注文書作成は
1分で完了させる

無料
  • 書き方が分からなくても心配なし!書き方が分からなくても心配なし!
  • 見積書からワンクリック変換見積書からワンクリック変換!
  • エクセルはもう必要なし!エクセルはもう必要なし!

1分で作ってみる

注文書

Web制作の注文書・注文請書の書き方

Web制作・ホームページ制作での注文書・注文請書の書き方を紹介します。

とその前に、

「注文書の作成が大変!」という方は、ミスなくカンタンに注文書が作れる「Misoca」(無料)がおすすめです!こちらから試しください↓

Misocaを使ってみる

↓項目を記入するだけで経理書類が簡単に作成できてしまいますよ↓

注文書の作成画面

Misocaを使ってみる

Web制作での注文書(発注書)・注文請書とは

注文書(発注書)・注文請書は契約を交わす意味がありますので必ず取り交わすようにしましょう。特にWeb制作の場合は納品に時間がかかりますし、単価も高いですのでトラブルを防止するためにも重要になります。

この他、簡単な仕事の場合はメールや口頭で仕事を依頼したり、取引基本契約を交わして仕事を開始する場合もあります。

Web制作の場合のポイント

ポイントとして注文書には最低限下記の内容が書かれている必要があります。

  • 受注者名
  • 注文者名・住所・連絡先
  • 注文日
  • 品名とその数・金額
  • 納期
  • 納品場所・方法
  • 支払い条件

またWeb制作の場合は、リリース後の保守費用や、対応ブラウザ、モバイル対応など事前に確認しておくべきことが多いので、これらのことも記載しておくといいでしょう。その他にも確認すべきことは下記ページで紹介しています。

注文書(発注書)・注文請書を作る方法

通常は専用ソフト・サービス・Excelなどを使うことが多いです。当サイトが運営するMisoca(無料)を使えば見積書を作るだけで発注書が作成でき、そのまま注文請書・納品書・請求書と自動で作成出るのでオススメです。

Misocaを使ってみる

さいごに

先程も紹介しましたが、無料のMisocaを使えば簡単に注文書・注文請書が作成できます。こういうサービスを活用してどんどん仕事を効率化させていきましょう

Misocaを使ってみる

以上、注文書・注文請書の書き方の紹介でした。

 

やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ