mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

フリーランスが年商180万円から1,000万円以上にした具体的な方法

投稿日:2016年2月25日

9ZO4JH39HD
「働いても働いても忙しいばかりで売り上げが増えない!」

そう悩んでいるフリーランスや個人事業主のためのエントリーです。月15万円(年商180万円)の売り上げで起業した私が、毎月100万円以上の売り上げを達成するまでにした方法を紹介します。

私はオークション出品代行・Webサイトの管理というところから始めて、最終的にはWebシステム開発や自社Webサービスの運営というので安定的に年商1,000万円以上を売り上げるようになりました。年商1,000万円が多いとは思いませんがスキルのないところから徐々に売り上げを上げていったステップや考え方が参考になれば幸いです。

月15万円、オークションの出品代行で起業

ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_s
私が起業したのは2004年。最初にもらった仕事はオークションの出品代行でした。
1つ出品して300円、売れたら成果報酬で数%という仕事です。商品の写真を撮って、出品してというのを一日中やっていました。他にもECサイトの管理なんかをしていました。

当時はHTMLがギリギリわかるが、Webのシステム開発などは全くわかないという状態です。ECサイトの在庫管理をシステム化したいと思うった時も私が最初に買ったのは「XML」の本でした。知識がなさすぎる私はプログラミングやデータベースの本が買いたかったのに、プログラミング言語でないXMLの本を買ってしまったのです。

そこで、私は今のHTMLとCSSというスキルセットでは絶対に仕事は増えないし単価も上がらないと思い、PHPの本を買ってPHPを一生懸命覚えました。普段の仕事が終わってからの勉強だったので大変でした。しかもWeb業界のことを知っているわけではなかったのでPHPを覚えて仕事が増えるかどうかもわかりませんでした。合わせてMySQLの本も買ってデータベースの知識もつけることができました。

月30万円、PHPでシステム開発を始める

0f981db4957fc9bd134bda27725b99252-1024x439
2006年、愛知万博が開催されたころ、PHPとMySQLを組み合わせたシステム開発をしていました。フリーランスでシステム開発ができる人は少なかったので仕事は徐々に増えていきました。

システム開発のスキルはまだまだ足りなかったので、Web制作会社やシステム開発会社にアルバイトにも行きました。そこで本当のプロのやり方というのを学ぶことができましたし、仕事もさらにもらえるきっかけになりました。

この頃、Mojavi, Ethna, MapleといったPHPのWebアプリケーションフレームワークで始めました。これらを使うと以前とは比べ物にならないぐらい高速にシステム開発ができるようになりました。このおかげでそれまで扱うことのできなかった少し大きめの案件も自信を持って受けられるようになり売り上げが伸びていきました。

月50万円、システムをパターン化して高速化

ライター①

Webアプリケーションフレームワークが使えるようになったことのメリットの一つにコードの再利用がしやすくなったことがありました。今までは案件ごとに1からコードを書いていたが、似たような案件であれば大部分のコードが使いまわせるようになりました。

そのためデザインも一緒に自分の中でパターン化をして、簡単な在庫や顧客管理、カタログサイトのようなものなら素早く作れるようになりました。これによりさらに売り上げが伸びました。

月100万円、自社サービス開発に投資

プロコーチイメージ
次々と仕事をこなせるようにはなりましたが、やはり一人でできる仕事には限界があります。このまま同じことを続けていても、これ以上売り上げは伸びないかもしれないというのを感じました。

そこで以前から興味があった自社のWebサービス開発をすることにしました。しかし、いざやろうと思っても自分ではなかなか怠けてしまい開発が進みません。そこでアルバイトを雇って開発をしてもらうことにしました。

この頃、私はシステム開発会社にアルバイトに行き、アルバイトの人は私の事務所で私のためにサービス開発をするという時期がありました。だったら自分でサービス開発をすればいいのにと自分でも思いましたが、未来への投資を自分でするのはなかなか難しいのです。

自社で開発したサービスはうまくいかなかったものがほとんどで200万円以上の損をしました。個人にとっては大金です。しかし結果うまくいった幾つかがそれ以上の金額を稼いでくれました。

年商1,000万円を達成

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_s
これで月々の受託開発と既存システムの運営費用、自社サービスからの売り上げで年商1,000万円を達成しました。その後も安定的に売り上げを伸ばしていき、現在の会社の設立に至ります。

売り上げを効率良く伸ばすために大事だと思うこと

私が売り上げを伸ばすために大事だと思うことは3つです。

・仕事がもらえる人になる
・パターン化と最新の技術で、高品質なものを市場価格より安く提供する
・売り上げの一部を投資する

順番に見ていきましょう

仕事がもらえる人になる

大前提ですね。私が仕事をもらうために気をつけていたことはシンプルに「顧客の課題を解決できる人になる」ということです。詳しくは別エントリ「フリーランスが成功するために最も大切にすべきこと」に書いてありますので是非ご覧ください。

パターン化と最新の技術で、高品質なものを市場価格より安く提供する

まだ使う人が少なかったWebアプリケーションフレームワークを使い、ニーズの高いシステムを素早く他業者より安く提供できるようになったことで仕事が増えました。
少し前ならモバイルアプリ、今ならUI/UXデザイン、IoT関連、人工知能関連でサッとシステムを提供できると売り上げは簡単に伸ばせます。

売り上げの一部を投資する

私の場合はアルバイトを雇い、自社サービスを開発するということをしました。一時的には売り上げは落ちますが、一人でやっていても加齢とともに学習能力や売り上げが下がっていくことは明白です。売り上げに余裕がある時こそ投資をして成功の種をまくことが大事です。

ちなみに私が失敗してきたサービスについてはこちら(僕が作ってきたWebサービス追悼式 #NGK2012B)をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は私がフリーランス時代にどうやって売り上げを伸ばしてきたかを紹介しました。「ヒントになった!」という人がいれば嬉しいです。

プロフィール

_DSC3332_w1024

株式会社Misoca
代表取締役 豊吉 隆一郎(とよし りゅういちろう)

世の中を仕組みでシンプルにしたいという想いで、複数のWebサービスの開発や売却の実績を積む。さらなる飛躍を目指し2011年6月に株式会社Misoca(旧名スタンドファーム株式会社)を設立。

【事業概要】
6万事業者が登録し、毎月70億円の請求書が作成されるクラウド型の請求管理サービス「Misoca」を運営。 郵送まで自動化し、従来手書きやExcelで行われていた請求業務を大幅に効率化する。決済機能や売掛保証なども提供し、請求だけでなく取引全体がクラウドで完結する未来を「Misoca」で実現する。

【この記事を読んだ人にオススメの記事!】

・スタートアップがお金を払って使ってるサービスまとめ(Misoca編)

・アプリのバックエンドサービス(BaaS等)のまとめ

・上京して3年目の典型的な会社員が、月収を2倍にしてハワイに移住するまで。移住してから。

・フリーランスが移住したい!補助金や支援の手厚い地方一覧

・「イケダハヤトの住む町」高知県長岡郡本山町への移住費用はどれくらい?

・「フリーランスの島」奄美大島への移住費用は?

・徳島県神山町で開発合宿をするにはいくらかかる?

・フリーランスの確定申告は税理士に依頼しよう

・フリーランスにおすすめ・お得なクレジットカード

・最大5億円支給!地方移住するならここをチェック!

 

関連記事

ユーエスジェイ
話題のハリーポッターも!USJを貸切ったらおいくら?
db203cfb7b9ba345b18c20778910ffd1_s
お父さんが育休をとったら、家計はどうなるの?
確定申告
フリーランスの確定申告は税理士に依頼しよう
iron-man
『アイアンマン』のスーツを実在のテクノロジーで再現しようと思ったら、とんでもない見積結果になった!
宝くじ
サマージャンボ発売直前!宝くじで1億円以上を当てるにはいくら必要?
0D9BF61E08
日本徒歩縦断にはいくらかかる!?
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス