「売掛金の保証」ってどんなサービス?

先日サービス公開いたしました「Misoca回収保証
多くの方にご好評いただいております!

スクリーンショット 2014-12-02 14.56.56

今回は、ともにサービスを提供している「株式会社トラスト&グロース」様において経営者(お客様)の悩み事を最前線でご対応されているクライアントサポートチーム三浦様に、売掛金の保証がどんなサービスなのかお話を伺いました。

Q1.「売上・売掛」について、お客様はどんな悩みを抱えてらっしゃいますか?

  • 支払遅延が起きたら後追いが大変だ。
  • 新規取引先と初回から掛取引をしたが不安が残る。
  • 取引先の業績が悪化している。心配だ。
  • 従来の売上げより取引額を増やしたい。
  • 同業他社の保証が減額や否決にされた。
  • 保全をとらないと掛取引はできないと管理部署に言われた。

Q2.クライアントサポートの仕事のやりがいは何ですか?

毎日様々な業種(食品・アパレル・建材・IT・電化製品・エネルギー関連など)の企業様に会いにいきます。業界ごとの商習慣や企業によりリスクに対する考えが全く異なるので、非常に勉強になります。

焦付きや未回収の未然防止の相談だけでなく、積極的な売上促進の為の取り組み相談も数多く頂きます。自社のことを真剣に考えている方々だからこそ、私も前向きに対応したい気持ちが強くなります。

「企業は生き物」と言われるように毎日新しい情報が入ってくる、立ち止まることのないサービスに魅力とやりがいを感じています。

Q3.お客様から言われて嬉しかった言葉はなんですか?

  • 「取引するか迷っていた企業を三浦さんに相談して本当に良かった!」
  • 「よくわからない企業だったから、保証してもらえて非常に助かった
  • 「保証サービスを利用したおかげで販売量が増えて、売上げがUPしたよ」
  • 「知り合いの会社にも紹介しておいたから、是非会ってほしい」
  • 「いつも頼りにしています」

など本当にありがたいお言葉を頂いております。お客様に少しでもご満足頂けるよう今後も精進して参ります。


今回お話を伺ったのは、クライアントサポートチーム 三浦様でした。

「企業は生き物」
立ち止まることのないサービスに魅力
株式会社トラスト&グロース
クライアントサポートチーム 三浦様

tgm

お話を伺って分かったのは、「売掛金が回収できるか不安だから」という理由の保証ではなく、「売掛金の回収は保証をかけて守り、会社の売上をアップさせたい」という攻めの姿勢で導入されている企業様が非常に多いことでした。

企業の活性化のために、不安の要因や負担の原因となってしまう「売掛金の回収の心配」を取り除き、企業と一緒に成長していくのが「売掛金の保証」のサービスなんですね。

Misoca回収保証では、そんな「攻めの姿勢」で活性化を図る企業をさらに増やすべく、トラスト&グロース様と共にサービスを運営しております。
毎月発行する「請求書」からワンクリックで売掛金の回収の保証依頼を出すことができます。Misoca回収保証を利用して、さらに取引を活性化していきましょう!

さらに只今保証料が無料となるキャンペーンを実施中です。ぜひご確認下さい。

Misoca回収保証を見てみる

いざという時のために!入金催促のメール例文

請求書の支払い期日を過ぎても入金されていない!

といったことは、請求書をご自身で送ったことがある人は一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

経験が無い方は、いつそのようなことが起こるか分かりませんので、ぜひこのエントリーをブックマークしておいていただければと思います。

請求書の支払い期日を過ぎても入金されていない」時の相手方の理由は、フリーランスや一人社長、立ち上げたばかりの数人の会社のような場合は、「単純に忘れていた」(忙しくて忘れていた、支払い期日を忘れてしまっていた等)場合が多いように思います。

支払い期日が過ぎています!」「早く支払ってくれ!」等といった直接的な言葉を使うのは相手の心証を悪くしますので、丁寧な言葉遣いでスマートに伝えるようにしましょう。

以下にメールの例文をご紹介しますので、コピペしたり自分なりにアレンジしたりして使ってみてください。

とその前に、

Misocaでは支払いの遅延やお取引先の倒産等によって売掛金の回収ができなくなった際に、損害を補填する「Misoca回収保証」というサービスを運営しております。ぜひご確認ください。

Misocaの発行する請求書にワンクリックで保証をかけることが可能です。

スクリーンショット 2014-12-02 14.56.56

Misoca回収保証を見てみる

例文1

件名

「請求書番号: 20140731-001」の入金のご確認をお願いいたします

本文

□□株式会社
◯◯様

いつもお世話になっております。
ミソカインボイスの山田です。

7月末にお送りしました請求書(請求書番号: 20140731-001、お支払い期日: 2014年8月31日)に関しまして、
9月12日現在、ご入金を確認することができませんでした。

何らかの手違いかと存じますので、
改めてご確認くださいますよう、お願いをいたします。

念のため上記の請求書をメール添付にてお送りいたしますので、
あわせてご確認いただければ幸いでございます。

また、このメールと行き違いですでにご入金いただいている場合は、
お手数ですがその旨、ご一報いただければ幸いでございます。

以上でございます。
それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

補足説明

何らかの理由で請求書が相手方の手元に届いていない可能性もありますので、メールと一緒に請求書のPDFを送ると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あまり巡り会いたくない場面ではありますが、いざ入金催促が必要になったときには丁寧なメールを心がけたいですね。

やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ