一括作成機能で明細行ごとに消費税率を指定できるようになりました

新機能のお知らせです。

一括作成機能のテンプレートに消費税率欄が追加され、明細行ごとに消費税率を指定できるようになりました。

一括作成機能とは?

記入用テンプレートに必要情報を入力しアップロードすることにより、複数の請求書を一括で作成することができる機能です。

一括作成機能の利用方法は下記サポート情報ページを参照ください。
請求書をCSVで一括作成する

変更点

CSVテンプレートが変更され、明細行ごとに消費税率を設定できる項目が追加されました。
消費税率の項目には、「5,8,10,R8」のいずれかを入力すると、作成された請求書の明細の消費税欄に反映がされます。
(R8は軽減税率8%として反映がされます)
image

ご注意ください

  • CSVファイル内で明細に消費税率が指定されていない場合は、自社情報にて設定されている消費税率を反映します。
  • CSVテンプレートにこれまで文書単位での[消費税率]の項目がありましたが、明細行ごとに[消費税率]を設定できる項目が追加になったため、文書単位での[消費税率]の項目が削除されています。
    そのため、文書単位での[消費税率]の項目を設定している場合、CSVファイルを取込み時にエラーとなり読み込まれません。
    お手数ですが、文書単位での[消費税率]の項目を削除して取込をお願いします。

2019年10月から消費税増税・軽減税率がスタートします。
Misocaの消費税増税・軽減税率への対応はこちらのページにまとめております。
Misocaの消費税増税・軽減税率への対応について

自動作成予約の設定の変更がお済みではない方は、2019年10月1日までに変更をお願いいたします。

iPhoneアプリで共有リンクの発行ができるようになりました

Misoca iPhoneアプリ 新機能のお知らせです。

Web版のみ利用可能だった、文書の「共有リンク発行」機能を追加しました。
これにより、発行時に「郵送」「メール送信」「共有リンク」の中から発行方法を選ぶことができます。

共有リンク発行のご利用方法

文書の発行方法の選択をする際に、「共有リンク」の選択で発行がされます。

文書一覧画面から共有リンクを発行する

文書一覧画面から共有リンクを発行する方法

文書詳細画面から共有リンクを発行する

文書詳細画面から共有リンクを発行する方法

リンクを他のアプリでの共有も可能

発行後、リンクのコピーだけでなく、LINEやSlackなど外部アプリで共有することもできます。
他のアプリで共有をする
Slackに貼り付けている画面

注意

郵送・メール送信と同様に、発行後は文書編集をすることができません。


いかがでしょうか?
ますます便利になったMisoca iPhoneアプリ をぜひお試しください。

2019年 夏季休業のお知らせ

Misocaの夏季休業中のサポート及び発送スケジュール等についてご案内いたします。

請求書発送スケジュールについて

通常通りのスケジュールとなります。

Misoca回収保証の保証審査について

通常通りのスケジュールとなります。

カスタマーセンター営業日について

◆休業期間
詳細はこちら(https://www.yayoi-kk.co.jp/news/20190716.html)をご覧ください。

文書の作成時に電卓機能が使えるようになりました

新機能のお知らせです。

請求書・納品書・見積書・自動作成予約・受注フォームの作成/編集画面内にある、
数量フォーム・単価フォームに電卓機能が追加されました。

calc

数量・単価フォームにカーソルを合わせると電卓のアイコンが表示されます。
その電卓アイコンをクリックすると画面上に電卓が出現し、電卓上で計算をした内容をフォーム内に入力することができます。

キーボードのみで入力を行いたい方は、
電卓アイコンが表示された状態でF4 または Space キーを押すと、電卓の表示・非表示を切り替えることができます。

電卓機能で行える計算

数値入力・削除はもちろんのこと、四則演算(+−×÷)、%演算が行えます。

キーボードによる入力が可能です

キーボードでは、電卓の開閉の他に、
+-*/=% キーで、計算操作ボタンと同じ入力を、Enter= の入力をすることができます。


いかがでしょうか?
ますます便利になったMisocaをぜひお試しください。

弥生仕訳送信設定で、補助科目の送信をする・しないの設定ができるようになりました

Misocaで作成した請求書は、弥生の会計ソフトと連携して仕訳作成を自動化させることができます。
5月のアップデートで補助科目を自動登録できるようになりました。
今回のアップデートでは、この自動登録を「する・しない」の切替ができるようにしました。

yayoi_connect_onoff

設定画面内、弥生仕訳送信設定にて補助科目の送信方法を変更できます。


いかがでしょうか?
まだ弥生の会計ソフトとの仕訳連携を設定されていないお客さまは、ぜひこの機会に連携してご利用ください。

参考:弥生への仕訳連携設定について

YAYOI SMART CONNECT(弥生)へ仕訳を手動送信する

YAYOI SMART CONNECT(弥生)へ仕訳を自動送信する

※連携対象は以下の通りです。
【デスクトップアプリ】弥生会計、やよいの青色申告
【クラウドアプリ】弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン、やよいの白色申告 オンライン

やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

最新記事