請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

松江オフィスで誕生日会とUターン会社説明会を開催しました

15672881_10211981426472516_1432186505042304376_n

今年は正月にまとまって休みを取るので年末働こうと思っていたところに、松江でのUターンの人向けの会社説明会をしようという話がでて、30日がちょうどいいけどその日は誕生日だから誕生日会をしたら採用関係ない人とも交流が深められていいのではと誕生日会とUターンイベントを企画しました。(誕生日会は自費開催)

誕生日会・Uターン説明会に参加してくださった皆様ありがとうございました。

誕生日会の方は11月頃から募集を開始したのですがなかなか人が集まらず、毎週会社の報告の時間に「誕生日会の進捗ダメです」と報告するのが辛かったのですが、皆さんのシェアなどのお陰もあり満員御礼となりました。

15621963_1343795095694556_5798029588416159763_n

ほとんどの方が初対面に近いような人たちだったので、せっかくなのでということで自己紹介を最初にしました。「人生に影響を与えた出来事ベスト15」ということで私の人格形成に影響を与えたであろう体験について話しました。卒業アルバムを捨ててしまった話や留年した話など失敗談を織り交ぜつづ主役ということをいいことに思い出話をさせていただきました。

発表資料を作りながら、人生って些細なことにとても大きく左右されているなと改めて振り返るいい機会となりました。(幼稚園で同じロッカーの女の子がめちゃくちゃ怖かったこととか)

なぜこんな発表をしたかというと、ちょうど昨日風邪で1日寝込んでおり10年ぶり2度目ぐらいで「モーターサイクルダイアリーズ」という映画を見た影響があったと思います。この映画は革命家のチェ・ゲバラが若き日に南米大陸を旅した時のロードムービーです。映画は旅をしながら南米社会のよくない現実を見るにつれ、もう旅の前の呑気な学生には戻れなくなっていくチェ・ゲバラの様子が描かれます。

「俺は革命家になる!」というような分かりやすいラストではありません。そんなことは一言も言わないのですが、ラストに近づくにれチェ・ゲバラに確実にやると決めた覚悟と恐れがにじみ出てくるのがかっこいいのです。

もちろんこれは映画ですし、その後偉大な革命家となると知っているからこそそう読み取れるというのはあります。しかし、大きなチャレンジをする時は英雄だろうがなんだろうが恐れと共に心で決めて飛び込んでいくものなのだろうと思うと私は勇気付けられるのです。(映画では文字通り飛び込み、誰も超えられなかった一線を超えてしまいますね)

35歳が若いとか若くないとかじゃないと思います。飛び込まなくなったら若くないんです。2017年もちゃんと怖いところに飛び込んでいきます。

繰り返しになりますが、Uターン説明会・誕生日回に参加していただいた皆さまありがとうございました。最高の誕生日になりました。