請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

受発注機能をリニューアルしました

先週木曜日にMisocaの受発注機能のリニューアルをしました。受発注機能というのはMisocaで受注の業務を簡単にする機能です。(詳細:https://www.misoca.jp/ordering )

この機能はReactとReduxというMisocaに今まで使ってなかった技術(Javascriptライブラリやフレームワーク)を採用しました。今回はこのチャレンジについて書きたいと思います。

MisocaのようなWebアプリケーションの場合、開発をコードが動く場所で分けると、コードがサーバ上で動く「サーバサイド」と、ユーザーのブラウザ上で動く「フロントエンド」に分けられます。

このうちサーバサイドの方は言語としてRubyと、そのアプリケーションフレームワークとしてRuby on Railsを使っており、基本的に常に最新版を使うということをしています。

一言に「最新版を使う」と言っても、新しいバージョンに対応するときは様々なテストが必要になるし、使えなくなる機能も出てくるのでアプリケーションの規模が大きくなればなるほど大変になります。しかしこの新しいバージョンへの追従をサボると新しい機能は使えなくなりますし、メンテナンスされないライブラリ等を使うことになりセキュリティレベルも低くなっていきます。

ですので、それなりのコストをかけてでも最新版を使っていくというのはとても大切なことですし、それが当たり前になっている開発というのは自慢できることです。

一方フロントエンド側についてはあまり自慢できる状態ではありませんでした。基本は2011年に私とマツモトが不得手ながら頑張って作ったものがベースになっており、その後もなんとかしたいと思いつつも手をつけられていませんでした。今回導入したReact+Reduxというのはこの部分の改善のためのものです。

そして、今回のリリースでそんなモヤモヤを払拭できました。めでたし。めでたし。

と、ここで終われればいいのですが、今回のリリースまでにはいろいろなことがありました。特に一番大きかったのは受発注以外の部分もリニューアルをしていたのを中止したことです。長いあいだ取り組んできたのですが、予想以上に時間がかかったことから他の機能のリリース予定との兼ね合いで断念しました。

時間がかかったのは新しい技術の導入にもかかわらず、デザイン的な変更や機能的な変更も盛り込んでしまったためでした。私の経験不足・判断ミスだったと反省しています。

今回の開発ではその時の反省を活かして進められました。技術習得も進んでいたためスピードもアップしています。プロジェクト管理についても新しいチャレンジができてうまくいきました。

プロジェクトの中止は非常に残念で辛いものでしたが、その時の失敗を反省しチームで学びに変えられたと感じています。今回のリリースから新しくなったフロントエンド開発も活発にしていき、さらに良いサービスにしていきたいと思います。

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

ビジネステンプレート

経理の教科書

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ