Misocaで注文書を作成

注文書の断り方の文例

「注文を断る文例」を紹介します。

お断りをする理由は様々ですが、

  1. 相手への感謝
  2. お断りをする理由
  3. 今後の関係性に対してのフォロー

の流れで、誠意をもって丁寧に説明をしましょう。

注文を断る場合の文例

注文があったときにお断りする場合の文例です。

件名

◯◯ ご注文について

本文

◯◯株式会社
◯◯部 ◯◯課
◯◯様

お世話になっております。
ミソカインボイス株式会社の田中です。

この度は◯◯のご依頼(ご注文)をいただき、誠にありがとうございます。

貴社からのご依頼にぜひお応えしたいところではございますが、
現在、他の案件を対応中のため、ご希望納期でお引き受けすることは難しい状況です。
(条件等、お断りの理由を説明)

せっかくのご依頼にお応えできず、誠に申し訳ございません。
ご了承くださいますようお願いいたします。

またの機会がございましたらお声がけいただけますと幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

—————————————————-
ミソカインボイス株式会社
◯◯部 田中
TEL:000-000-000
メールアドレス:xxxx@example.com

補足

お断りする理由が納期の場合、いつ以降であれば対応できる旨を添えておくと、相手により誠意が伝わります。

まとめ

お断りをする際には、相手に誠意をもって説明し、良好な関係を築けるよう心がけましょう。

請求書作成サービス「Misoca」
見積り項目チェックリスト「ミツモリスト」
フリーランスブック

カテゴリから選ぶ