請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

「月3万円ビジネス 100の実例」を読んだ

月3万円ビジネス 100の実例」という本を読みました。

「月3万円ビジネス」とは月に3万円しか稼げないビジネスのことだ。いいことしかテーマにしない。このビジネスはたくさん有る。なにしろ月3万円しか稼げないから、競争から外れたところにある。奪わないで分かち合う。みんなで愉しみながら仕事を創る……。
2011年刊行の『月3万円ビジネス 非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法』でこのアイデアを発表したところ、日本各地でワイワイガヤガヤ仕事創りが始まった。
自然の恵みで生きる、オシャレなエコ、人と人を温かく繋ぐ、孤独でなくする、農村に人を惹きつける……など、カテゴリーに分けて100個の実例を紹介する。

というような本。

面白いのは、僕は

「月3万円か、じゃあ15個ぐらいは同時に進めて、月に45万円は稼がないといけないな」

と考えてしまうのだが、本書では月3万円ビジネスを3つやって、月9万円で生きていけばいいじゃないかという考え方も同時に提案されていることだ。

しかも、ネットで販売しない(PRなどはOK)ビジネスにするということ、月に2日しかかけてはいけないというようなルールもセットになっている。

本書はビジネス本でありながら、あたらしい生き方の提案でもあるのだ。

月3万円ビジネスの例として面白かったのは

  • ドライフードのドライヤーを作るワークショップ開催
  • おしゃれで小さな焼き芋屋
  • 井戸掘り代行
  • エッセンシャルオイルのキット販売
  • 油をしぼる
  • 太陽熱温水器のリサイクル
  • ユニークだけど、誰にでもできるPRをする仕事
  • ベランダでの稲つくりワークショップ開催

どうですか?何かできそうな感じがしませんか?

例えば私は自分の専門以外だと、「梅酒つくりワークショップ」「辛口ジンジャーエール作りワークショップ」「電子工作ワークショップ」なんかが開催できるかもと思いました。

どれもレシピを探して、材料を揃えてとやればすぐにできることですが、ワークショップ形式になってるといいですよね。

月に3万円という金額でも、自分で稼ぐというのは楽しい経験です。いまだとワークショップを企画して、フェイスブックで告知すれば開始できるというのが素晴らしいですね。

これから独立したい人、面白いことをやってみたい人におすすめの本でした。

月3万円ビジネス 100の実例
藤村 靖之
晶文社
売り上げランキング: 7,513

出張費を節約するとギフトカードがもらえる「Rocketrip」が面白い

Rocketripという海外サービスのビジネスモデルが面白いので紹介。

どんなビジネスモデル?

企業の出張費を抑えたいという課題を、節約分に応じて社員に報酬を与えることで解決するサービス。

  • 企業はRocketipにシステム利用料を支払うが、社員が節約してくれるので嬉しい。
  • 社員は節約分に応じてRocketripポイントを貰えるのでうれしい。

面白いと思ったところ

普通なら「最安値を探すアルゴリズムを作ろう」となりそうなところを、その工夫を社員にさせたというのが面白い。

利用者は1回平均$119ぐらいを貰えるみたいで、結構お得だ。

気になったところ

事例ではAirbnbを使って宿泊費を押さえたり、飛行機でいくところを車で行って節約したという話が紹介されている。

経費が安くなるのは嬉しいが、あまり劣悪な出張をされて疲労などで仕事に影響があっては本末転倒だ。(現地まで3時間歩く。新幹線も立ってのる。とかいう人がいてもおかしくない)

そのあたりをどう防いでるのか気になる。

考えてみたいこと

子供の頃にお遣いに行くと、お釣りをお小遣いとしてもらえたことを思い出すビジネスモデルだ。

会社と従業員が節約分を折半するというのは他にも応用できそうだ。

例えば会計事務所もこういうモデルで新規開拓してみたらどうだろうか。

pixiv SKETCH(pixivスケッチ)を使ってみました

pixiv SKETCHというお絵かきアプリがpixivからリリースされていたので使ってみました。
Web版とiOS版の両方がリリースされています。

「pixiv Sketch(ピクシブスケッチ)」とは、気軽に投稿できてコミュニケーションができる、サービスです。コミュニケーションというところに重きを置いているみたいですね。

利用規約の解釈の仕方によっては、このサービスに投稿されたイラストが改変され勝手に使われるというような心配もあるようですが、イラスト投稿者が神様であるpixivがどういう形であれそういうことをするとは考えにくいというのが合理出来な考え方じゃないでしょうか。

最近だとユーザーが投稿したものを使って宣伝するようなことはpixivはもちろんTwitterなども行っていることですね。

pixivスケッチの使い方の説明も兼ねて、どんなものか触ってみたので紹介します。

iOS版はこんな感じでした。

pixivアカウントでログインします

すると「みんな」という全投稿と思われるタイムラインが表示されます。

ここで皆の完成したものや書きかけスケッチを眺めるだけでも楽しい。

検索もできるので、好きな作品名やキャラ名で絞り込めます。

私も描いてみました。ブラシで描くしか機能としてはないです。塗りつぶしやレイヤーなどもないため本当に落書きにしか使えません。次に紹介する写真撮影のほうがメインなのだと思います。

オートセーブがついているというのが嬉しいです。

描いたものはすぐに公開できます。Twitterにもすぐにシェアできます。

今後は紙にかいたものを撮影してみます

水木しげる サラリーマン

サラリーマンの画を紙に描いたものを撮影してみます。
フィルターが選択できるので、ノイズを飛ばしながらある程度キレイにとれるようになっています。

しばらくすると、誰かにハートマークが付けられました。
まだサービスが始まったばかりということも会ってこんな画でも気に入ってくれる人がいるんですね。嬉しいです。

今回は「pixiv Sketch(ピクシブスケッチ)」とはどんなものかと思い試してみました。

絵を描くというのは時間がかかるので、その途中経過もコミュニケーションに活かすというのは目の付け所がさすがだなと思いました。

pixivの本アカウントの方にノイズはいれたくない、でも描きかけの画像などをアップロードして見てもらいたいというニーズは多そうです。さらに、尊敬するイラストレーター、絵師のものをみたいというのは更に多いでしょうね。

ただのお手軽お絵かきサービスではないポテンシャルを感じました。今後が楽しみです。

タスク管理モンスターが教えるこれからタスク管理を始める人におすすめの本5冊

前回はタスク管理について紹介したので、興味をもった人のためにオススメの方法を下記の点から紹介します。

  • 前提となるマインドセット
  • なにをやるか
  • どう分類するか
  • どれからやるか
  • どのようにやるか
  • ツールは何を使うといいか

本をベースに紹介しますが、私自身は他の方法もいろいろ試して散々挫折しながら今の方法にたどり着いています。どういう方法がいいかというのは人それぞれですので、まずは片っ端から試すのがいいでしょう。

前提となるマインドセット

気をつけていること

「忙しすぎて仕事が終わらない」という状態はない

やることが多すぎるというのであればそれは優先順位を正しくつけられていないだけだと考えます。ソフトバンクの孫さんよりあなたのタスクが多いということはあるでしょうか?彼も同じ24時間で生きています。また、あらゆるものをやるべきことと考えるなら「近所の川をキレイにする」というタスクがあってしかるべきです。
不要なタスクは切り捨てて重要なタスクに時間を使うべきです。誰かにタスクを詰め込まれているのであれば、自分の重要なタスクの説明責任を果たせていないと僕は考えます。

意志力と記憶力はないものと考える

タスク管理とは「頑張れば終わる」とか「いつかやる」なんてものはないと考えます。しかも実際にそんなものはありません。

なにをやるか

答え => 重要だけど緊急ではないことからやる

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
キングベアー出版 (2014-05-23)
売り上げランキング: 35

「7つの習慣」では人がやることを「重要だけど緊急なこと」「重要だけど緊急でないこと」の2つにわけていて、後者に力を注ぐことが大切だといっています。

この本でおすすめのフランクリン手帳とかは買わなくていいと思います。

どう分類するか

答え => GTDですべての仕事を洗い出して、スッキリさせて分類する。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 1,862

GTDというタスク管理手法があります。これはまずとにかく頭のもやもやをすべて書き出してから分類してとりかかろうという手法だと思っています。まずはこの方法で自分がやるべきだと思っていることを洗い出して分類するのがいいでしょう。

どれからやるか

答え => 一番大変で重要な仕事から

カエルを食べてしまえ!

カエルを食べてしまえ!

posted with amazlet at 14.12.13
ブライアン トレーシー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 10,405

一日が終わった時、その日やろうとしていた一番大変で重要な仕事さえ終わっていれば充実した日だし、それは目的に向かって進めていると思います。

どのようにやるか

答え => 自分がどのように時間を使っているか完全に把握し、見積をたててとりかかる

ドラッカー名著集1 経営者の条件
ダイヤモンド社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 8,666

「時間を管理するには、まず自らの時間をどのように使っているかを知らなければならない。」とドラッカーは言っています。また

「成果を上げる者は、仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。まず、何に時間がとられているかを知ることからスタートする。次に、時間を奪おうとする非生産的な要求を退ける。そして、得られた自由な時間を大きくまとめる」

とも言っています。では、時間の計測や管理をどうするのかというと私の調べた限りはタスクシュートや「たすくま」というiPhoneアプリを使うことが現時点では一番簡単です。

ツールは何を使うといいか

答え => とりあえずA4の紙とクリアケースで始める。デジタルツールは最小限に。

今私はEvernote、Trello、Googleカレンダー、「たすくま」といったツールを使ってやっていますが、始めた頃はすべて紙とGoogleカレンダーだけでやっていました。

デジタルツールは使いこなせればいいですがその使い方のせいでタスク管理が開始できなくては意味がありません。まずは不便でも紙のツールで我慢してタスク管理を習慣にすることが優先だと考えます。

まとめ

ここまで書き出してみると、タスク管理ってほぼ趣味みたいなものだなと思えてきましたが・・・まあなにかの参考になれば。

本当にこれからってひとはGTDをネットで調べて、紙とペンで始める所からがオススメです。僕はGTDの最初のタスクを書き出す作業を半日ぐらいかけてしっかりやったときにタスク管理ってのがどういうものか見えた気がしました。

 

3分でわかる急成長をつづける「ごちクル」のビジネスとは

宅配弁当・配達・デリバリーの総合サイト【ごちクル】

先日「ガイアの夜明け」でも特集された、有名店の弁当や料理を配達・ケータリングするサービス「ごちクル」。急成長する「ごちクル」とはいったいなんなのか、なぜ評判がいいのか、どういったビジネスモデルで、既存の宅配サービスとはなにが違うのか考察したいと思います。

サービス内容は?

ごちクルは主に法人企業向けに弁当や料理を宅配するサービスです。販促、受注、宅配をごちクルが受け持ち、料理は既存のお店に作ってもらいます。

出前館となにが違うの?解決する課題は?

出前サービスといえば出前館が有名です。違いは出前館は既存のデリバリー業者向けに集客をしているだけという点です。

それに対してごちクルでは

  • 商品開発
  • 高級店のデリバリー化
  • 一括受注・宅配

ということを行っています。これにより出前館ではできなかった下記のような課題を解決します。

  • 普通の弁当じゃない、美味しくて特別なものを出したい
  • 宅配システムを持っていない店でも宅配販売ができるようになる
  • 請求書で一括払いしたい
  • 支払先を1箇所にしたい

とくに下の2つは、企業の調達担当であればとてもうれしいものです。

まとめ

「高級・特別」と「法人特化」という切り口でごちクルは新たな市場を作り出しました。しかし単にその市場にサービスを展開するだけではここまでの成長はなかったでしょう。

店舗開拓・商品開発・コルセンターオペレーション・デリバリーシステムとすべてが高いレベルで組み合わせられるからこそ店舗は宅配を任せられるし、法人の調達担当も安心して発注できるのです。

ビジネスモデルはシンプルだけど、やってることは簡単には真似できない。そういった強みをもったごちクルはあっというまに企業にとって当たり前のサービスになっていきそうです。

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

ビジネステンプレート

経理の教科書

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ