請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

Misocaのリモートワークのやり方2018

こんにちは、豊吉です。

Misocaはリモートワークでやってる会社なのですが、最近ひとくちにリモートワークといっても各社いろいろなやり方があるのだと知りました。Misocaはリモートワークを初めて6年になります。いろんな工夫もしてきました。そこで今回はそんな我々のリモートワークを紹介します。

リモートワーク状況

採用サイト:数字で見るMisocaより

まずMisocaは名古屋市と松江市に拠点がある会社です。拠点以外の場所でも採用しており、現在福岡、島根、鳥取、富山、埼玉、大阪、岐阜、東京などに人がいます。

申請なしで全員リモートワークOK

リモートワークをするのに申請はいりません。研修中であるなどの例外を除き、誰でもいつでもリモートワークOKです。

(そもそも私には申請が必要という発想がなかったのですが、よく聞かれるので書いておきます。)

工夫していること(1) 場所は別々・仕事は同じ

全員がリモートワークできるだけでなく、社員全員がオフィスにこなくても(ほぼ)大丈夫という体制で会社の仕組みができています。どの会議もオフィスに人がいなくても普通に開催されます。

そしてオフィスの人とフルリモートの人で仕事をわけていません。全員が同じメンバーとして働いています。なのでフルリモートのメンバーがプロジェクトのリーダーの役割をすることもありますし、評価制度上の評価者をすることもあります。

工夫していること(2) 常時接続と監視カメラ

リモートワークするときは常時ビデオ会議システム(Zoom)に繋げておくというのがルールになっています。話すときだけ繋げるとするよりも、このほうが距離が近く感じるからです。

これによりリモートからオフィス、オフィスからリモートにも「◯◯さん、ちょっといいですか?」というように同じ部屋にいるように話しかけられるようにしています。

これをやっていない頃は、話したいときに「今Skypeいいですか?」などとチャットで聞く必要があり、これがストレスになっていました。

Zoomは開発マシンで動かし続けるには負荷が高いので、リモート前提で採用する人には開発用マシンとは別に我々が『リモートキット』と呼んでいるPC、マイク、スピーカーのセットを支給しています。

またリモートからオフィスに誰がいるかわからないと困ることが多かったので、オフィスには部屋全体が映るカメラが設置されています。世の中にはリモートの人を監視するソリューションがあったりするそうですが、Misocaではリモートの人がオフィスを監視しています。

工夫していること(3) 二週間のオンボーディング

%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af

(図: 新入社員向けの社内Wiki)

フルリモートで採用した人は、最初の二週間は名古屋に滞在してもらってオフィス通勤をしてもらいます。会社の色々を覚えてもらうことはもちろん、できるだけ多くの人と顔を合わせて密に話してパーソナリティをお互いに理解することが目的です。

名古屋滞在中にはリモートワークの練習ということで、滞在中のホテルなどから仕事をしてもらいリモートワークの感覚を掴んでもらったりもします。
(採用プロセスの中にも、別室でSlackだけで連絡を取り合いながら課題に取り組んでもらうという『擬似リモート』というテストをやっています。)

Tips(おすすめ情報とおすすめしない情報)

  • マイクとスピーカーの質がコミュニケーションの帯域を大きく左右する。2万以下ぐらいの機器はだいたい使えないと思った方がいい。複数人で話す場合に快適なのはヤマハの会議用マイク以上の製品です。逆に個人が使うものだとiPhone付属のイヤホンマイクで十分です。
  • しかし高級で感度の良すぎるマイクだと遠くの音まで拾いすぎるということも・・・
  • リモートランチ会、リモート飲み会などをするときは全員がリモートである必要がある。どこかに3人以上集まっているとそこ中心に話が進んでしまう。
  • 画面共有は非常に有効。Trello、議事録、カレンダーなどを共有しながらミーティングをすることで普通の会議より捗る
  • お菓子のビニールの音はマイクが拾いやすい。マイクの近くでお菓子を食べない。
  • たまには集まる。今は年に2回、全員集合するイベントがあります。(通称:社員全員OFF会)

よくある質問

サボる人がいないか心配ではありませんか?

最初聞かれたときは、そんな考え方をしたことがなかったのでびっくりしました。そんな人はいないと信じるという建前と、サボる人はオフィスでもサボるので気にしても仕方がないという割り切りでいます。

ただ、Misocaでは日報、朝会といった形で毎日コミュニケーションをとっているので、サボり続けるのはなかなか難しいです。サボるかどうかはチェックしていないけど、成果を出しているかどうかはチェックしていると言えるかもしれません。

対面よりコミュニケーションが十分に取れないのでは?

取れませんがこれも気にしても仕方ないです。私は紙の書籍の方が電子書籍より読むスピードが速いですが、電子書籍でも本を読みます。それと同じでデメリット以上のメリットがあるということです。

経費精算・勤怠管理は?

両方Web上のサービスを使っているのでリモートでも問題ありません。

今ある課題と今後

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-03-02-22-53-42

これまで色々な課題を乗り越えて今のスタイルになりましたが、課題もあります。よく挙がるのが雑談がしにくいというものです。雑談専用の部屋を作るなどの工夫をしたりしていますがうまくいっていません。それぞれのパーソナリティを知っていた方が仕事がしやすいことがあると思いますので、何か良い方法があれば試してみたいです。

最後に

Misocaのリモートワークは3人目のMisocaメンバーである@eitoballがジョインしたときに始まりました。@eitoballは県外からのリモートワークを希望していました。当時私たちにとってリモートでの開発は初めてでしたが、以前から尊敬していたエンジニアである@eitoballとリモートで働くか、働けないかという選択は迷うことは何もありませんでした。

私やMisocaは「なにをつくるか」ということと同じぐらい「どのようにつくるか」(正しい人と、正しい方法でつくる)ということを大事にしています。そのためにはMisocaの文化にマッチし、一緒により良いチームを追求できる人と働きたいです。そのためには働く場所の優先順位はとても低いと考えています。(採用サイト代表メッセージ

リモートワークのための環境やツール類はまだまだ発展途上です。工夫してきたとはいえ我々のやり方に大小様々な課題はまだあります。しかし大事なのは誰と働くかということです。課題があったとしてもMisocaの改善の文化で乗り越えて、どんどんいいものにしていきたいと思います。

おまけ(合わせて読みたい)

Misocaと富山と私 – Misoca開発者ブログ
スナバからのリモート勤務 – Misoca開発者ブログ
リモートワークは一つの手段 – Misoca開発者ブログ
Misocaのリモートワーカーの仕事環境 – Misoca開発者ブログ

ユーザーサポートの提供開始および、料金体系変更について

いつもMisocaをご利用いただきありがとうございます。Misocaの代表取締役の豊吉です。

本日Misocaのユーザーサポートの提供開始と料金体系の変更を発表いたしました。現在は使い方や操作のサポートは行っておりませんが、今後は電話・メール・チャットでのユーザーサポートをいたします。料金については、現在無料プランだけのところ、料金体系を見直し、無料のプランと有料のプランを提供していきます。

今回の変更はMisocaにとっても、私にとっても大きな決断です。多くの方が引き続き無料で使えるようにしていますが、それでもずっと無料で使えると思ってご登録いただいた方の期待を裏切ることになります。

弊社内でも様々な意見がある中で何度も議論を重ねてきました。そして様々な業種、経験のユーザーが急激に増える中、継続的に信頼できるサービスを提供していくには必要なことだという結論に至りました。この場をお借りして変更の経緯を説明させていただきたいと思います。

Misocaは2011年に私(豊吉)のフリーランス時代の「請求業務をかんたんにしたい」という想いからスタートしました。できるだけ私と同じようなたくさんのフリーランスの人に使ってもらいたいからと、多くの機能を無料で使えるようにしました。

それから6年が経ち当時はまだわずかだったユーザーが現在はおよそ20万ユーザーに成長しました。毎月の請求額は数百億を超え、日々大きなやりがいを感じながらサービスを運営しています。現在では元々の請求書を簡単に送れるサービスという枠を超え、取引全体を簡単・安心にできるプラットフォームを目指して売掛金の保証を始めとした多数の機能追加をしてきました。

ここまでMisocaが成長できたのは、Misocaを愛してくださった利用者の皆様のたくさんの口コミやフィードバックのおかげです。時には不具合でご迷惑をおかけすることもある中、Misocaをご利用いただいて本当に感謝しています。

一方、急激に増える多種多様な利用者の要望に応え、ビジネスツールとして安心して使っていただくには足りない点も出てきました。例えばインフラ、アプリケーションの保守管理体制の強化、ユーザーサポートの体制強化などです。事業者の重要なデータを預かり、取り扱うサービスとして社会的責任を果たすためには、これまでと同じ体制では不十分と考えました。

そこで当初の小規模事業者・フリーランスを応援するという方針は変えることなく、継続的に信頼できるサービスを提供するため料金体系を変更するという結論に至りました。

新しい料金体系は長い時間をかけて議論をして決めました。まずは既存のユーザーのおよそ7割が無料で使えるようにし、これまでと機能差はできるだけ無いようにしました。その上で毎月ビジネスで使っていると言える6枚以上の利用者から月々の請求書の枚数に応じて利用料金を頂くというモデルに決定しました。そして単に有償にするだけでなく、これまでなかった電話とチャットでのサポートの提供を開始することにしました。

我々はMisocaで世の中をシンプルにしたい、取引にかかるコストを下げ、より生産的な活動に集中してほしいという思いでサービスの運営・開発をしています。今回の料金変更でMisocaがより安心かつ信頼できるものになり、利用者の皆様の業務をさらにシンプルにするサービスとして成長していくことをお約束します。

引き続き事業者を応援するサービスとして発展してまいりますので今後とも変わらずご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

Misocaでの開発以外でのSlackの活用方法を紹介します

こんにちは。
本日Misocaの開発ブログの方でSlackというチャットツールの活用方法を紹介した「Slackを使いこなすための設定とMisocaにおけるSlackしぐさ」という記事が公開されています。

Misocaでは開発以外でもSlackを使っていますので、私の方からは開発以外での活用方法を紹介します。

お問い合わせ連携

Misocaにお問い合わせ・意見・質問・不具合報告などがあるとSlackに自動で通知されるようになります。ユーザーの意見を常に見れるようにしておくという意味と、不具合や問い合わせの技術的な議論がSlackで即座にできるようにという意味があります。

共有しておくことでカスタマーサポート担当が見る前に

「あ、これなら俺知ってるよ」

と解決したりします。

もちろん取り扱いに注意すべき情報が投稿されることもあるので、プライベートチャンネルという仕組みで限られたメンバーだけがアクセスできるようにしています。

経費精算連携

Misocaでは経費精算の申請はネットで受け付けるようにしています。そして受け付けた申請はSlackに通知され全員が閲覧できるようになっています。

Misocaでは現在書籍の購入費や各種経費について特に使い方の上限を決めていません。私を含め全員で公開しておくことで監視の仕組みや複雑なルールなしでやっていきたいという狙いがあります。

勤怠管理連携

勤怠時刻の修正や有給の申請もSlackに投稿されるようにしていて全員が見れるようにしています。内容に問題がなければ私が申請の承認botを動かして承認をします。

小技

住所やロゴデータなど定期的に知りたいものってありますよね。そういうものはキーワードに反応して定型文を返答してくれるbotに登録しておきます。

いかがでしたでしょうか。私は社内の情報で共有できるものは共有していったほうがいいというスタンスです。共有することで透明性が高まったり、お互いの仕事の理解が深まったり、自然な助け合いが生まれると思います。

ぜひみなさんの活用方法も教えてください。では

コミュニティースペースができるまでの思い出

slack_for_ios_upload_1024

Misocaにはコミュニティスペースという弥生と共同で使っている部屋があります。ここは休憩したり、仕事をしたりと自由に使っています。

部屋には寝れるぐらい大きいソファやカウンターチェア、コーヒーセット、自動販売機などがあり気分転換にはとても良い部屋です。

私がこの部屋を作る責任者だったので、その時の思い出を書きたいと思います。

畳を置くか置かないか問題

まずMisocaメンバーの意見を取り入れようとどんな部屋にしたいか皆に聞きました。するとリラックスできるから畳を置きたいという人たちが数名いました。

私は焦りました。なぜなら私はオフィスに畳を置くのは嫌だったからです。しかし反対意見なのは私だけでした。

本来は皆の意見を尊重するべきなのですがどうしても嫌だったのでこっそり畳なしで進めようとしました。しかし、それはなぜかバレてしまいました。

止むを得ずこの後は畳を導入することで話を進めました。自分が責任者なのに自分が絶対に嫌なことを進めるというのはとても辛い経験でした。

しかし奇跡は起きました

コミュニティスペースの場所の都合上、ビルの管理会社の許可が必要だったので確認を取ったところ、なぜか畳はNGとなったのです。おそらく「畳=床材の変更」もしくは「畳=火災の危険」みたいな管理規定に引っかかったのだと思います。

NGになったのは私のせいではないのですが、皆が私を疑っていることが「社長」という普段目にしない敬称が使われているところから読み取れて悲しいです。

コーヒーをどうするか問題

次に「コミュニティースペースでコーヒーを飲めるようにしよう」という提案がでました。Misocaのメンバーは私を含め毎日コーヒーを飲んでいる人が多いので盛り上がりました。

オフィス機器の業者に見積もりをもらって、興味のある8人ほどで集まってどういうものがいいか意見を出してもらいました。すると

  • ミルクが入ってないと飲めない
  • 豆が選べないなら飲まない
  • どうせなら1杯ずつ挽いてドリップで飲みたい
  • 安物のコーヒーを飲むぐらいならコンビニで飲む
  • アイスコーヒーが飲みたい

などという意見が出ました。要するに皆がコーヒーを飲んでいるようで、実は好みはバラバラだったということです。結局意見はまとまらないためコーヒー同好会は30分ほどで解散しました。

現状は電動ミル(ナイスカットミル)とドリッパーを置いて、各自が豆を持ってくるというスタイルでコーヒーを楽しむようにしています。ナイスカットミルはとてもいいですね。

こんな感じでいろいろあったコミュニティスペースですがMisocaへお越しの際は是非のぞいていってください。

松江オフィス始まります(松江でミートアップも開催)

img_5706

先日島根県からも発表があったように、いよいよ松江オフィスがスタートします。オフィスの開所は11月1日で、場所は関係者に「ルビービル」(回文)と呼ばれている駅前の松江センタービルです。

写真は弊社が新規立地計画というものを出し認められたのでその調印式の時のものです。(左:島根県溝口知事、右:松浦松江市長)

この計画を提出したことにより、交通費や人件費などで様々な支援が受けられます。こういった制度は金銭的な支援面に目が行きがちですが、私としては島根や松江をRubyで盛り上げていこうという職員の人たちとチームになれたというのが嬉しいです。

今週はRubyWorld Conference 2016が松江で開催されます。Misocaのメンバーも何人か行きますし、島根のスタッフでThinreportsのコミッターである@hidakatsuyaももちろん参加します。

Misocaではそれに合わせて の前日に一緒にご飯を食べる企画をしています。まだ応募可能ですので是非ご参加ください。

RWC2016前夜にMisocaメンバーとご飯を食べよう(締め切り:11月1日まで)