作りたい方は、「Misoca」がおすすめです。簡単1分で作成可能。ぜひお試しください。

請求書をスグ作るなら「Misoca」
Misocaなら請求書がたった1分で作成可能。ユーザー数10万人突破!フリーランスや中小企業の方に特におすすめです。
Misocaを使ってみるMisocaを使ってみる

請求書の書類上での宛名はどう書くのが正しい?

国税庁のHPでは、請求書には
「書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称」を書きましょう。と言われています。

そのため、法人・個人それぞれの場合、下記のように書きます。

  • 法人宛の場合

    (例)株式会社◯◯ 御中

  • 個人宛の場合

    (例)山本太郎 様

  • 上記を記入すれば必須の項目は満たしています。

    より親切な請求書の宛名の書き方

    受取側の経理担当者が届いた請求書がどの部門で発生した請求かを判断しやすいよう、
    請求書に部署名を入れるとより親切でしょう。

    請求書はお金を受け取るための重要な書類ですので、取引先側にもわかりやすい請求書にするよう心がけましょう。

    Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。
    項目の確認にぜひ使ってみてください!

    その他業種の項目もたくさんご用意しております!
    ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。

    請求書作成サービス「Misoca」
    見積り項目チェックリスト「ミツモリスト」
    フリーランスブック

    カテゴリから選ぶ