Misoca API (v3) を公開しました

いつもMisocaをご利用いただきありがとうございます。

主に開発者の方に向けて、API経由でMisocaの一部機能を利用できるようになりました。

詳細につきましては API ドキュメント をご参照ください。

また、本機能についてのご意見ご感想ご要望などは、Misocaご意見フォーム(要ログイン) からお寄せください。

他社サービス連携によるログイン機能見直しのお知らせ

いつも Misoca をご利用いただきましてありがとうございます。

この度、他社サービスによるMisocaへのログイン機能を見直すことになりましたため、ご案内いたします。

変更点

新規登録画面において、
「Facebookアカウントで登録する」
「Twitterアカウントで登録する」
「A-SaaSアカウントで登録する」
を選択した場合、
これまで10日後までに必要だったメールアドレス登録を、
アカウント作成直後に必要となるよう変更する。

今後の予定

2017年より順次他社サービス連携による新規登録機能を停止し、
2017年6月(予定)にすべての他社サービス連携によるログイン機能を停止します。

————

本機能をご利用いただいておりました皆様には大変ご不便をおかけしますが、
今後のMisocaの発展のため、どうぞご理解のほど、お願い申し上げます。

以上、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
今後とも Misoca をどうぞよろしくお願いいたします。

山田会計事務所様 | 導入事例

山田会計事務所様

請求書一括作成を活用して、作業時間が1/3になりました

税理士

山田会計事務所様

今回は、弥生PAP会員である昭和53年創設の「山田会計事務所」様にお話を伺いました。

Misoca導入前は見積書・請求書作成をどのように行っていましたか

Excelのテンプレートをカスタマイズして使用していました。
作成した請求書を印刷・押印、封筒に宛名を印字・封入・切手貼付・投函するという流れです。
毎月3時間ほどかかって作成していました。

kaikei_yamada_01

Misoca導入前にどんな課題がありましたか

前述の通り、Misoca導入前は、Excelで作成した請求書を印刷して、
1通ずつ封入・投函していたので、繁忙期は請求業務にかかりきりになる状態でした。
そうすると、本来の業務に時間を割くことができませんので、大きな課題だと感じていました。

Misocaを使い始めたきっかけを教えて下さい

請求業務の時間コスト削減の方法はないかと思案していたところ、Misocaの存在を知りました。

私どもは、「まずはやってみよう!」という方針なので、
今までのやり方を捨てて、新しくMisocaを利用することに抵抗はなかったですね。

Misocaへ移行する際にかかる作業量と、このままのやり方を続けることを天秤にかけると、明らかにMisocaを使用したほうが良いだろうと判断し、使い始めました。

Misocaをどのように活用していますか

毎月顧問料が発生する顧問先様については、Misocaの自動作成予約機能を使って、指定の日に自動で請求書が生成されるように設定しています。
自動作成された後に、内容を確認してから郵送手続きをします。

決算時報酬などで請求書の内容が変わる場合は、Misocaの請求書一括作成機能(CSVアップロード)のテンプレートに合わせて作成した、オリジナルのExcelフォーマットを使って作成しています。
このCSVをMisocaにそのままアップロードすることで、1つずつ請求書を作成しなくても一度に請求書が作成できるようになります。

Misocaを実際に使ってみて効果はありましたか

作業時間が確実に減りました。
Misocaを導入してからは、CSVで請求書データを一括作成・一括アップロードのボタンで請求書作成・内容をPDFで確認・郵送手続きという流れに変わりました。
そのため、毎月3時間かかっていた請求書作成が、Misocaだと1時間もかからず作成できるようになりました。
時間コスト削減に成功ですね。

郵送作業が、ワンクリックで終わるようになったことも大きいです。
封筒に宛名を印字・封入・切手貼付・投函する作業が、Misocaだと郵送手続きボタンをクリックするだけ。
とても簡単になりました。

Misocaのおすすめ機能 / ポイントを教えて下さい

自動作成予約機能を活用しているのですが、請求書が生成されるとメールで通知がくるのが嬉しいですね。
通知があることで、作業漏れが発生しません。

あとは、いかにCSVを完璧に整えるかがポイントだと思います。
使い始めて間もない頃は、CSVテンプレートに合わせて作成したオリジナルのExcelフォーマットで、動作がうまくいかないこともありましたが、試行錯誤を重ねて今の形に落ち着きました。
一括作成機能(CSVアップロード)をうまく活用することで、作業工数が劇的に変わります!

無料でMisocaを使ってみる

事業概要

kaikei_yamada_02

名称:
山田会計事務所
ホームページ:
http://www.kaikei-home.com/yamada/
所在地:
愛知県安城市
事業内容:
税理士業

会計事務所シンシア様 | 導入事例

会計事務所シンシア様

入力間違いに気づくことができるなど、細かい部分も便利です。

税理士・会計士

会計事務所シンシア様

今回は、弥生PAP会員である会計事務所シンシアの野見山様・池田様にお話を伺いました。

貴所について教えて下さい

会計事務所シンシアは、会計税務顧問の他に、創業や資金調達などのコンサルティングも行っている会計事務所です。
 自社のメディア「ビズバ!」で情報発信も行っています。
sincere_01

Misocaを使い始めたきっかけを教えて下さい

シンシアは、元々顧問先への請求業務にMisocaを使っており、複数のチーム体制で請求業務を分担する際にも、他のチームでもMisocaを採用しました。

Misocaをどのように活用していますか

Misocaは請求業務で使っています。各チームごとにアカウントを作成して利用しています。
Excelで顧問先管理を行っており、そちらで顧問先ごとの毎月の顧問料や決算時報酬を管理して、請求金額をMisocaに入力して請求書を作成しています。
顧問料は毎月同じなので、前月分を複製して作成しています。

入金は、日税ビジネス・サービス口座振替を利用される顧問先と、銀行振込の顧問先がいらっしゃるので、請求書のテンプレートを口座振替用と振込用で使い分けています。

先に使い始めたチームの方では郵送機能を使っていますが、最近立ち上げたチームの方ではまだ郵送は使っていません。自分たちで封入する前にも何重にもチェックしており、封筒と中身と送付状が間違っていないかもチェックしていますが、請求書送付は間違えられないので神経を使います。もう少し請求件数が増えてきたら郵送機能を使ってみたいと思います。

Misocaのおすすめ機能 / ポイントを教えて下さい

シンシアに転職してきて初めて「請求書」というものを作ったのですが、Misocaなら誰が見てもスグに作れるというのは良いなと思いました。品目と金額を入れてお客様の名前を入れてと、Misocaを使っていて操作に困ったことはありません。変に悩むことなくサクサク作れるのが良いです。初めて請求書を作成する人にはお薦めです。

また、請求先名を一文字間違えていても、得意先情報を新規作成するか上書きするのかアラートしてくれるので、入力間違いに気づくことができるなど、細かい部分も便利です。
作成済と入金済の2つのステータス管理で送付済や入金済の管理ができることころも便利ですね。

無料でMisocaを使ってみる

sincere_02

事業概要

名称:
会計事務所シンシア
ホームページ:
http://www.sincere-acc.net/
所在地:
東京都荒川区
事業内容:
税理士業務・会計士業務・コンサルティング業務

Misoca操作方法の動画を公開中です

YouTubeのMisoca公式チャンネルにて、Misocaの操作方法の動画を公開しています。

設定・請求書作成・発行・会計連動など全部で9本あります。

Misocaの使い方をざっと知りたい場合にご覧ください。

やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ