請求書サービスMisoca

MisocaのiPhoneアプリリリース時のマーケティング施策

こんにちは。@huuzooです。

今回は、「Misocaの技術力のもとで培ってきたマーケティング力(第二回)」で触れた「MisocaのiPhoneアプリリリース時に行ったマーケティング施策」をご紹介していきます。斬新なことはやっていませんが、これからアプリをリリースする人(特にビジネス系のアプリ)の参考になればと思い、ご紹介していきます。

アプリリリースに向けてマーケチームのミッション


「最低限の予算&最低限のリソース」で「最大限の成果」を出すこと。


これはどこの会社でも同じだと思いますが、Misocaでは集客のメインはPCになるので、そのことを特に意識して、PCの既存施策に滞りがでないようにアプリの策定に臨みました。

施策の軸を考える

Misocaがアプリをリリースするにあたり、Misocaの最大の強みは既にWebのお客様がいることでした。そのため、マーケティングの軸を「既存のMisocaのお客様にしっかりと届ける」ことに決めました。

「既存のお客様にアプリのリリースを伝え、キャンペーン等に参加してもらい、新規のお客様に広げていく」

大まかなストーリーはそのように考えました。

目標数値と理想イメージ

目標数値を立てる

大体の目標数値を立てました。リリース後の経過日数とインストールの導線から、想定インストール数とその時のApp Storeでの想定順位を試算しました。

「リリース1日後にはプレスリリースで◯◯インストール、既存のお客様が◯◯インストール」などです。

ただ、Misocaのターゲットの対象は限定されるため、大分大まかに想定しています。広告収益や課金を目的としているサービスであれば、もっと詳細に試算が必要だと思います。

理想のイメージ

ポイントは下記の2点です。

  • 初期のインストール数の向上
    リリース初期のインストール数を出来る限り引き上げ、App Storeのランキングをあげる。
  • 継続的なインストール数の獲得
    継続的なインストール数によって、App Storeのランキングの低下を出来る限り食い止める。

グラフにすると下記のようなイメージです。

施策を組み立てる

上記のカーブを描くよう、施策を組み立てていきます。「初期インストール数向上策」「継続インストール策」「新規ユーザー向け」「既存ユーザー向け」の4カテゴリで分けて考えました。

事前登録キャンペーン

初期インストール数向上策・(主に)既存ユーザー向け

リリースの1週間程前から開始しました。事前登録してくれた方にはリリース時に連絡し、お客様のインストールの取りこぼしを出来る限り防ぐように意識しました。また、既存のお客様に喜んでもらい、参加してもらえるように、プレゼントとしてMisocaの郵送チケットを用意しました。

事前登録キャンペーンはTwitterなどで拡散してもらえ、多くの方にご参加いただけました。

プレスリリース

初期インストール数向上策・継続インストール策、新規・既存ユーザー向け

事前登録キャンペーン実施時とリリース時に送付しています。多くのメディアに取り上げられ、事前登録数の向上、リリース時のインストール数向上に大きく貢献しました。

また、リリース日から数日間、掲載や拡散されるため、インストール数減少の食い止めにも繋がっています。

ブログ記事コンテスト

継続インストール策・(主に)既存ユーザー向け

アプリを使った感想をブログに書いていただくコンテストを開催しました。それによって、ブログを書いてくれた方のまわりの方にも認知を広げ、継続的なインストール底上げを目指しました。

また、ブログを書きやすいように、スクショを「ご自由にお使いください」と提供し、少しでもブログの執筆のハードルを下げるなどの策を用意しました。

最速作成キャンペーン

初期インストール数向上策

こちらは「iPhoneアプリでは29秒で請求書を作成できます。29秒での作成に挑戦し、それより早く作成できたらTweetしてください」というキャンペーンでした。徐々にインストール数は減少するため、話題になりうるコンテンツを用意し、話題になったタイミングでインストール数を一段階アップさせるための施策として行いました。

個人的に、マーケティングの施策は、最終的な数値目標を達成するために、何個も施策を組み合わせ、中には何個も失敗する施策もあるが、成功する施策をひとつでも見出し、結果的に目標を達成する「失敗ありきの成功」という考え方なので、色んな施策をあまり失敗とは言うことはありません。

ただ、この最速作成キャンペーンは限りなく失敗に近かったです(涙)。とても静かに収束しました。

この時の反省は「当たればラッキー。当たらない可能性もある。」と思い、細部までやりきれなかったことだと思います。

必須で実施

また、下記をもれなく行いました。

  • レビューサイトへの掲載依頼
  • Misocaのサービス内(app.misoca.jp)でアプリの紹介
  • MisocaのWebサイトのトップページ、スマホページ、ブログからの導線
  • ウィークリーメールでアプリ紹介
  • AppStoreのタイトル、説明文の精査
  • 身近な人にアプリリリースの旨の連絡とレビューの依頼

結果とまとめ

以上の施策を行った結果、大きな成功とはいかないまでも、堅実な成果に結びついたと思います。「やるべきことをもれなく着実にやった」成果だと思います。
細かい部分まで、開発チーム・マーケチームが協力し、会社全体で「Misocaアプリを広めよう」とできたことが一番の秘訣だと思います。

以上が、Misocaがアプリリリース時に行ったマーケティング策になります。これからアプリをリリースされる方の参考になれば嬉しいです。

それでは次回は「Misocaの技術力のもとで培ってきたマーケティング力 ~第3回:飛躍とまとめ(◯◯が成長の秘訣~」編です。ぜひ読んでください。

また、Misocaではマーケティングメンバーを募集しています。興味のある方はこちらからご連絡ください。
請求書サービスMisoca
請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ