Lancersのフリーランストータルサポートにサービス提供致しました

Lancersのフリーランストータルサポート(http://www.lancers.jp/benefit )にMisocaのサービスを提供いたしました。

フリーランストータルサポートはフリーランスとして活躍中のサービス利用者を支援する総合サービスで、法律・税法のサポート、より仕事を得やすくするためのスキルアップ・育成、また、正社員なら受けられる国内外25万以上の施設がお得に利用できる福利厚生などを提供します。

Misocaもフリーランスを応援するサービスとしてMisocaのベーシックプラン3ヶ月分(およそ3000円相当)を利用できる特典を提供しています。

[フリーランサー紹介]グラフィックデザイン&Webデザインのm-project

m-project01Misocaに関わりのあるフリーランサー紹介ということで、今回は請求書テンプレート「CLIP」をデザインしていただいたm-projectさんを紹介いたします。

あなたの仕事について教えてください

チラシ・雑誌広告・ロゴ・名刺等のグラフィックデザインを約20年、ECサイト・コーポレートサイト等のWebデザインを約10年やっています。

今回製作したデザインについて教えてください

親しみやすいデザインで、全体にアイコンを多用して、わかりやすくポイントになるようにしました。また、管理しやすいように、三つ折り用の三角印と、パンチ用の丸印を入れました。豊吉:三角印・パンチ穴は印刷時の調整が難しいためテンプレートでは実現できませんでした。大変申し訳ありません。m-projectさんのデザインはかっちりした中にアイコンなどを使った遊び心がある点が好評で採用いたしました。さっそく沢山の方に利用いただいています。

お仕事の依頼・ご連絡先

名称:m-projectURL:http://www.lancers.jp/profile/m-project

請求書のデザインテンプレートを切り替える方法

テンプレート追加される
今回は請求書のデザインテンプレートを切り替える方法を紹介します。方法は2つあります

請求元情報から変更

請求元情報のページの、デザインテンプレートタブからデザインを変更できます。
ここで設定すると、次から新規作成した請求書はすべてこのデザインになります。(これまで作った請求書のテンプレートは変更されません)

請求書単位で個別に変更

請求書の詳細ページのデザインテンプレートタブからデザインを変更します。

選べるデザインテンプレートについて

現在はデザイナーさんによるデザインを含め5種類から選べるようになっています。今後さらにデザインテンプレートを増やしていく予定です。

  • 請求書(スタンダード)
  • 納品請求書テンプレート
  • 口座振替通知テンプレート
  • クリップテンプレート(デザイナーズ)
  • 青緑テンプレート(デザイナーズ)

どうぞ、ご利用ください。

7月、8月の新機能・新サービスのお知らせ

いつもクラウド請求書管理サービスMisocaをご利用ありがとうございます。最近追加された便利な機能、新しい機能を紹介します。

  • 口座振替による代金回収サービスGMOペイメントゲートウェイと連携して月謝・保守費用・管理費用を簡単に口座振替で回収するサービスです
    8月9日に連携機能がリリースされましたhttps://www.misoca.jp/payment
  • 売上レポート機能(ベータ)月ごとの売上が一覧できるようになりました。
    ログイン後、ページの右上にある「レポート」というリンクをクリックしてみてください。
  • 請求書(見積書・納品書)のチェックが簡単に
  • 請求書が一括コピーできるようになりましたhttps://www.misoca.jp/71
  • 複数の銀行口座が登録できるようになりましたhttps://www.misoca.jp/73
  • 郵送時に請求日・請求先住所・請求金額が確認できるようになりましたhttps://www.misoca.jp/68
  • 見積書・請求書に検索機能追加https://www.misoca.jp/65
  • 納品書が管理できるようになりましたhttps://www.misoca.jp/69

これからも皆さんの意見を元にどんどん便利な機能追加・改善を続けていきます。

ご意見・質問などはログイン後の「ご意見」よりお待ちしております。

請求元、請求書に複数の振込み口座を登録する方法

今週の機能追加で、請求書に3つまで振込先口座が記載できるようになりましたので、紹介いたします。

many_account

これまで請求書には1行分しか振込先の口座が記載できませんでしたが、今回の機能追加で最大3件まで登録ができるようになりました。

追加するときは「口座の追加」ボタンを押して入力欄を増やせます。

これで、都銀、地元の地銀、ゆうちょ銀行の3種類を記載して請求先に手数料の安いところを選んでもらうといったことができますね。

どうぞご利用ください。

最新記事