Misocaで請求書を作成

英語の請求書の書き方とテンプレートをご紹介

英語の請求書を書くことはありませんか?
請求書の目的は、「取引先に対してこれをしました(納品しました)ので、その分の対価をお支払いください。」ということを伝えるためのものですので、そこを抑えていれば問題はありません。

どのような形が必要・正しいということもありませんので、取引先にしっかりと伝わるように請求してください。

まずは、英語で請求書を書くときに知っておくと便利な「請求書の英語」をチェックしておきましょう。

英語で請求書を作成する際に役立つ、請求書の英単語集

英語の請求書 テンプレートはこちら

以下のサムネイル画像をクリックすると、英語請求書の雛形(xls形式)が無料ダウンロードできます。
ご自分でアレンジしてご利用ください。

スクリーンショット 2015-08-29 20.35.31

英語の請求書の書き方

★1:まずこの書類がINVOICE(=請求書)であることを表記します。INVOICE#(=請求番号)を入れておくと問合せの際に便利です。さらにDATE=(請求日付)も入れましょう。

★2:左上に、自社の情報を入れてください。社名・住所・電話番号・メールアドレス・担当者名などです。

★3:自社情報の下、右側に取引先情報を入れましょう。担当者・所属・会社名・住所などです。

★4:自社情報の下のスペースに、振込のお願い・取扱銀行・口座番号・口座名義などを記入しておくと、さらに良い請求書になりますね。

★5:あとは、契約どおりの請求書であることが分かるように、取引内容・数量・単価・金額等を記入してください。

★6:結びには【事例】にあるように、「お仕事ができたことに感謝します」と一言添えるのが通例になります。

難しいことはありませんが、その都度作成するのは大変です。

テンプレートを用意しておいて、必要なときに対処できるようにしておくと良いですね。


Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。
項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。

請求書作成サービス「Misoca」
見積り項目チェックリスト「ミツモリスト」
フリーランスブック

カテゴリから選ぶ