見積書作成サービスMisoca

「フリーランスフォトグラファー」向けの見積書の書き方をご紹介します

フリーランスフォトグラファー」がMisocaで見積書を発行した場合の例をご紹介します。

とその前に、

「ラクして作りたい!」という方は、ミスなくカンタンに見積書や請求書、納品書が作れる「Misoca」(無料)がおすすめです!ぜひお試しください↓

Misocaを使ってみる

↓こんな風に項目を記入するだけで簡単に作成できてしまいますよ↓

見積書の作成方法

見積書を作成してみる

フォトグラファーとは

photographer

フォトグラファー(写真家)とは、写真を撮影、または製作している人になります。

仕事内容は、新聞などの報道写真を撮影するフォトジャーナリスト、風景、人、動物、商品撮影(ブツ撮り)、戦争、記念写真などさまざま。使用するカメラや手法もさまざまです。

請求金額の詳細を記入する際には、撮影費, 機材費, スタジオ使用料などになります。
なお、交通費, 宿泊が発生した際の宿代などの諸経費が撮影料金に含まれている場合と、含まれていない場合がありますので、ご注意ください。

見積書のTips

下記のような項目も検討しておくと安心です

  • 時間を延長した場合の料金
  • DVDやメディアの実費等
  • 交通費、宿泊費
  • スタジオ代、機材、アシスタント代
  • 人物写真等の補正料金
  • 撮影したデータをすべて渡すかどうか等

フリーランスフォトグラファーの見積書

「フォトグラファーを請け負った場合」の見積書

※金額は一例としてご参照いただければ幸いです。

さらにカメラマンの見積・請求のコツについてこちらにまとめましたので御覧ください。

以上、「フリーランスフォトグラファー」向けの見積書の書き方のご紹介でした。

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ