請求書の書式に決まりはあるの?

請求書の書式に決まりはあるの?

請求書に決まった書式ってあるの?

請求書の書式には、「このようにしなければならない」という法律上の決まりはありません

しかし、請求書を作成するにあたり、必ず記載しなければならない項目があります。

請求書に必要な基本的な項目とは

請求書を作成する時に必ず必要となる項目は、下記が挙げられます。

  • 書類作成者の氏名又は名称
  • 取引年月日
  • 取引内容
  • 取引金額(税込)
  • 書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

ただし、これだけでは実務上足りないと思われるため、以下の項目も記載するといいかと思います。

  • 支払期限
  • 振込先

他には、消費税を別記したり商品の単価を記載するなど、取引相手が内容が分かるように作成するといいでしょう。

請求書のテンプレートが欲しい!

書式が決まっていないと言われると、いざ自分でテンプレートや雛形を作るのはちょっと面倒ですね。
クラウド請求書管理のMisocaでは、今すぐに使える無料の請求書テンプレートを多数公開しています。
ご自分で請求書書式の作成や設定を行う必要なく、すぐに利用できるのでたいへん便利です。

Misocaでは初めての請求書作成でも安心の項目チェックリストをご用意しております。項目の確認にぜひ使ってみてください!

その他業種の項目もたくさんご用意しております!
ご自身の業種をミツモリストで探してみてください。