mitsumolistロゴ

使い方

mitsumolistについて

社内の労働環境を改善するのにかかる費用。換気にかかるコストって?

投稿日:2016年2月8日

仕事
インフルエンザや胃腸風邪が流行るこの季節。
オフィス内の空調って気になりますよね。
みなさんのオフィスでは何か工夫されていますか?

当サイトを運営するMisoca(ミソカ)では、社員数が増えてきて、暖房をつけるこの時期になると、空気がこもってとにかく息苦しいんです。

みんなで声を掛け合い、適宜換気を行っていたのですが、
「そろそろ換気したい気持ちになってきたけど自分だけかな?」
「さっきも換気したし、『またか』と思われないかな」
など余計な精神的負荷がかかっていました(ほんとの話!)

そこで、Misocaが実際に導入した事例を元に、社内の労働環境を改善するためにかかる費用をご紹介します。

文明の利器の力を借りて社内環境を快適に保つ

空気品質センサーがついた個人用の気象観測機器Netatmo ウェザーステーションを購入しました。
Netatmo

これを使えば、屋内・屋外の環境が一目瞭然。
温度、湿度、二酸化炭素濃度、騒音、室内の快適快適性を測定します。

お値段1つ 24,500円

専用のページにログインすると、
室内の温度や二酸化炭素濃度が数値化され、わかりやすくグラフでも示されます。

社内環境

Misocaでは、設定した値に二酸化炭素濃度が達すると、
Botが「換気しましょう」と自動通知してくれるように設定しているので、
数字を常に気にする人件費はO円です。

換気にかかる人件費

とはいえ、窓やドアを開けるのは人間の役目。
Botから通知が来ると、みんな一斉に立ち上がり窓を開けます。
そして上着を羽織り、寒さに備えます・・・耐えること20分。
換気終了の合図とともに、窓を閉めます。
これが1日に2回ほど。

人件費を試算してみましょう。
立ち上がって窓を開け、上着を羽織るのにかかる時間は、30秒 × 6人 =3分
立ち上がって窓を閉め、上着を脱ぐのに、30秒 × 6人= 3分
上着を羽織るメンバーはこれ以外にも3人くらいいるので、プラス1分30秒。

1回の換気にかかる時間は、7分30秒
これが1日2回なので15分。

時給平均が2,000円だったと仮定すると、500円/日くらい。
ランニングコストとしては、たったこれだけです!(あ、電気代)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
世界中のNetatmoユーザの情報がリアルタイムで地図上に表示さますので、楽しいですよ。

注意:netatmo利用にあたっては、100V電源とWi-fiが必要です。

関連記事

幼稚園
日本で一番お金のかかる私立幼稚園を卒園するにはいくらかかる?
名称未設定
ネットショップで起業!ECサイトを構築するのにかかる費用はどれくらい?
地方移住
最大5億円支給!地方移住するならここをチェック!
f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s
狙え一攫千金!温泉を掘り当てるにはいくらかかるのか検証してみた
8e2526f0e7c8691843cae90096aab07e_s
出世より起業を狙え!会社設立のための費用を見積もってみた
ユーエスジェイ
話題のハリーポッターも!USJを貸切ったらおいくら?
見積書作成サービス「Misoca」
1分で見積書を作成
フリーランスブック

業種一覧

最新の見積り料金記事

■ 業種を検索
見積り料金公開
ミツモリストの使い方
見積書作成サービス