【予告】新機能!「受注管理」をリリースします

2020年12月10日(木)に、Webアプリにて受注情報を一元管理できる「受注管理」機能をリリースします。
この機能では、Misocaで作成した見積書や受注フォームを通じて取引先から送られてくる受注データを自動的に取り込み、納品や請求に至るまでのステータスを管理できます。

以下のようなお客さまにおすすめです!

  • 注文承諾や納期回答を簡単にメール返信したい
  • 注文を受けてから出荷するまでの処理工程を管理したい
  • 案件ごとの進捗状況を社内で共有できるようにしたい
  • ※ リリース日は、予告なく変更する可能性があります。何卒ご了承ください。

    案件から受注管理
                                    ※開発中の画面のため、変更の可能性がございます。

    なお、「受注管理」機能のリリースに伴い、現在の「案件」機能はご利用いただけなくなります。詳細は下記をご確認ください。

    「受注管理」機能概要

  • 取引先からの以下の受注データが自動的に取り込まれます
     ・公開した受注フォーム(*)からの注文
     ・ メール送信または共有リンクで送った見積書からの注文
  • 電話やメール等で受けた注文も手入力で登録できます
  • 注文承諾や納期回答のメール返信を手軽に行えます
  • メールの受信フォルダのような感覚で、ステータスごとに受注データを振り分けて管理ができます
  • 受注データから、納品書や請求書に変換できます
  • * 受注フォームの使い方はこちら
    受注管理機能概要

    受注情報を一元管理できます

    Misocaで送信した見積書からの注文、受注フォームからの注文、電話やメール等で受けた注文など、あらゆる手段での受注情報を一元管理できます。
    また、取引先に対して注文承諾や納期回答のメール返信をしたり、取引先とのやり取りをメモとして記録したりすることができます。

    受注~納品/請求までのプロセスをMisocaで管理できるようになります

    自社に合わせてステータス管理用のボックスを作成し、受注データをドラッグ&ドロップで簡単に移し替えることができます。
    例えば以下のような使い方をすることで注文処理の漏れを防ぎ、社内での情報可視化にも役立ちます。

  • 卸売業の場合(納品管理)
      例:「納期回答済み」「発注済み」「入荷待ち」「納品完了」
  • フリーランスの場合(案件管理)
      例:「4月終了案件」「5月終了案件」…
  • また、受注データから納品書や請求書に変換することができます。

    【お願い】「案件」機能をご利用されたことのあるお客さまへ

    新機能がリリースされますと、過去の案件情報は一定期間後に閲覧できなくなります。
    新機能リリースのメンテナンスにあたって注意事項がございますので、案件機能をご利用の皆様へにて変更点等の詳細をご確認ください。

    案件機能をご利用の皆様へ

    請求書作成サービス「Misoca」
    やよいの青色申告オンライン

    最新記事