請求書サービスMisoca

「美容師」向けの請求書の書き方をご紹介します

美容師」がMisocaで請求書を発行した場合の例をご紹介します。

とその前に、

「ラクして作りたい!」という方は、ミスなくカンタンに請求書や見積書、納品書が作れる「Misoca」(無料)がおすすめです!ぜひお試しください↓

Misocaを使ってみる


↓こんな風に項目を記入するだけで簡単に作成できてしまいますよ↓

請求書の作成方法

請求書を作成してみる

美容師とは

beautician
美容術を施す人または「美容師法」で定められた厚生労働大臣国家資格。仕事内容は、洗髪、髪のカット・セット、パーマネントウエーブ、カラーリング、化粧、着付けなど。
請求金額の詳細を記入する際は、洗髪料、カット料、セット料、パーマ料、カラーリング料などになります。

美容師の請求書ミニ情報

  • 映画、演劇その他芸能又はテレビジョン放送に係る美粧の報酬として、スタイリスト料又はヘアメイク料を支払う場合には源泉徴収を要することとなります。
    国税庁スタイリスト料及びヘアメイク料

美容師の請求書

「美容師を請け負った場合」の請求書

※金額は一例としてご参照いただければ幸いです。

 

Misocaでは源泉徴収のあり、なしはもちろん、復興特別所得税にも対応していますので、案件や請求先に応じて簡単に切り替えることが可能です。

源泉徴収税(復興特別所得税)の自動計算に対応しました。 – クラウド見積・納品・請求書管理サービス misoca(ミソカ)|テンプレートで簡単作成

https://www.misoca.jp/55

以上、「フリーランス美容師」向けの請求書の書き方のご紹介でした。

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン
フリーランスブック

ビジネステンプレート

経理の教科書

人気記事

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ